更新する「最高」

新潟店

MEN / Store Blog

2023.07.24 

相崎

相崎

セールスパーソン
「洋服・新潟・自分の気分」を相崎独自の視点で表現していきます。日記的BLOGです。

「フェイク」と聞くとあまり良いイメージを持たない方も多いはずだ。

それもそのはず。

例えば「フェイクレザー」。

僕も20代に見ていた「フェイクレザー」は明らかに「フェイク」と認識出来るレベルであった。

「リアル」に寄せた感は否めなかった。その寄せ具合に「違和感」を感じ、
「リアルレザー」とは似て非なるものであり、妙な「劣等感」的なモノを勝手に感じていた。

ちなみにこれが「リアルレザー」。
IMG_2818.JPG
それが、昨今。変わってきた。ここからが「進化したフェイクレザー」。
IMG_2799.JPG
「マイクロファイバー素材」を使ったバック達。

まるで「リアル」のような質感であるが、「フェイク」

企画者の長年にわたる「リアルレザー見えするフェイク」を使用し
無駄を削ぎ落し、シンプルに表現したいと作り上げたもの。

IMG_2802.JPG
このシボ感。色合い。触り心地。そして「そのモノ」自体が放つ「雰囲気」

企画者いわく、数年に渡り表現する中で、素材自体のクオリティーをベースに
縫製の技術の向上もあいまって「イメージに近くなってきた」との話。

この「イメージ」を表現する為の「技術的革新」

今出来る最高の仕上がりを毎年、毎年繰り返す中で辿り着く表現。

ラニングも注目だ。どうしても色移りなどの兼ね合いで使用したい色等に多少の制限があったが、
昨今はその点もイメージにより寄ってきた。
IMG_2800.JPG
◆バック UNITED ARROWS Mサイズ  ¥18,700 1332-699-7087 詳細を見る
◆バック UNITED ARROWS Sサイズ  ¥15,400 1332-699-7086 詳細を見る
*撮影はしておりませんが、更に大きいサイズもございます。
IMG_2805.JPG
「企画者」の頭の中を表現する上で「現時点での最高」

去年よりも今年。今年よりも来年。挑戦はきっと終わらない。
IMG_E2814.JPG

この話は「天然素材」と「合成繊維」全く同じ概念。どちらがよいという話ではなく、
それぞれによいというお話です。

ひとつ、お伝えしないといけないことがあります。

ちなみに、バックを持っている彼は「企画者」ではなく、「BEAUTY&YOUTH新潟店の小林君です」。

facebook twitter line

紹介している商品

WOMEN

MEN

ALL

カテゴリーから探す

取り扱いブランド

店舗検索

ブランド紹介

コンテンツ