STAMPD×monkey time

2018.07.09

STAMPDのブランドテーマである"Superior Life Good's"(上質な日常を提供するアイテムたち)をベースに、今回のコレクションのデザイン背景には、現代社会で顕在化し孤立する"Stranger"の存在がある。私たち人間のもつ「より良くありたいという願望」は、安全で便利な現代社会

を作り上げたが、社会の安全性と利便性の向上に比例して、「暗黙の了解的に課されるルール」は増大し、いまや社会が個人のプライベートを暴き、一人一人の個性、多様性を抑圧する状況になってはいないだろうか。システムやテクノロジーの発展により、街中には至る所に監視カメラやセンサーが設置され、危険や犯罪から私たちを守る安全な社会が作られたが、同時に私たちは政府や機関から監視される対象となった。また、インターネットやSNSの発展は、距離や時間にとらわれずに世界中の人とつながる環境を与えてくれたと同時に、常に誰かに見られているかもしれないという相互監視の社会を作り上げた。現代社会は、安全で便利な"Paradaise"であると同時に、そこにそぐわない"Stranger"をあぶり出して排除しようとする。私たちは常に、知らず知らず誰かを"Stranger"にしているかもしれないし、自分自身が"Stranger"になる可能性がある事に気が付いているだろうか。"A Stranger in Paradise"というコンセプトは、今いる「楽園」から不審者を見つけ出して隔離したいという私たちの願望がますます強くなっていくことへの警告である。

"Surveillance Tee"にプリントされた監視カメラは、ジョージ・オーウェルの小 説『1984年』で描かれる監視社会において、いつでもどこでも常に監視され摘 発される恐怖の象徴として登場する"Big Brother"のオマージュだ。 "The Stranger Tee"の、白黒の背景に赤く浮き立つ燃えるヤシの木は、これまで の「普通」が消失していく様をあらわし、"Shatter Tee"にプリントした粉々に 割れたガラスは、それぞれの解釈や判断に規制はないことを象徴している。 他にも今回のコレクションには、千鳥柄にグラデーションプリントを施したコ ットンポリショーツや、カモフラージュ柄のフレンチテリースウェットショー ツ、ベースボールキャップ、ソックスなどがある。 発売は、数量限定で7月14日から全国のmonkey time各店舗、 7月20日からロサンゼルスのSTAMPDフラッグシップストアー及びオンラインに て開始。 monkey time原宿店では当コレクションご購入のお客様先着50名に特別ノベル ティトートバッグをプレゼント。


下記店舗にて7月14日(土)より販売開始予定。

・モンキータイム原宿店 / モンキータイム新宿店 / ンキータイム大阪店
・ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ渋谷公園通り店 / ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ心斎橋店 / ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ京都店 / ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ札幌店 / ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ博多店
・ユナイテッドアローズ池袋店 / ユナイテッドアローズ横浜店 / ユナイテッドアローズ立川店 / ユナイテッドアローズ名古屋店
・UNITED ARROWS ONLINE STORE / ZOZO TOWN

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google
monkey time
Facebook
Twitter
Instagram