『 原宿本店 ウィメンズ館にお越しください 』

原宿本店 WOMEN

2017.08.09

こんにちは。
いつも原宿本店 ウィメンズ館のブログをご覧いただきありがとうございます。

ユナイテッドアローズ 原宿本店はオープン25周年を節目に、
あらたなコンセプトの"UNITEDARROWSONE"(ユナイテッドアローズワン)を掲げ、生まれ変わります。
現メンズ館にウィメンズ館を統合し、開店時と同じひとつの店に、2017年9月7日(木)にリニューアルする予定です。


原宿本店 ウィメンズ館は2003年9月のオープンから2010年のリニューアルを経て
「衣」「食」「住」「遊」「知」「美」「癒し」をキーワードに、豊かな暮らしを提案してまいりました。

そこで今回のブログでは、今まであまりふれてこなかった原宿本店 ウィメンズ館の内装について紹介したいと思います。


エントランスをくぐり、螺旋階段を下りると見えてくるのがこちらの大きな欄間。
大きな壁画のようにそびえる欄間はとても盛大で圧巻です!!
セレクトショップでは、他にないつくりをしています。





昔の日本家屋には必ずあった欄間。
和洋折衷のミックススタイルこそユナイテッドアローズの象徴でもあります。
写真を撮ってくださるお客様もたくさんいらっしゃいました。





原宿本店 ウィメンズ館は、ユナイテッドアローズの経営理念「日本の生活文化の規範となる価値観を創造し続ける」のもと、
日本の伝統を感じられる空間・記憶に残る空間を造り、
欄間のような日本人の手仕事で何代にもわたり、受け継がれてきた文化のすばらしさの発信をしてまいりました。


そのため、店内のいたるところに和を感じられるポイントがあります。


地下フロアのお手洗いを覗いてみると......、





鏡上のインテリアは、和菓子の落雁(らくがん)の型でデザインされたものです。
私はお恥ずかしながら、このブログを書くまでまったく気づきませんでした。


店内は自然光を取り入れるために、多くの窓があります。
地下フロアでありながら一日の時間の流れを感じられるのも、原宿本店 ウィメンズ館の特徴です。





夏から秋、冬へと代わるときの日の短さに、なんだか寂しさを感じることも多々ありました。
窓の先には、日本庭園のような緑の空間もあり、ここでも和を感じられます。



2010年9月のリニューアルを経て、ヨーロッパ建築や民族的エッセンスを取り入れ
シックでモダンな店舗へと変わりました。
個人的にはモロッコランプや、隋所にちりばめられた女性らしい空間も大好きです。





キッチンスタジオでは
お料理教室やリース教室など、たくさんのワークショップを開催してまいりました。





店内にはお出汁のいい香りが広がり、食欲が湧き出たこともありました。



いかがでしたか。
原宿本店 ウィメンズ館は、2017年9月3日(日)をもちまして最終営業となります。



現在、秋冬のお品物も続々と入荷しております。










地下ではスリップウェアの技法を用いた益子焼で大人気の
伊藤丈浩さんの器が多数揃っております。






いつもご愛顧くださっているみなさまも、初めて原宿本店 ウィメンズ館に足を運んでくださるみなさまも
随所に隠された日本のすばらしさを感じていただきながら、店内をご覧になってみませんか?

店内でゆっくり過ごしていただきながら、楽しんでいただき、
記憶に残していただけましたら幸いです。


残りわずかな営業となりましたが、スタッフ一同、
みなさまのご来店を心よりお待ちいたしております。





uanews-20150319200720-37.jpg

@UNITEDARROWS_OFFICIAL
https://instagram.com/unitedarrows_official/

@unitedarrows_harajukuforwomen
https://www.instagram.com/unitedarrows_harajukuforwomen/


原宿本店 ウィメンズ館では駐車場提携サービスを行っております。
お車でお越しの際は、ぜひこちらのパーキングをご利用ください。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google
UNITED ARROWS
Facebook
Twitter
You Tube
Instagram