連載コラム【音楽のある風景】 Vol.118

ALL / Other

2022.02.28 

グリーンレーベル リラクシングのBGMを選曲されている、選曲家の橋本徹さんより、コラム【音楽のある風景】が届きました。




どうぞお楽しみください!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2月の選曲は、平和を祈り春の訪れのような素敵な予感を求めて。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ようやくコロナ感染拡大も峠を越えたかなと思いきや、ロシアによるウクライナ侵攻という悲しすぎるニュースがとびこんできた2月の終わり。
僕は戦争反対というシンプルな思いと共に、人生規模で愛するマーヴィン・ゲイの名曲、メロウ・グルーヴの雛型にして反戦ソング「What’s Going On」(愛のゆくえ)を思い浮かべずにいられませんが、心を落ちつけて、平和を祈りながら、毎日の選曲に励む日々です。
green label relaxingのショップBGMも、今週から早春セレクションに衣替えしますので、ぜひショッピングのお供に楽しんでいただけたら嬉しいです。

そして私事ですが、春に(マーヴィン・ゲイの誕生日にして、マイ・バースデイの前日です)、コロナの影響でずっと先延ばしにしていた結婚式を挙げることにしまして、今日はその披露宴のためのBGMをセレクトしていたりもしました。
これまでに僕がコンパイルしてきた(そう、今年でコンパイラー生活30周年なのです)300タイトル以上のCDから、それこそ人生規模で大切な音楽を30曲ほどピックアップしてみたのですが、その過程で感じたのは、自分はあまた手がけてきた様々なコンピレイション・シリーズの第1弾リリースが特に好き、ということ。
とりわけ以前このコラムでもご紹介した『音楽のある風景〜春から夏へ』や『Free Soul Impressions』、そして『Neo-Acoustic Love ~ Headstart For Happiness』は披露宴でも大活躍してもらうことになりそう。
きっと僕は、春の訪れのように、何かが始まるときの素敵な予感に満ちた、あのワクワクとした感じが好きなんでしょうね。

それでは、来月の今ごろは平和が訪れていることを心より希って。
Imagine all the people living life in peace
All we are saying is give peace a chance!


01_音楽のある風景〜春から夏へ.jpg
幸福な気分へと誘われ、ときには優しく心の透き間を埋めてくれる、エヴァーグリーンの輝きをたたえたジャズ・ヴォーカルやボサノヴァから、メロウ&フォーキーなアコースティック・グルーヴまで、多幸感あふれるファンタスティックで心地よくときめくような音楽が、色彩感豊かな感性によって四季の移ろいを描いていく"音楽のある風景"シリーズ、そのファースト・リリースとして橋本徹さんが監修・選曲する"Apres-midi Records"の第1弾として発表されたコンピCD『音楽のある風景〜春から夏へ』

02_Free Soul Impressions.jpeg
シリーズ通算120作以上を数え累計セールス100万枚以上を誇る大人気ミリオンセラー・コンピ"Free Soul"のファースト・リリースとして、グルーヴィー&メロウな70年代ソウル周辺の珠玉の名作群が収録された、90年代カルチャーの象徴のように今なお洋楽旧譜の編集盤としては異例のロングセラーを続け、日本のみならず世界中のダンスフロアを揺らし多くの音楽ファンの魂を揺さぶってきた、"国宝級"という讃辞の声もやまない橋本徹さんのコンパイラー・キャリアを代表するコンピCDFree Soul Impressions

03_Neo-Acoustic Love.jpg
"ベスト・オブ・ネオアコ"というコンセプトで編まれた、清々しく晴れやかで爽やかな、何か素敵なことが始まるような嬉しい予感に満ちたフォーク〜ボサノヴァ〜ジャズ〜ソウル〜ラテンなどの影響を受けた80年代イギリスのアコースティック・ポップスを集大成した三部作の中の一枚で、スタイル・カウンシル「Headstart For Happiness」からペイル・ファウンテンズ「Thank You」まで橋本徹さんにとってかけがえのない青春が詰まったコンピCDNeo-Acoustic Love ~ Headstart For Happiness


─────────────────────────

橋本徹 (SUBURBIA)

編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。
サバービア・ファクトリー主宰。
渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。
『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』『音楽のある風景』『Good Mellows』シリーズなど、選曲を手がけたコンピCDは350枚を越える。
USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作。
著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。

http://apres-midi.biz
http://music.usen.com/channel/d03/

facebook twitter line

WOMEN

MEN

KIDS

ALL

カテゴリーから探す

取り扱いブランド

店舗検索

ブランド紹介

コンテンツ