GLOVERALL 「MONTY」

自由が丘店 MENS CASUAL

2015.12.25

こんにちは。自由が丘店の小川です。
他店にない商品も取り扱いしている自由が丘店の特色をお伝えするべく、店舗限定でお取り扱いしているアイテムをご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、イギリスが誇るダッフルコートと言えば…の代表格ブランド、
「GLOVERALL(グローバーオール)」のダッフルコート「MONTY」です。
glrstaffblog-20151222135916-134.JPG

glrstaffblog-20151222172031-88.JPG

glrstaffblog-20151222150800-463.JPG
コート  ¥78,840  3225-499-1986

ダッフルコートの歴史を紐解くと、
北欧の漁師が仕事着として着ていたベルギーのダッフル地方の重い羊毛の布で作られた作業着がダッフルコート。

優れた防寒性と機能性から第二次世界大戦ではイギリス海軍に採用された背景があります。

glrstaffblog-20151222150700-283.JPG
ちなみに、モデル名となっている「MONTY」とは…、
第二次世界大戦中、バーナード・ロー・モンゴメリー元帥(愛称モンティー)が愛用していたモデルがモチーフになっていることによるもの。

このMONTYは、第二次世界大戦中のイギリス海軍の軍服を再現したものとなります。

glrstaffblog-20151222135951-877.JPG
水牛トグル&革紐より、手袋を着用したままでも脱着しやすい木製トグル&麻紐のダッフルコートは、
ブランドに関係なくモンゴメリーもしくはモンティーと呼ばれることもあるそうです。

北海の寒さから守る厚手の手袋を装着したままでも外せるトグルの留め具や、
ひさしのある海軍帽子の上からでもかぶれるフードが特徴的。

glrstaffblog-20151222145517-10.JPG
また強風にさらされる為、裾がバタつかないように太ももで固定するレッグストラップや、フードを調整する為のスナップボタンなど、実用的なデザインが多く採用。
シルエットもゆったりとしておりオーセンティックなダッフルコートの神髄がMONTYにあると言っても過言でないほど。
GLRが大切にしているベーシック。まさに定番でありスタンダードであります。

カジュアルで着こなす際には、
カラーリングでクリーンな印象に仕上げるのがオススメです。

※小川着用 Sサイズ ベージュ

glrstaffblog-20151222140022-555.JPG
右の身頃の裏には、MONTYのネームが。

海風でもない限り不要かもしれませんが、
強風時には、レッグストラップに足を通すと裾がめくれず、防寒対策になります。

コーディネートしたのは、
glrstaffblog-20151209142842-752.JPG
Brackendaleのマフラー  ¥7,452  3236-399-0778

ANDERSEN-ANDERSEN ニット  ¥45,360  3213-499-0428 詳細はこちら

glrstaffblog-20151209142921-584.JPG
LEVI’S VINTAGE CLOTHING 501「1966年モデル」   ¥30,024 3214-499-1948

ちなみに、ジャケットスタイルにもオススメです。
glrstaffblog-20151209142531-645.JPG

冬の定番アウターはたくさんありすぎて、どれを選べばいいのか迷ってしまうところ。
それに一着が高いこともあり、失敗はしたくないのが本音。

となると、長い間、着られて、暖かくて、機能性もあって、着回しもきいて、
オシャレで、しかもトレンドはハズせないものが間違いありません。


ダッフルコートというと学生が着ているイメージが強い、
子供っぽいなどの理由で抵抗感がある方もいらっしゃると思います。

が、むしろ歴史を紐解けば、大人の方にぜひ着てほしい1着です。

【GLOVERALL展開店舗】
ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング
自由が丘店丸の内店渋谷マークシティ店なんばパークス店札幌ステラプレイス店名古屋ラシック店福岡パルコ店オンラインストア

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google

紹介しているアイテム

green label relaxing
Twitter
Facebook
YouTube
Sumally
Instagram