連載コラム【音楽のある風景】 Vol.122

ALL / Other

2022.06.30 

グリーンレーベル リラクシングのBGMを選曲されている、選曲家の橋本徹さんより、コラム【音楽のある風景】が届きました。




どうぞお楽しみください!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月の選曲は、密やかで甘美なモノクロームのファンタジーと淡く深い余情に身も心も浸して。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

例年なら6月末は梅雨まっさかりの時期ですが、今年は極端に梅雨明けが早く、真夏のような記録的な暑さが連日続いています。
皆さん体調など崩されてはいませんか?

そんな心も身体も整えたいこの季節、今月の連載コラムでは、6/17に僕が監修プロデュースしているアプレミディ・レコーズから世界初CDとなる日本盤がリリースされたばかりの、トム・ギャロ (Tom Gallo)の最新アルバム『Vanish And Bloom』をご紹介したいと思います。

トム・ギャロは、ちょうど4年前、20186月にやはりアプレミディ・レコーズで日本限定で世界初CD化したファースト・アルバム『Tell Me The Ghost』が、モーゼス・サムニー〜スフィアン・スティーヴンス〜チャド・ブレイクといった誉れ高いアーティストたちや様々な音楽メディアに絶賛された、アメリカ・ニューイングランド出身の男性シンガー・ソングライターです。
今回の4年ぶりの新作セカンド『Vanish And Bloom』(このタイトルは村上春樹の本から取られていて、そのいきさつをトム・ギャロ自身が「ATWOOD MAGAZINE」のインタヴューで語っています)は、本人が早めに連絡をくれ、音源を送ってくれたこともあり、最近ではなかなか珍しいことなのですが、配信スタートと同じ日にCDリリースすることができました。

これが、夢の輪郭をなぞるような音響構築とささやくような歌声に、密やかで甘美なモノクロームのファンタジーと淡く深い余情を宿した正真正銘の名作で、揺らめくような浮遊感や静謐な陰影が滲む彼の本質的な魅力に、胸を打たれずにはいられません。
アコースティック・ギターをメインに繊細な音楽を奏でてきたトム・ギャロが、よりパーカッシヴなサウンドを軸にしながら、さらにミニマリズムとリリシズムを追求していて、細部まで丁寧に作りこまれた音世界は、自宅でひとり、自身のヴォーカルとアップライト・ピアノ、壊れたスネア・ドラム、身のまわりにある本や窓、テーブルに手拍子などを素材に、サンプラーや多重録音を駆使して制作されたそうです。

トム・ギャロ自らが撮影したという、寡黙にして多くのことを語りかけてくるモノクロのジャケット写真も、MVも、本当に素晴らしいので、ぜひその音楽に耳を傾けていただけたら嬉しいです。

追記:
最後に忘れられないエピソードをひとつ。
前作のファースト『Tell Me The Ghost』がリリースされて間もなかった20186月、僕が選曲/パーソナリティーを務めるインターネット・ラジオ番組「dublab.jp suburbia radio」で、トム・ギャロが自宅の庭で録音してくれた名曲「Venus Every Night」の貴重なプライヴェイト・ガーデン・ライヴを放送しました(鳥のさえずりが聴こえたりするピースフルなアンビエンスもとても素敵でした)。
その際に、普段はインターネット社会から距離を置いているように思える彼が、「サンクス・トーキョー!」とInstagramに初ポストしてくれたのです。
これには大感激、ホント胸がときめきましたね。

01_Vanish And Bloom.jpg
モーゼス・サムニー〜ジェイムス・ブレイク〜ジャスティン・ヴァーノン(ボン・イヴェール)〜スフィアン・スティーヴンス〜ベン・ワット〜ホセ・ゴンザレス〜デヴェンドラ・バンハート〜チガナ・サンタナなどを引き合いに様々なメディアで絶賛され高い評価を得ている、米国はニューイングランド出身の男性シンガー・ソングライターTom Gallo(トム・ギャロ)の、橋本徹さんが監修プロデュースするアプレミディ・レコーズから世界初CDがリリースされたばかりの2022年作セカンド・アルバム『Vanish And Bloom


02_Tell Me The Ghost.jpg
モーゼス・サムニー〜ジェイムス・ブレイク〜ジャスティン・ヴァーノン(ボン・イヴェール)〜スフィアン・スティーヴンス〜ベン・ワット〜ホセ・ゴンザレス〜デヴェンドラ・バンハート〜チガナ・サンタナなどを引き合いに様々なメディアで絶賛され高い評価を得ている、米国はニューイングランド出身の男性シンガー・ソングライターTom Gallo(トム・ギャロ)の、橋本徹さんが監修プロデュースするアプレミディ・レコーズから世界初CDがリリースされ注目を集めた2018年作ファースト・アルバム『Tell Me The Ghost



─────────────────────────


橋本徹 (SUBURBIA)

編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。
サバービア・ファクトリー主宰。
渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。
『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』『音楽のある風景』『Good Mellows』シリーズなど、選曲を手がけたコンピCDは350枚を越える。
USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作。
著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。

http://apres-midi.biz
http://music.usen.com/channel/d03/

facebook twitter line

WOMEN

MEN

KIDS

ALL

カテゴリーから探す

取り扱いブランド

店舗検索

ブランド紹介

コンテンツ