ユナイテッドアローズには、インポートブランドのものからオリジナルのものまでたくさんのスーツが揃う。ブランドもシルエットも多様。そのなかでオリジナルレーベル〈UNITED ARROWS〉の「コンフォート」と呼ばれるシリーズは、毎シーズンのように改良が加えられている。2017年春夏シーズンに仲間入りしたニューモデルはどういうものなのか? そしてその企画意図とは? メンズ商品の仕入れや開発に携わるチーフマーチャンダイザーに聞いた。



時代に対応するスーツを

「〈UNITED ARROWS〉レーベルのスーツは、オリジナリティを大事にし、より多くのお客様へのアプローチを考えているのですが、そのなかでも特に時代に対応するスーツとして2016年春夏シーズンに加わったのが、『コンフォート』というシリーズです。その名のとおり『COMFORT=快適』であることを主眼にしていて、ビジネスシーンのタイドアップだけでなく、普段着として使うなど着こなしの自由さをこのスーツでは求めました。

『コンフォート』はまだ3シーズン目ですが、その時代に対応するという使命からシーズン毎に細かく修正を加えています。着丈やシェイプ、構造や素材など、あらゆる視点から“時代”を考え、私たちが考える“今のスーツ”を作っています。途中で加わったアンコン仕立ての軽快なスーツは、トラベルにも使えると評判になりました」




今、スーツに求められるものとは?

「2017年春夏シーズンで重要視したのは『機能性』です。その発想から、シワになりづらくへこたれない耐久性・動きやすいストレッチ性能・雨にも強い撥水性など、あらゆるビジネスシーンに適した機能と快適な着心地を兼ね備えたスーツを誕生させました。

このスーツは機能性を重視したため、ウール100%素材にはこだわりませんでした。ここに反発する向きもありましたが、私はこれがひとつの“時代”の表現だと思っています。若いかたに話を聞き、天然素材にさほどこだわっていないこともわかっていました。『ウール100%の、徐々に体に馴染んでいく感じが……』と楽しむ伊達男がいる一方で、『最初から着心地が良いものが欲しい』というかたもいらっしゃるんです」



「ジャケットの肩先をシャープに作り込んだり、パンツをノープリーツにしてスッキリさせたりと、スーツの着こなしを楽しめるモデルになっています。さらにこのスーツは5万2000円(税抜き)というエントリープライスになったことで、手が届きやすくなったのも美点と言えるでしょう」




オリジナルスーツのこれから

「これまでお話ししたとおり、スーツも時代によって変わっていくので、この先もどんどん新しいモデルが生まれると思います。新しい素材が開発されれば、もっと違う発想が生まれるかもしれません。でも、いつの時代も『スーツを買うならユナイテッドアローズで』と言ってほしい。それだけは常に思っています。

求められるものはなんなのか? そして提案できるものはなんなのか?
良いスーツを考えるとともに、おしゃれを楽しむ提案をしながら、どんどん進化するスーツを作っていきたいですね。エントリーモデルを経て、他のモデルや上級レーベル〈SOVEREIGN〉、インポートブランドなどのいろいろなものにもぜひ触れ合って欲しいです。それぞれ着るだけで感じるものが違いますから。

男に生まれたなら、ずっとスーツを楽しみたいですよね」




UNITED ARROWS COMFORT SUIT はオンラインストアにてお買い求めいただけます