STEVEN ALAN

EVENT:Bijoux Touareg du Sahara

EVENT MENS

2018.06.07

スティーブン アラン トーキョーにて、アフリカ大陸 サハラ砂漠周辺で暮らす民族"トゥアレグ族(Touareg)"の伝統的なアフリカンジュエリーを展開するイベントを開催いたします。

開催期間:6月12日(火)~6月25日(月)

刺繍が施された鮮やかな青の民族衣装を纏う文化から、"青の民"とも呼ばれるトゥアレグ族。独自の文化や生活様式をもち、一部は現在も隊商を組んで暮らしている砂漠の遊牧民です。

そのトゥアレグ族の伝統工芸であるシルバージュエリーには身につける者の出身や氏族を表す意匠が施されており、親から子へと先祖代々受け継がれています。素材には純度の高い銀が用いられ、トゥアレグ族の中で奴隷階級のさらに下の階級に位置する鍛冶職人の手作業によって制作されています。手掘りで独特なデザインの模様が施されており、味わい深い魅力があります。

大変貴重な品々を一同にご覧いただけるこの機会を、どうぞお見逃しなく。

※掲載の写真はイメージのため、店頭で展開する商品とは異なります。全てが1点物で、同じ商品は二つとございません。店頭でぜひ実物をお手に取っていただき、その一点物の魅力をお楽しみくださいませ。


十字のデザインが特徴のネックレスは、砂漠のガイド役が身につけるとされている。トゥアレグ族について記された文献でも、トゥアレグ族のジュエリーについて語る際にその代表的な存在として紹介される貴重な品。


エボニーウッドを用いて模様が施されたリング。


トゥアレグ族が手掛ける木製のパーツ。正確な使用用途は不明だが、タープの骨組みやベッドの足などの諸説あり。


シルバー・銅・真鍮・エボニーウッドと、トゥアレグ族が使う全てのマテリアルを贅沢に使用した鍵のオブジェ。サイズも50cmと大振りで、大変貴重な一品。複数の素材を使用して作られたアイテムはより幸運を呼ぶとされている。ターバンの端に括りつけて砂漠に刺すなどに用いられている。

▼参考価格
RING : ¥9,720(tax in) ~ ¥19,440(tax in)
BANGLE : ¥18,900(tax in) ~ ¥46,440(tax in)
NECKLACE : ¥21,060(tax in) ~ ¥77,760(tax in)

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google