白い服が着たくなる瞬間。

まぶしい太陽の日差しと心地よい夏風を感じると、ふと着たくなるのが白い服。この時期は難しいスタイリングをしなくても、白を着るだけで誰でも洗練された爽やかな雰囲気をまとえます。定番カラーである白の魅力が詰まった、シンプルだけどこだわりのあるトップスを集めました。

  • Photo_Kazumasa Takeuchi(Stuh)

クリーンなシャツは
ディテールで差をつける。

清潔感NO.1の白シャツは着回しがきくぶん、周りとかぶることもしばしば。差をつけるなら、さり気ないディテールが光るシャツを選ぶのが正解です。パッチワークデザインが特徴の〈TUBE UNITED ARROWS COLLECTION〉のシャツやネックラインがすっきり見える〈EN ROUTE〉のノーカラーシャツなら、スタイリングに頭を抱えずとも程よく個性をアピールできます。

たかがTシャツ
されどTシャツのわけ。

永遠のベーシックアイテムである白Tシャツこそ、色味や素材、ネックラインなどの細かいデザインに目を向けたいもの。〈GREEN LABEL RELAXING〉(左中)の白Tはネック幅が太くなっていたり、〈UNITED ARROWS〉(右中)の白Tはまるで透き通るようなクリーンな色味を表現していたりと、それぞれこだわりが見てとれます。“なんとなく”ではなく“あえて”選んだものを着るのが、白Tシャツの新たな楽しみ方です。

今買って長く使える
先取りアイテム。

シャツと白Tでは物足りない人にはスウェットとサマーニットがおすすめ。異素材で切り替えた〈EN ROUTE〉のスウェットは裾が絞れて、シンプルながらも目を引くデザイン。〈UNITED ARROWS〉のニットは軽やかで手洗い可能なアクリルとコットンの素材です。シーズンアイテムではない白の長袖トップスは、コーディネート次第で一年を通して使えるのも嬉しい。