"MUFFLER VARIATIONS" メンズマフラーのバリエーションと、ベーシックな巻き方。

PRESS MEN

2017.11.21

寒風が吹き始め、外出にマフラーが手放せない季節が到来しました。
<BEAUTY&YOUTH>にも様々なタイプのマフラーが揃っています。

何気なく巻いているマフラーも、少しのコツでぐっとスタイリッシュな印象に。
ベーシックなアレンジを中心に、巻き方のバリエーションをご紹介します。


1:ワンループ巻き

マフラーを二つ折りにし、片側にループを作ります。


ループにもう片方の端を通して、完成。


長さに差をつければ、こなれ感あるラフな印象に。


ソリッド カシミヤ マフラー(1436-699-1783) ¥11,880(税込)

素材感の引き立つシンプルな巻き方は、
カシミヤの上質なマフラーで大人のスタイルを演出したい。


2:ぐるりと、ひと巻き

マフラーを、首にかけます。


片側を、ぐるっと後ろにひと巻き。


左右の長さを整えます。


完成。


左:ケーブルマフラー(1436-343-1761) ¥7,500(税込)
右:メランジマフラー(1436-343-1762) ¥7,500(税込)
この巻き方を大人らしく取り入れるなら、
長めのマフラーを選ぶのがおすすめ。



3:ミラノ巻き

まずは、ぐるっとひと巻き。


首元から片側をひきだして、ループを作ります。


逆サイドから見ると、このような感じ。


作ったループにもう片方の端を通したら、完成。


リバーシブル カシミヤ マフラー(1436-699-1784) ¥12,960(税込)
ボリュームのあるデザインのマフラーが好相性。
リバーシブルカラーのタイプを選べば、より立体感がだせて着こなしのポイントに。


4:ひと結びバリエーション

まずは、ぐるっとひと巻き。


首元で、両端を結びます。


結び目はそのままでも、後ろに回しても。


おなじひとつ結びも、結び目次第で印象が変わります。


片側をかぶせるように結べば、きれいめな印象にも。


左: チェック カシミヤ ストール(1436-699-1786) ¥18,360(税込)
中:パネル カシミヤ ストール(1436-699-1781) ¥18,360(税込)
右:タータンチェック カシミヤ ストール(1436-699-1782) ¥18,360(税込)

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google

STORES

ユナイテッドアローズ(B&Y取り扱い店舗)

関連記事

BEAUTY&YOUTH
Facebook
Twitter
Instagram
WEAR