冬の本命アウターを徹底解説!

WOMEN / Fashion

2022.11.14 

吉江

吉江

ウィメンズデザイナー
海外旅行やカルチャーが好きで、英語とフランス語を勉強中です!
クリーンさを大事にした、トレンドスタイリングを提案していきたいと思います。

ブログをご覧の皆様、こんにちは。
ウィメンズデザイナーの吉江です。

大分寒くなってきましたね!
アウターの準備をされている方、多いのではないでしょうか?
今年の冬は特に寒くなるようなので、お探しの方に、
暖かみのあって、心も上がるようなアウターをご紹介します。

先日、こちらのWEBコンテンツが公開されました。

The Best OUTERWEAR for Winter 22 矢野未希子が着る、この冬の本命アウターカタログ。
TOP.JPG
矢野未希子さんが、グリーンレーベルのアウターのラインナップを素敵に着こなしてくれています。

今年のアウター開発は
「新しいデザインのコートが欲しい!」という気持ちから、
企画をスタートしました!
top 2.jpg
新しいデザイン、新しい丈感、新しい素材感・・・などなど、
グリーンレーベルでは今までに無かった
NEWなアウターをたくさんご用意しています。

その中から、今回はソフトメルトンのシリーズをご紹介させて頂きます。
FINAL1.jpg

今年のアウターのポイントは、"軽さ"と"スタイリングの新しさ"。
昨今暖冬になりがちな日本の冬ですが、重厚感のあるアウターだと
逆に暑苦しさや肩が凝ったりすることも・・・
こちらのソフトメルトンのシリーズは、生地の厚みを残しつつ重さを軽減させる事で、
着心地の良さや、リラックス感のある着用感を目指した、
グリーンレーベルオリジナルの生地になっています。

top3.jpg
この冬旅行を計画されている方も多いと思います。
荷物を持ちながら長時間歩いたりする時にも、
是非軽さのあるアウターはオススメしたいです。

ソフトメルトン Aラインコート
3625-137-1948 詳細を見る
 ¥33,000

ALINE.JPG
まずこちらのAラインのコートは、生地だけではなく、
少し短めの着丈にする事で、さらに"軽さ"を出しています。
今までロング丈のコートのトレンドが長年続いてきていましたが、
今年はブーツトレンドも後押しして、
ミドル丈やショート丈の新しいスタイリングに合う
ウールアウターが注目されています!

そこで今回は
・幅広いシーンで活躍
・着映えするシルエットとディテール
・トレンドのブーツとの相性も◎
なミドル丈のアウターをお作りしました。


FINAL2.jpg
丈が短いとシンプルな印象ですが、裾にかけてフレアにする事で、
ベーシックなパンツやスカートにも、羽織って頂くだけで様になります。
短すぎず、きちんと暖かさも感じられる、こだわりの着丈になっています。

Aラインのウールコートは、ボリュームが出て見える事がありますが、
肩周りやバストをコンパクトにお作りする事で、
シルエットのドラマティックさを演出しながら、スッキリ見せるラインに仕上がりました。


3600022Y0249_x1_a005.jpg
またバックスタイルをゆったりと作っているので、前はスッキリ見えて、
横や後ろから見た時に、程よく広がるシルエット泳ぐシルエットです。
ニットを着込んでも◎。



1112-4.jpg
その他にも、開けた際にアクセサリーのように光るデザインホックや、
立体感を演出するウエストダーツ、脱いだ時に目を惹くグログランテープなど、
他にはない、オリジナリティが詰まったデザインに。

3600022Y0249_x1_a001.jpg
さらに細かいチェックなので合わせやすく、
着映えするチェック柄もおすすめです!

続きまして、同じ素材でスタンドカラーのロングコートもお作りしております。
軽さのある生地を使用しながらも、着丈がしっかりあるので、
寒さ対策には持ってこいのアウターです。

ソフトメルトン スタンドカラーコート
3625-126-1974 詳細を見る  ¥35,200
3600022Y0248_x1_a007.jpg
こちらのスタンドカラーは、なんと言ってもそのデザインの新しさ!
インナーを気にしないで、前を閉じて着ていただくだけでオシャレに決まります。
首周りを包み込むことでマフラー要らずなのも嬉しいポイント。

1112-5.jpg
このスタンドカラーはファンデーションがつきづらい衿周りを、
様々な首の長さやタイプの方に試着して作り上げることで、
着心地の良さにもこだわっています。

FINAL6.jpg
また後ろをラグランスリーブにする事で、
腕の動かしやすさにも気を配ったデザインです。
袖口には調節用の釦が付いているので、
奥側で留めればボリュームスリーブのような
立体感が出る着こなしも可能です。

3600022Y0248_x1_c101.jpg
さらに、暑さを感じる時など、開けた際にも決まる衿の顔にも注目です。
衿を立てたり、ねかせることで、チェスターコートのようにも着られるので、
その日の気温やインナーでデザインを変えて着られるのも嬉しいポイントですね。

長くなってしまいましたが、
ぜひ皆さまの今年のアウター選びのご参考になれば幸いです。

facebook twitter line

紹介している商品

WOMEN

MEN

KIDS

ALL

カテゴリーから探す

取り扱いブランド

店舗検索

ブランド紹介

コンテンツ