他では手に入らない
別注アイテム。

男性って“別注”の二文字に滅法弱いですよね。それはきっと、色や形の変更、ロゴの配置といったアレンジが加わったことで生まれる特別感と、限られたショップでしか買えない希少性に惹かれるから。今シーズンも、さまざまな別注アイテムをリリースします。

  • Photo_Shinsuke Sato

定番だからこそ、別注で差がつく。

〈チャンピオン〉が誇るキング・オブ・スウェットシャツ、リバースウィーブ®が計3型の別注モデルで登場。オーセンティックなキャラクターはそのままに、フード部分に配されたロゴや春らしいペールトーンで変化を加えました。またリバースウィーブ®のスナップカーディガンタイプが手に入るのも、今季は「グリーンレーベル リラクシング」だけ。

鮮やかな色合いはシルクだからこそ。

2013年春夏シーズンからスタートした日本のニットウエアブランド〈バトナー〉には、シルク製のクルーネックニットを色別注。「ユナイテッドアローズ」だけの限定色として、グリーンとピンクの2色がリリースされます。シルクならではの発色の良さと光沢感をもち、それでいてTシャツ感覚で着られるカジュアルなデザインは重宝すること間違いなし。

色やロゴ使いで個性を主張。

デザインできる範囲が狭いTシャツこそ、少しのアレンジが大きな違いを生むもの。〈ヘインズ〉のBEEFY-T®は、両脇に縫い目のないチューブボディを採用してペールトーンを追加。複数枚まとめ買いできる安価なプライスもうれしいポイント。片や〈チャンピオン〉の一枚は、ウィメンズのボディを基にサイズアップしてビッグシルエットに。フロントと背裏には〈チャンピオン〉ロゴ刺繍が入ります。

定番品をよりタウンユース向けに
アップデート。

バリエーション豊富に展開される小物類は、汎用性の高いダークトーン中心に。〈ニューエラ〉のキャップと〈スタンダードサプライ〉のサコッシュはともに、TEIJIN FRONTIER CO.,LTD.が開発したスポーティーな機能素材でオーダー。ガラスレザーで仕上げた〈パラブーツ〉“MICHAEL BRIDE”と、ネイビーカラーの〈セイコー〉ダイバーズウォッチをタウンユース向けにアップデートした、この2点も実はインラインでは展開のないアイテムです。