人気の『7daysラウンドストレッチショートブーツ』開発ストーリー

WOMEN / Fashion

2023.10.11 

吉澤

吉澤

シューズデザイナーをしています。
もっぱらインドア派なので
家の中はいつもグリーンやお花で癒し空間にしています。
イギリスの女優Tilda Swintonのようなアンドロジナスな仕上がりが好きです。

皆様、こんにちは。
ようやく秋らしい気候になって参りました。

天候不順が続く昨今ですが、グリーンレーベル リラクシング(以下、GLR)では
雨の日もハレの日も、安心してお過ごしいただけるよう
この秋から晴雨兼用シューズなどの機能性シューズの展開も少しずつ増やしていきます。

今日ご紹介するショートブーツ もその中の代表的な1つです。

3600023Y0192_x1_a023.jpg
7days ラウンド ストレッチ ショートブーツ(5cmヒール)-晴雨兼用-
36311992245 詳細を見る ¥13,200

<1>木型づくりのこだわりからデザイン開発まで

作り始める時に一番こだわるのが、
足入れ(履き心地)に直結する『木型づくり』。
オリジナル開発ではまず、社会潮流の変化を読み取って木型をデザイン化します。

例えば、スニーカーに慣れてしまった足には
この靴はイマドキの履き心地だろうか?

足あたりに関わる裏材や芯材、スポンジの圧は
今のままでいいのか?など・・・
どういう靴をどんな視点で作るのかが大事なコンセプトになります。

それをもとに毎シーズン約8~9個の木型とヒール型を足入れ(履き心地)重視で開発しています。

0259_003.jpg
洋服と違って、フィッティング調整が難しい靴ですが、
お一人でも多くの方に「履きやすい!」
といっていただけるようにと拘った木型開発からスタートできるのは
GLRオリジナルシューズの優位性の一つといえます。

1010-1.jpg
木型設計依頼して最初に上がってくる木型。
試し履きをしたのち、より足入れがしやすいよう木型にボリュームをつけていきます。

1010-2.jpg
ヒールの設計からオリジナル制作をします。
今回は細部まで曲線を意識したフォルムに仕立てました。

木型やヒールの設計にトレンド感を取り入れつつ、
並行して色や素材を組み立てていきます。
約9か月の月日をかけてフィッティングとパターン修正を繰り返して完成させます。

1010-4.jpg
ファスナーの引き手もラウンドトゥにあわせて優しい型にデザインしました。

靴のパターン修正はシルエット作りとフィット感との
絶妙な緩みのバランスを決める大事なポイントで、ミリ単位の指定をしていきます。
ウェアに比べると個人差がある靴のフィッティングは原産国の中国工場のご協力も含め、
工業との窓口にもなっている、社内の生産管理担当者の力の見せどころです

<2>付加価値を追求する

昨年の秋あたりから物価も上昇して、ものづくりにも影響が出ていますが、
価格が上がるのであれば、その分の履き心地や機能性も一緒に良くしたく、
生産管理の峯岸さんにお話を持ち掛けました。


今回はその中でもスタイリングを選ばず、
しかも履き心地にとことんこだわった
7daysストレッチショートブーツの開発に一緒に携わった
峯岸さんと一緒に、機能面や靴そのものの開発背景とお手入れ方法をご紹介します

吉澤:今回は毎日履きたくなるショートブーツ開発について
   機能面やお手入れについて語っていただきたくて。
   昨年店頭スタッフから、「ヒールブーツには履きやすくなるカップインソールを入れてほしい!」と
   お客様のお声をフィードバックいただきましたよね。

峯岸:そうですね。履き心地にご満足いただければ
   次の一足を手に取っていただけるきっかけにもなりますし。
   店舗スタッフからの声=お客様のお声。気づきをもらうことが多いです。

   でもやっぱり履き心地+晴雨兼用機能になるとブーツ自体のお値段も上がってしまいます。
   どこまで具現化できるか手探りではありましたがせっかくなら中途半端は嫌ですしね。

吉澤:その上、リサイクル材も取り入れて環境配慮できないかな、、、、と
   私からお願いをして結果的にカップインソールの一部にはリサイクル材が採用されました!
   さらに履き心地のポイントとしてストレッチ素材の筒部分はソフトにし、
   長く履いても痛くなりづらいようにしましたよね。

1010-5.jpg
峯岸:合成皮革の裏に貼る適度な柔らかさと
   理想の伸縮性を決める副資材は何度も繰り返しテストしたり
   ストレッチは縫製も非常に難しいので工場様とのやりとりには苦慮しましたが、
   合成皮革で価格を押さえながらもこうやって手間を惜しまず履き心地や仕上がりの美しさに拘っています。

吉澤:そうですよね。レザーシューズとはまた違った難しさがありますね。

1010-7.jpg

硬度の違う素材を組み合わせたカップインソールの設計を起こしてから
最初の見本サンプルが上がってきます。

1006-6.jpg
足あたりはスポンジでふかふかにしつつ、内踏まずにはしっかりサポートしてくれる素材を配置しました。

<3>カップインソールのお手入れ方法について

吉澤:峯岸さん、最後にカップインソールのお手入れ方法を教えてください。
   手洗いでしたよね?

峯岸:はい、ぬるま湯に中性洗剤を適量入れて軽く押し洗いしてください。
   干すときはねじらないようにして軽くタオルで吸水し、陰干ししてください。

吉澤:清潔に長く履いていただけるように洗える中敷きにして、
   かつ飽きの来ない新鮮なデザインィ仕上げることができました。
   晴雨兼用の防水シートも使われているので、
   天候気にせず本当に毎日履きたくなりますね。(完全防水ではありません)

1010-6.jpg

このように日々、トレンドスタイリングをより心地よく
取り入れていただけるよう開発に取り組んでいます。

1010-8.jpg

新しく進化した今シーズンの
7daysラウンドストレッチショートブーツお試しいただけたら幸いです。

次回は冬のレジャーシーズンにピッタリの
ウィンターウォ―ムシューズをご紹介します。

どうぞお楽しみに!

     

facebook twitter line

紹介している商品

WOMEN

MEN

KIDS

ALL

カテゴリーから探す

取り扱いブランド

店舗検索

ブランド紹介

コンテンツ