スタイリストに聞く
リラックスパンツの
着こなし。

ボトム選びのときについつい手が伸びてしまうのがコーディネートに困らないデニムやスラックス。定番のボトムもいいけれど、今季はリラックスパンツに挑戦してスタイリングの幅を広げてみませんか? 難しいと思われがちなコーディネートのコツをスタイリスト梅田一秀さんにお伺いしました!

  • Photo_Masataka Nakada(Stuh)
  • Styling_Kazuhide Umeda
  • Hair&Make-up_Tsuyoshi Watanabe(A.K.A.)
  • Model_Kyosuke Suzuki(BARK IN STYLE)

さらっとシンプルなスタイリングで。

「誰でも簡単に挑戦できるのがシャツスタイル。色々レイヤードするのではなく、さらっとシャツ1枚だけというのがポイントです。首回りがすっきりして見えるスタンドカラーシャツとローファーを合わせることで、抜け感がありつつもキレイめな印象を作れます。シャツスタイルの時は細めのシルエットをチョイスするとバランスが良くて◎。」

程よいリラックス感を楽しむ。

「重く見えがちなワイドパンツは少しだけハイウエストではいて足首を出すのが着こなしのコツ。ロングカーディガンを羽織った全体的にゆったりとしたリラックススタイルなのですが、ラフになり過ぎないようにボトム以外のアイテムを淡い色でまとめてクリーンさを残しています。シンプルな白いスニーカーは持っている方も多いと思うので、取り入れやすいスタイリングなのでは。」

アウターと足元にこだわってみる。

「白のリブパンツはシンプルにコーディネートすると部屋着っぽく見えてしまうので、ひと工夫必要です。シティーユースを意識して、生地のしっかりとしたカジュアルアウターを合わせました。さらにパーカとパンツ、アウターと靴をそれぞれ同系色でまとめて統一感を出しています。ソックスに裾を入れ込むと今季らしさもあり、コーディネートのアクセントにも。」