連載コラム【音楽のある風景】 Vol.60

2017.04.30


グリーンレーベル リラクシング のBGMを選曲されている、
選曲家の橋本徹さんよりコラム【音楽のある風景】が届きました。


どうぞお楽しみください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4月の選曲はフレンドリー&ピースフルに、待ち望んだ春を満喫しながら。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

春満開ですね。
桜の季節に生まれた幸せを感じながら、僕はひと月をすごしました。
歳をとっても、誕生日はいいものですね。
いろんな人に励まされ、支えられ生きていることに気づかされ、自分を見つめ直すことができます。
僕はその日、駒沢公園の夜桜を見上げながら、ふとジョン・レノンの「Starting Over」を口ずさんでいました。

待ち望んだ春と共にやってきた、イタリアの生ける伝説にして名アンビエント・プロデューサー、ジジ・マシンの来日公演も大盛況のうちに終わり、コンピレイション『Gigi Masin For Good Mellows』も無事リリースされ、期待以上のご好評をいただいています。
特に今回は、女性の方からの反響が大きいのが嬉しいですね。
まさしくチルアウト・メロウ・ピアノ・アンビエントの最高峰、僕自身も毎日のように、夜眠る前や、休日のまどろみの中で聴いていました。

実際にお会いしたジジ・マシンの印象は、この普段着の人の好い方が、Post MaloneやMain Attrakionzのようなメインストリーム・ヒットのヒップホップ、そしてビョークのような世界的な有名アーティストに(もちろん我らがNujabesにも)サンプリングされているのか、と感慨深くなってしまうほど気取らないなごやかな笑顔にあふれていて、カフェ・アプレミディで開かれた『Gigi Masin For Good Mellows』リリース記念のウェルカム・パーティーも、終始フレンドリーでピースフルな雰囲気に感激もひとしおでした。
また、普段はあまり直接会うことのない日本の様々なミュージシャンやDJたちと、ジジ・マシンのライヴを通じて親交を深めることができたのも嬉しかったです。
きっとここから、いろいろな新しい楽しいことが始まり、育っていくだろうという予感を抱くことができたのも、大きな収穫でした。

先々月のこのコラムで大推薦した、ルイーザ・ブリーナの素晴らしすぎるアルバム『Tao Ta』に続く、アプレミディ・レコーズからのニュー・リリースについても紹介しましょう。
それは「未来を空想した古い童話のような音楽」と絶賛され、ほぼ全ての楽器演奏とプログラミング、さらにはミックスとプロデュースまでを自ら手がけるLAの才女、サラミ・ローズ・ジョー・ルイスの最新作『Zlaty Sauce Nephew』。
揺らめくアナログ・シンセにオールド・ジャズの気品を漂わせるシュガー・ヴォイス、陶然とさせる深い音響にリズム・ボックスとグルーヴィーなベースが印象的な、現在・過去・未来あらゆる時代の音が交錯するドリーミーなハイブリッド・ポップスで、僕は「ヒップホップ・エイジに降り立った、未来から来たブロッサム・ディアリー」と最大級の讃辞を寄せています。
掛け値なしに2017年の年間ベスト・クラス、時代をこえた魅力と魔力を放つ大名作だと思います。

ちなみにサラミ・ローズ・ジョー・ルイスの作品は、この『Zlaty Sauce Nephew』含め、これまでダウンロードおよびカセットでしか発表されていません。
まさに世界待望の歓喜の初CD化です(しかも特典として彼女自身が推薦する未発表2曲を独占収録したCD-R付き)。
続けて、僕が2016年マイ・ベスト・アルバムのひとつに選んだ、前作にあたるファースト『Son Of A Sauce!』(こちらも素晴らしいです)も6月に日本盤CDにする予定ですので、サラミ・ローズ・ジョー・ルイスの名はぜひ憶えておいてください!

━━━━━━━━━
4月の選盤

国内から海外まで大好評を博す"Good Mellows"シリーズ第8弾にしてアーティスト編としてはカントマ(Cantoma)以来の2作目となる、ピアノ・メロウ・チルアウトのカリスマ的なイタリアの名アンビエント・プロデューサー、ジジ・マシンのキャリア集大成となる橋本徹さん選曲のベスト・コンピレイション『Gigi Masin For Good Mellows』


「未来を空想した古い童話のような音楽」と絶賛されるドリーミーなハイブリッド・ポップスを奏で、シンガー・ソングライター/サウンド・クリエイターとして唯一無二のきらめきと存在感を放つLAの才女サラミ・ローズ・ジョー・ルイスの、橋本徹さんが監修するアプレミディ・レコーズから世界初CD化される新作『Zlaty Sauce Nephew』

──────────────────
橋本徹 (SUBURBIA)
編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。
サバービア・ファクトリー主宰。
渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。
『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』『音楽のある風景』『Good Mellows』シリーズなど、
選曲を手がけたコンピCDは330枚を越える。
USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作。
著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。
http://apres-midi.biz
http://music.usen.com/channel/d03/

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google
green label relaxing
Twitter
Facebook
YouTube
Sumally
Instagram