連載コラム【音楽のある風景】 Vol.45

2016.01.29

グリーンレーベル リラクシング のBGMを選曲されている、
選曲家の橋本徹さんよりコラム【音楽のある風景】が届きました。

glrstaffblog-20160129161236-341.jpg

どうぞお楽しみください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1月の選曲は歓びと勢い、気分の高揚を逃さずに。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年が始まりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

アナログ・レコードが元気を取り戻している、というニュースを先々月も少し紹介しましたが、今月もその話を続けましょう。
そう、この文章は、そのときのコラムで最後にお知らせした、
『Free Soul Original Love 90s ~ Special 7inch Box』が届いた歓びの勢いで書いています。

オリジナル・ラヴ青春期・黄金期のグルーヴィー&メロウな輝かしい結晶を選りすぐった、
7インチ・レコード8枚組の、コレクターズ・ナンバリング入り限定1,000セットの永久保存版スペシャル・ボックス。
全16曲のうち1曲を除いて初アナログ化ということもあり、新たに制作したジャケットの一枚一枚を見ているだけで、
鮮やかな90年代の日々がよみがえってきます。
そして、すべての曲に光りきらめく、若き田島貴男の才能と、眩しいほどにタフで伸びやかな生命力。
僕はさっそく今週末、“Flight Free Soul”というDJパーティーで、コンピCD収録ヴァージョンとは違う、
魔法のようなギター・カッティングに始まる「接吻」をプレイしてこようと思っています。

やはりアナログ人気の影響なのか、プレス工場が混み合い年を越してしまいましたが、
“Free Soul Vinyl Collection”の第2弾となる20タイトルもリリースされました。
今回もスタイル・カウンシルの名盤を筆頭に、ジャクソン・ファイヴ/ジョニー・ブリストル/
ハーツ・オブ・ストーンといったモータウン直系のヤング・ソウル群、
スウィート・チャールズ/クール&ザ・ギャングなどのレア・グルーヴ、
メイズ〜シリータ〜ミニー・リパートンのメロウ・グルーヴにテルマ・ヒューストンのダンス・クラシック、
ニュー・ロータリー・コネクションからファラオ・サンダースやロイ・エアーズまでの至上のクラブ・ジャズ・クラシック、
それにイギリスのマイク・ウェストブルックやオーストラリアのスカイライトといった至宝に
フォーキー最高峰のエレン・マキルウェイン、洒脱なベン・シドラン/ボブ・ドローからフレンチのジェーン・バーキン、
セルジオ・メンデスのブラジリアン金字塔まで、Free Soul人気盤の数々が揃っています。
僕はAmadana Musicがプレゼントしてくれたポータブル・レコード・プレイヤーを、
ソファベッド脇のサイドボードに設置して、とっかえひっかえ気軽に楽しんでいます。

アナログ企画のオファーはその後も続いていて、世界一豊富なUNIVERSAL MUSICの音源から、
特に貴重で入手困難な名盤を復刻していく、“EXTRAVAGANZA!”(何だかすごそうでしょ?)というリイシュー・プロジェクトでも、
7インチ・シリーズを始めることになりました。
King James Version「I’ll Still Love You」(ブッダ・ブランド「人間発電所」ネタ!)と、
Mark Capanni「I Believe In Miracles」(ジャクソン・シスターズのオリジナル!)という、
とびきりのカップリングで今春スタートさせる予定ですので、ぜひ楽しみにしていてください
(感嘆符のやたら多いこの文からも、僕の気分の高揚が伝わリますよね?)。

最後に、僕がこれまでに作った真冬に最も相応しいコンピ『Jet Stream ~ Winter Flight』にまつわるエピソードも簡単に。
このコンピレイションについては、ちょうど3年前のこのコラムで詳しく触れたので、
そちらを読んでいただければありがたいですが、あれから毎年、僕のもとには、
その収録曲であるパイザノ&ラフの「Under The Blanket」を表題にした選曲CD-Rが、
クリスマスの頃に遠くはなれた友人から贈られてきています。
そこに並んでいるのは、まさに“ブランケットの温もり”のように心暖まる音楽で、
最近は寒い季節のために自分で選曲をする必要がなくなってしまったほど。
音楽を通して、今年もこうした真心のこもった触れ合いや出会いがたくさんあったらいいな、と希いつつペンを置こうと思います。

━━━━━━━━━━
1月の選盤

90年代から日本の音楽シーンを牽引し続けるオリジナル・ラヴのグルーヴィー&メロウな珠玉の名作群を、
橋本徹さんがセレクトして大ヒットを記録した2枚組コンピCDから、さらに16曲を選りすぐって7インチ8枚組の限定ボックスに収めた
『Free Soul Original Love 90s ~ Special 7inch Box』
glrstaffblog-20160129161830-584.jpg

大ヒットした3枚組コンピCD『Ultimate Free Soul Collection』にセレクトされた極めつけの名曲群の中から、
とりわけ人気の高い作品が収録されたオリジナル・アルバムを橋本徹さんが選盤してアナログ復刻する、
“Free Soul Vinyl Collection”シリーズの第2弾となる20枚
glrstaffblog-20160129161902-836.jpg

冬の音楽をテーマに、クラシック〜ジャズ〜ボサノヴァ〜ソフト・ロックを横断し、
優しい温もりと洗練された肌触りの至福の音楽で真夜中のひとときを演出する、
橋本徹さん選曲の人気コンピレイション『Jet Stream ~ Winter Flight』
glrstaffblog-20160129162001-770.jpg

──────────────────
橋本徹 (SUBURBIA)
編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。
サバービア・ファクトリー主宰。
渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。
『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』『音楽のある風景』『Good Mellows』シリーズなど、
選曲を手がけたコンピCDは280枚を越える。
USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作。
著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。
http://apres-midi.biz
http://music.usen.com/channel/d03/

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google
green label relaxing
Twitter
Facebook
YouTube
Sumally
Instagram