定番品が
“日本製”である理由。

これだけモノが溢れる現代だからこそ、細やかなこだわりが行き届いた日本製プロダクトの品質が際立ってくる。それが、“Made in Japan”の製品を定番として展開している理由。オンオフ問わず長い時間を共にするアイテムには、そんなハイクオリティーなモノを選びたい。

  • Photo_Masataka Nakada(stuh)

GREEN LABEL RELAXINGの
ボタンダウンポロシャツ。

汗を素早く吸収し速乾性に優れ、抗菌防臭効果も備えた機能的なポロシャツ。国内でも限られたカットソーの衿物専門工場で縫製されたことによる美しくシャープなシルエットは、ビジネスシーンでも活躍してくれるはず。今季らしいクールビズスタイルを目指すなら、セットアップと色目を合わせてインナーとして使うのがおすすめ。

UNITED ARROWSのブロードシャツ。

シーズン毎にアップデートを繰り返し、展開し続けている定番のブロードシャツ。ビジネスシーンで快適に着用できる程よくゆとりのあるシルエットを採用。普段使いしやすい100番手の糸を選び、さらに強度と光沢を加え毛羽をなくすガス焼きという作業を施すことで、見た目と実用性の両立を実現しました。どんなスーツやボトムスとも合わせやすい、着回し力の高い一枚。

BEAUTY&YOUTH by KANEKO OPTICALの眼鏡。

2004年から続くカネコオプティカルとの協業は、新モデルを発表し続け、豊富なラインナップが揃う。温かみのあるやわらかい曲線は、眼鏡の産地として名高い福井県鯖江市の職人が一本一本手作業で作っているがゆえ。顔なじみもよく、優しくフィットする掛け心地から日本製のクオリティの高さを感じられることでしょう。