連載コラム【音楽のある風景】 Vol.52

2016.08.31

グリーンレーベル リラクシング のBGMを選曲されている、
選曲家の橋本徹さんよりコラム【音楽のある風景】が届きました。
glrstaffblog-20160831141415-741.jpg

どうぞお楽しみください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8月の選曲は、心地よく艶やかなアーバン・メロウ・ミュージックに彩られて。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
過ぎゆく夏。
でも気持ちは“Everlasting Summerdays, Endless Summernights”。
永遠の八月に迷いこむ、淡い夢が終わらないように(サテライト・ラヴァーズ)。

この夏も“Good Mellows, Good Fellows”を合言葉に、海辺でのDJパーティーを楽しんだりしながら、新しいコンピレイションを完成させることができました。
それは2013年末にスタートして今回で第6弾となる、僕のプライヴェイトのリスニング・ライフとも最も共鳴&同時進行しているコンピ・シリーズ“2010s Urban”の新作、『Free Soul ~ 2010s Urban-Jam』です。

僕自身がいちばんできあがりを楽しみにしていたと思うくらいですが、今年の5月から制作準備を進めてきたこともあり、ライセンス音源も含め強力な楽曲を揃えることができ大満足。
何と僕の2016年上半期ベスト・ソングから12曲、2015年の年間ベスト・ソングから7曲が収録されています。
ここ数年のアーバン・メロウ・ミュージックのベスト・オブ・ベスト・コレクション、いや21世紀を代表する絶品アーバン・メロウ・ミュージックがここに大集合している、と言っても過言ではないでしょう。

甘美にきらめくR&B×ジャズ×ヒップホップのモダンな輝きを担う錚々たる顔ぶれが揃い、バリー・ホワイト/ウィリアム・ディヴォーン/ニュー・エディション/カーティス・メイフィールドのリメイクも抜群。
マーヴィン・ゲイ〜スティーヴィー・ワンダー〜プリンスからシャーデー〜ディアンジェロまで、ソウル・ミュージックの偉人たちの影を宿した心躍らせ胸に沁み入る珠玉の名作群が、84分にわたってぎっしりと詰まっています。
それは都会に生きる日常、都市生活者のハッピー&ブルーを艶やかに彩り、音楽の桃源郷へと誘ってくれるはずです。

特に、全曲最高のアルバム『Malibu』を今年の上半期ベストに選んだ、アンダーソン・パーク(9月には待望の来日公演も控えていて楽しみです)絡みの傑作を、コンピレイションのメイン・ディッシュとできたことには、胸の高鳴りを抑えることができません。
昨年末にダウンロード・オンリーで発表された、2010年代ならではのとろけるようなメロウネスに魅了される、エリカ・バドゥによる胸疼くニュー・エディション「Mr. Telephone Man」カヴァーも、まさにミラクルと言っていい世界初CD化で、嬉しすぎるトピック。

これまでコンピ収録へのハードルが極めて高かった、ジャネット・ジャクソンのエントリーも奇跡的で、マイケル・ジャクソンへの思慕も滲むアーバン&メロウ・ブリージンなマイ・フェイヴァリット「Broken Hearts Heal」は、去年の暮れに夜の首都高速をドライヴしながら聴いていて、美しい夜景との素晴らしい相性に感極まってしまったことが忘れられません。
エリカ・バドゥやジャネット・ジャクソンの輝きに象徴される90年代へのロマンティシズムを礎に、ネオ・ソウル〜アンビエントR&Bという流れを汲んで花を咲かせた、しなやかでフレッシュ、そしてナチュラル・メロウな感性が息づく女性ヴォーカルの名作たちを、たくさん収めることができたのも、この上ない歓びです。

シルキー・メロウな歌声と陰影に富んだグルーヴ、都会的で心地よい浮遊感ととろけるように甘美な陶酔感。
そんな、スムースでセンシュアルでセンシティヴな現在進行形アーバン・ソウル集。
これから迎える夏の終わりから秋の夜、少しずつ憂いを増していく季節のサウンドトラックとして、ぜひお楽しみいただけたらと思います!


━━━━━━━━━
8月の選盤
累計セールス120万枚を越える“Free Soul”ブランドの新提案アップデイトとして注目を浴び、これまでに5作がリリースされ、ソウルとジャズとヒップホップの蜜月が生んだ現代のアーバン・メロウ・ミュージックの充実を伝え大きな人気を呼んできた、“2010s Urban”シリーズの最新作となる橋本徹さん選曲のコンピレイション『Free Soul ~ 2010s Urban-Jam』
glrstaffblog-20160831141645-689.jpg

────────────────── 

橋本徹 (SUBURBIA)
編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。
サバービア・ファクトリー主宰。
渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。
『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』『音楽のある風景』『Good Mellows』シリーズなど、
選曲を手がけたコンピCDは300枚に達する。
USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作。
著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。
http://apres-midi.biz
http://music.usen.com/channel/d03/

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google
green label relaxing
Twitter
Facebook
YouTube
Sumally
Instagram