フラットブーツで
でかけたい。

「おしゃれは足元から」なんてよく聞くように、アウターやニットなどトップスに目がいきがちな冬でもコーディネートの完成度を左右するのは靴。今回は、冬の足元の定番といえるブーツにフォーカスしました。ブーツは丈や素材、色など、デザインバリエーション豊富で、好みに合う一足を選べるのがうれしいところ。しかもそれが歩きやすいフラットソールであれば、パーティーやクリスマス、初詣など何かとイベントごとが増えるこれからのシーズンにもぴったり。あなたはこの冬、どのブーツを履いて出かけたいですか?

  • Photo_Tomokatsu Noro

なんでも合わせやすいショート丈。

デザイン違いで何足も欲しくなるのが、どんなボトムスとも相性がいいショート丈。シンプルなレザーのブーツ(上)は、かかとのメタルゴールドがポイントです。黒が多くなりがちな足元に、一足あると重宝するのがベージュカラーのブーツ(中央)。コーディネートの幅が広がります。重厚なデザインのサイドゴアブーツ(下)はロングスカートやワンピースと合わせて甘辛なスタイリングを楽しみたいですね。

お洒落に決めたいミドル丈。

ミドル丈は、バランスのとれたコーディネートでスタイリッシュに決めたいもの。ころんとしたゴツさがかわいいレースアップの厚底ブーツ(左)はメンズライクなスタイリングでとことん決めるのもよし、フェミニンなスタリングの外しとして合わせるもよし。ディテールを抑えたシンプルなデザインのブーツ(右)は職人によるハンドメイド。牛革を使用し、履けば履くほどに馴染んでいく一足。

今季イチオシのロング丈。

例年に比べ、今年はロング丈のブーツが豊作。トレンドアイテムだからこそ、自分に合ったものを選びたいですよね。定番をGETしたいのであればシンプルなデザインのジョッキーブーツ(左)がおすすめ。クラシカルな雰囲気を演出するなら、サイドのベルトがポイントの大人っぽい一足(中)を。スエード素材のニーハイブーツ(右)は特徴あるデザイン。スタイリングで差をつけたい方に履いて欲しい一足です。