Get trends as soon as possible.

Get trends as soon as possible.

今シーズンのマストアイテムはこれ!
スタイリストが提案する「予約会」アイテムおすすめコーデ。

店頭には春夏アイテムが並びはじめ、すっかり新しい季節の気配。
でも実際はまだ肌寒く、いざ買おうと思ったときには売り切れ…そんな経験はありませんか?
それなら「予約会」で確実にゲットするのがおすすめ。
今回はスタイリストの仲子菜穂さん、亀井智さんに、
予約会アイテムで今季のトレンドや使い勝手を踏まえた
おすすめコーディネートを紹介いただきました。
プロの本気の提案は、聞いておいて損なし!

Photo_Kazumasa Takeuchi(STUH)

stylist Nakako’s select

今シーズンの主力ワードローブに。

「春夏シーズンはやっぱり色物で気分をあげていきたい! そう思ってこのワンピースを選びました。春夏の空に映える今年らしい鮮やかなブルーが爽やかさを、マキシ丈で大人の可愛らしさを演出してくれる、まさに一石二鳥なアイテム。このワンピースには、小さい面積でカラーアイテムを差すのがおすすめです。特にシルバーアイテムは持つだけで着こなしが華やぐので、春夏ファッションの差し色にぴったり。マチやサイズ感がちょうどよいバッグは、街にも海にも持っていきたい。厚底のサンダルは、ラバーソールで歩きやすくペディキュアでも色々遊べそうで、この先のレジャーが楽しみになる1足」

※納期によっては通常販売に切り替わっているアイテムがある場合がございます。予めご了承ください。

ワンピース〈UNITED ARROWS〉¥21,600 バッグ〈green label relaxing〉¥5,292 サンダル〈Maypol〉¥17,820 ワンピース〈UNITED ARROWS〉¥21,600
バッグ〈green label relaxing〉¥5,292 サンダル〈Maypol〉¥17,820

着回しのきくブラウスと夏小物。

「さまざまな着こなしに合うきれいめのブラウスは、1着持っておくことをおすすめします。昨年に続き今年も大注目のスクエアネックで、鎖骨をきれいに見せてくれるのも嬉しいポイント。ブラウンのストライプが柔らかい印象なので、私ならパンツでかっこよく着こなしたいですね。さらに、そこに合わせるシューズとバッグにもこだわりたいところ。このブラウスに合わせるならシューズはカラフルなものが良いですね。そして、バッグはブラウスと揃えてブラウン系をチョイス。PVCで透け感があるから、カラー小物だけど他のアイテムの邪魔をしない優秀なバッグです。涼しげですし、この夏本当におすすめしたい1点です」

ブラウス〈green label relaxing〉¥8,532 パンプス〈Odette e Odile〉¥16,200 バッグ〈LUDLOW for UNITED ARROWS〉¥19,440 ブラウス〈green label relaxing〉¥8,532
パンプス〈Odette e Odile〉¥16,200 バッグ〈LUDLOW for UNITED ARROWS〉¥19,440

stylist Kamei’s select

シューズ×パンツ×ソックスの良い関係性。

「昨年はダッドシューズのはき心地があまりにも良すぎて、そればかりをはいていました(笑)。そんな時に見つけたのが、このデッキシューズ。黒のシボ革だからドレスシューズのような色気をまとっていて、すぐに心を奪われましたね。ラバーソールではき口も広いからスニーカー慣れした僕の足にも合いそうです。このシューズにおすすめなのが黒のテーパードパンツ。裾からソックスをのぞかせて、マリンなイメージのあるデッキシューズをあえて都会的な雰囲気ではきこなしたいです。また、デッキシューズはショーツとの相性も抜群。シンプルなリブソックスをあわせれば、カラフルなショーツでも自然にはきこなすことができますよ! おすすめは遊び心のあるイエロー系です」

デッキシューズ〈Paraboot for UNITED ARROWS〉¥34,560 パンツ〈UNITED ARROWS〉¥15,120 ショーツ〈Champion × green label relaxing〉¥7,452 デッキシューズ〈Paraboot for UNITED ARROWS〉¥34,560
パンツ〈UNITED ARROWS〉¥15,120 ショーツ〈Champion × green label relaxing〉¥7,452

シャツを活かす大人の着こなしを。

「60年代の古着を彷彿とさせる雰囲気のシャツに一目惚れしました。襟元はイタリアンカラーで、さらにベースがキューバシャツというところが不良っぽくて、なんとも僕好み。このシャツをスーツと合わせてみるのも面白いと思います。仕事柄着る機会が少ないし、着てみたいけどタイドアップまでするのも少し気恥ずかしいスーツも、このシャツとなら自分らしくカジュアルダウンして着こなせそうです。また、今年はリゾートっぽい着こなしも気になるところ。シャツと同系色のベージュのショーツを合わせて、海に泳ぎに行くのではなく、ビーチにカクテルを飲みにいくくらいの『大人の色気を感じる』ニュアンスで着こなしたいですね」

シャツ〈BRACTMENT〉¥14,040 スーツ〈UNITED ARROWS〉¥84,240 ショーツ〈GRAMICCI × green label relaxing〉¥8,424 シャツ〈BRACTMENT〉¥14,040
スーツ〈UNITED ARROWS〉¥84,240 ショーツ〈GRAMICCI × green label relaxing〉¥8,424