連載コラム【音楽のある風景】 Vol.135

KIDS / Other

2023.07.31 

グリーンレーベル リラクシングのBGMを選曲されている、選曲家の橋本徹さんより、コラム【音楽のある風景】が届きました。

hashimoto_NEW.jpg


どうぞお楽しみください!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7月の選曲は、海辺の夏から文化系の夏まで空前のロング・ホット・サマーを前向きに楽しめるように。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

かつてないほど猛暑日が続いていますが、皆さん元気におすごしでしょうか?
僕は熱中症に気をつけながらも、今年は早めに夏を始めようと、沖縄・ムーンビーチに下田・多々戸浜、そして昨日は湘南・逗子海岸と、たびたび海辺を訪れて、たっぷり泳いで波に乗り、7月ですがすっかり陽焼けしています。

そんな中で先週7/26には、僕のコンパイラー・ライフ30周年記念コンピの第2弾『Gratitude ~ Free Soul Treasure』が、第1弾『Blessing ~ Free Soul × Cafe Apres-midi × Mellow Beats × Jazz Supreme』に続いて、2枚に分かれてアナログLP化されました(新たに取材を受けたインタヴューと共にぜひチェックしてみてください)。
というわけで当然、気分もテンションも上がってDJも絶好調(たぶん)、8/5にはトークショウも含むリリース記念パーティーがULTRA SHIBUYAで予定されていますので、今からとても楽しみにしています。
もちろん当日は、そのグルーヴィー&メロウな2枚のアナログLPが大活躍してくれることは間違いありません。

今月のこのコラムでは、この夏UNITED ARROWS green label relaxingのショップBGMでも大活躍している、その祝レコード化『Gratitude』と共に、海辺でゆっくりとすごす時間や、海辺への行き帰りのドライヴにおすすめの、マイ・コンピ5枚も併せて選盤させていただきますので、この空前のロング・ホット・サマーを、前向きに楽しんでいただければと思います。
といっても、7月は海にばかり行っていた僕は、8月はアンリ・マティスやデイヴィッド・ホックニーを美術館に観に行ったり、文化系の夏も楽しもうかな、と思っている今日この頃です。

230706.jpg
大ヒット・シリーズ"Free Soul""Cafe Apres-midi"を始め、過去30年間に350枚以上におよぶ人気コンピレイションを監修・選曲してきた橋本徹さんのコンパイラー人生を祝して、これまでにULTRA-VYBEで発表された14タイトルのコンピCDから名作中の名作が選りすぐられた、正真正銘のベスト・オブ・ベスト・コレクション『Gratitude ~ SUBURBIA meets ULTRA-VYBE "Free Soul Treasure"


230704.jpg
「海辺のFMステイション」を選曲コンセプトに、爽やかな高揚感と甘い憧れを誘い、切なくも甘酸っぱい感傷に包まれる、多彩なカヴァーにもときめくような絶品揃いの、アーバン・リゾート感覚香る"グルーヴィー&メロウ・サマー・オブ・ラヴ"決定盤として、橋本徹さんが2012年に選曲した人気コンピレイション『Seaside FM 80.4


230703.jpg
柔らかな叙情と透明感あふれる優美なメロディー、瑞々しいオーシャン感覚とアトモスフェリックな麗しいサウンドスケープに、波の音や鳥のさえずりもピースフルな快いヴァイブに満ちた、海辺の週末をイメージした心地よく甘美な至宝が連なる天上のメロウ・チルアウト・セレクションとして、橋本徹さんが2015年に選曲した至福のコンピレイション『Good Mellows For Seaside Weekend


230705.jpg
ドビュッシーの曲名「夕べのしらべ」(Harmonie du soir)をテーマに、人気コンピ・シリーズ『Mellow Beats』のスペシャル・イシューとして登場した、沈む夕陽に美しく風景が染まる奇跡の瞬間のような、ドラマティックでロマンティックな心に迫る名曲が連なり、スピリチュアルでメディテイティヴな音の桃源郷へと誘われる、橋本徹さんが2010年に選曲した珠玉のコンピレイション『Chill-Out Mellow Beats ~ Harmonie du soir


230702.jpg
夏に心地よい納涼ラヴァーズ・ロックをテーマに、洗練されたメロウネスとクールなダブ音響で誉れ高いイギリスの名プロデューサー/エンジニア、マッド・プロフェッサーが主宰するアリワ・レーベルの珠玉の名作群から、"サバービア・サウンド・システム"の名のもとに橋本徹さんが絶品カヴァー選として1995年に選曲した伝説の名コンピレイション『Be Sweet ~ Fresh Cover Of Ariwa』。


230701.jpg
夏に心地よい納涼ラヴァーズ・ロックをテーマに、洗練されたメロウネスとクールなダブ音響で誉れ高いイギリスの名プロデューサー/エンジニア、マッド・プロフェッサーが主宰するアリワ・レーベルの珠玉の名作群から、"サバービア・サウンド・システム"の名のもとに橋本徹さんがオリジナルの銘品中心に1995年に選曲した伝説の名コンピレイション『Be Lovery ~ Clean Original Of Ariwa』。


─────────────────────────
橋本徹 (SUBURBIA)

編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。
サバービア・ファクトリー主宰。
渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。
『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』『音楽のある風景』『Good Mellows』シリーズなど、選曲を手がけたコンピCDは350枚を越える。
USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作。
著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。

http://apres-midi.biz
http://music.usen.com/channel/d03/

facebook twitter line

WOMEN

MEN

KIDS

ALL

カテゴリーから探す

取り扱いブランド

店舗検索

ブランド紹介

コンテンツ