連載コラム【音楽のある風景】 Vol.121

WOMEN / MEN / Other

2022.05.31 

グリーンレーベル リラクシングのBGMを選曲されている、選曲家の橋本徹さんより、コラム【音楽のある風景】が届きました。





どうぞお楽しみください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5月の選曲は、新緑の季節に素晴らしい風を感じて。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

爽やかな新緑まばゆく、瑞々しい光あふれる初夏へと向かうこの季節、皆さんはいかがおすごしでしょうか?

GWみどりの日には、先月のこのコラムでご紹介した、「GREEN MIND 2022」と題された秦 基博さんの富士山を望む山中湖畔での野外ライヴに足を運ばれた方もいらっしゃるでしょう。
それに合わせて、僕が"グリーン"をテーマに選曲した、Spotifyプレイリスト『Free Soul Hata Motohiro for UNITED ARROWS green label relaxingもお聴きいただけていたら、とても嬉しいです。

アウトドア〜オープンエアが本当に気持ちのよい季節ですが、僕は先週末、美しい夕陽も海も最高な、葉山・うみのホテルで開かれたイヴェントで、シーサイド・メロウ〜サンセット・チルアウトDJをしたのが、何と言っても楽しかったです。
老若男女問わずたくさんの方が訪れてくださり、協賛のPOMMERYのシャンパンを飲みすぎてしまいましたが、僕のかける音楽に合わせて、子供たちもひたすら踊り続けてくれたり、ご老人たち(ホテルに住宅型老人ホームが併設されているのです)が笑顔で手拍子してくれたり、とにかく楽しく素敵なパーティーでした。

ライヴで盛り上げてくれたThe LAVA BANDも最高のグッド・ヴァイブスで、中でもオリジナル・ラヴ『風の歌を聴け』からの「朝日のあたる道」、藤井風の「旅路」、THE BOOMの「風になりたい」という、僕も大好きな""3曲のカヴァーには胸を打たれ、忘れられない思い出となりました。
まさに風の時代、素晴らしい風を感じた夜でした。


01_Free Soul Hata Motohiro.jpg

橋本徹さんが"グリーン"を選曲テーマにセレクトした秦 基博 × green label relaxing × Free Soulのトリプルネイム企画となるコンピレイション・プレイリスト『Free Soul Hata Motohiro for UNITED ARROWS green label relaxing


glr_hashimotosan.jpg
2014年にFree Soul 20周年とオリコン初登場1位を記録した『風の歌を聴け』20周年を記念して実現した、橋本徹さん選曲による田島貴男さんとの超強力タッグで、グルーヴィー&メロウな輝かしい90年代の結晶のようなコンピレイションCDFree Soul Original Love 90s



─────────────────────────

橋本徹 (SUBURBIA)

編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。
サバービア・ファクトリー主宰。
渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。
『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』『音楽のある風景』『Good Mellows』シリーズなど、選曲を手がけたコンピCDは350枚を越える。
USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作。
著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。

http://apres-midi.biz
http://music.usen.com/channel/d03/

facebook twitter line

WOMEN

MEN

KIDS

ALL

カテゴリーから探す

取り扱いブランド

店舗検索

ブランド紹介

コンテンツ