STEVEN ALAN

EVENT:KOST KAMM from Germany

EVENT WOMENS

2018.07.26

スティーブンアラントーキョーにて、<KOST KAMM>製ヘアグッズのPOP-UPイベントを開催します。

開催期間:8月7日(火) ~ 8月20日(月)

期間中は、ヘアクリップなどのアクセサリーのバリエーションに加え、<KOST KAMM>を代表するアイテムでもあるコームやヘアブラシを展開いたします。同ブランドのラインナップを広くご覧いただけるこの機会に、ぜひお立ち寄りくださいませ。

- KOST KAMM
<KOST KAMM>は、19世紀中ごろのドイツ・ウィンデルスバッパで、動物の角や骨や木材などの天然素材を使った"KAMM=櫛"を製造販売していたコスト一族によりスタートしました。安価なプラスチック製の櫛が主流になった時代にいちど廃業に追い込まれましたが、時を経て、地肌に優しいヘアケアができる天然素材と手作業の良さが見直され、1987年、クリスティン・コスト氏により<KOSTKAMM>の製品づくりが再開されました。
<KOSTKAMM>の自社工場があるヴィンデルスバッハは、小さなコミュニティが大切にされている土地。工場で働く人たちは主に地域の主婦で、職人の多くは女性です。同ブランドのヘアアクセサリーは、ドイツの自然からインスピレーションを得た独特の形や天然素材ならではの風合いが印象的。コームやブラシは、コスト一族が住む広大な敷地の森に昔から生えている木を伐採し、4年間寝かせて乾かしたものを加工して作られています。
天然素材の櫛やブラシはプラスチック素材と違い静電気を帯びず、頭皮に優しいということから評価が広まりました。現在では機能性、サステナビリティ、造形美のいずれをも満たすプロダクトとして、ドイツをはじめヨーロッパのオーガニック製品を扱うお店、美容のスペシャリスト達にも広く愛用されています。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google