#1 クリス-ウェブ佳子 #2 丸山 智己

いよいよ、ワクワクと心踊るホリデーシーズンの到来!
華やかに彩られた街の雰囲気に胸をときめかせながらギフトを選ぶ時間も、この季節の醍醐味のひとつ。
一回目の今回は、モデル・コラムニストのクリス-ウェブ佳子さんにご登場いただき、
パートナーや家族、仲良しの友人へ贈りたい、とっておきのホリデーギフトをご紹介。
大切な人たちと気持ちをシェアするような、あたたかな気持ちが込められたラインナップは必見です!

Photo_Wataru Kakuta
Styling_Yutaka Asakura
Hair & Make-Up_YUMBOU(ilumini)

クリス-ウェブ佳子

2011年より、雑誌『VERY』で専属モデルを務めるほか、コラムニスト、ラジオDJなど、マルチな才能を生かし、幅広い分野で活動中。インスタグラムでのセンスあふれるライフスタイルも注目を集めている。

クリス-ウェブ佳子さんが語る、
クリスマスへの想いとその過ごし方。

―もうすぐホリデーシーズンの到来ですが、クリスマスといえば何を思い浮かべますか?

クリスマスが近づいてくると、街の雰囲気がぐっと華やかに変わってワクワクします!仕事で訪れることの多いパリのホリデーシーズンは特に格別です。街中がイルミネーションでキラキラと輝き、チュイルリー公園にはクリスマススタンドと移動遊園地が設置されるんです。12月は娘たちや親族、公私ともに多くの時間を過ごした友人へのプレゼントを買いに、クリスマスショッピングに奔走します。そんな師走の幸せな忙しさが好きです。

お店に入ったときから目をつけていたという
手触り抜群の〈JOHNSTONS〉のグローブ。
コーディネートのポイントとして活躍してくれそう。

―今回は、「ユナイテッドアローズ 青山ウィメンズストア」と「ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング 自由が丘店」の2つの店舗を巡ってホリデーギフトを選んでいただきましたが、ギフトを選ぶときのこだわりはありますか?

ギフト選びは、 “何を贈ると喜んでくれるかな”と相手の笑顔を思い浮かべることから始まります。今どんなことに夢中なんだろう?とか、思い入れはなんだろう?とか、実は贈る相手のことは普段からよく観察しています(笑)。そして私自身が素直に“好き” と思えるアイテムを選ぶようにもしています。

男性へのギフトに喜ばれるネクタイは、
自分では選ばないような色柄のものを選ぶと意外と
喜ばれるのだそう。

―自分が好きなものを選ぶようにされているのはどうしてですか?

ギフトって相手に喜んでもらえることが一番大切ですが、選んでいるときの自分の気持ちも込められていると思うので、ショッピングをしているときに自分が素直に“素敵!”と思ったモノ。なおかつ、相手が喜んでくれそうなものを見つけた瞬間は、達成感のようなものを感じます。それからギフトには必ず、この一年間の感謝を込めた手紙を添えます。部屋でお気に入りのクリスマスソングをかけながら、手紙を書き、ひとつひとつ丁寧にラッピングをする時間がすごく幸せです。大好きな人たちがギフトを受け取った瞬間の表情を思い浮かべながら、今年もギフト選びを楽しみたいです。

SELECT GIFT
by Yoshiko Kris-Webb

クリス-ウェブ佳子さんが
贈る相手の顔を思い浮かべながらセレクトした、
ホリデーギフト8アイテムをチェック!

01_Convenience Item

気軽に贈りたいプチギフト。

〈Kinloch〉のバンダナ

何枚持っていても困らないハンカチは、友人へのギフトにぴったり。「ハンカチを持ち歩くのは日本人ならではのたしなみだそう。ちょっぴりユーモアを効かせたオイスター柄とチーズ柄のセットで贈れば、“おいしい”たしなみを楽しめそう!」

〈Capricorn Mohair Socks〉の
モヘアソックス

英国発のソックスメーカー〈Capricorn Mohair Socks〉のソックス。「足首部分のリブの締め付けが少なく、はき心地抜群のソックスは、ポリシーがある男性へのギフトにぴったりの一品。ふわふわのモヘアソックスで身も心もあたたかく…」

02_Authentic Item

老舗ブランドのスタンダードギフト。

〈JOHNSTONS〉のカシミヤグローブ

上品な風合いのグローブは手首を伸ばしても折り返しても使える。「肌触り抜群のカシミヤグローブは、自分では選ばないようなライトブルーやダークブラウンのような差し色になるキレイ色を贈りたい。老舗ブランドのアイテムは長く愛用してもらえるのも嬉しい。」

〈Brady〉のチェック柄トートバッグ

100年以上の歴史を持つ、英国発のバッグブランドのトートバッグ。「ユニセックスなチェック柄バッグは、オーセンティックなデザインなので使う人を選ばないのも魅力。ぜひパートナーや家族と一緒にシェアしたりしながら、長く愛用してほしいです」

トートバッグ 〈Brady〉 ¥26,800+TAX

店舗へお問い合わせの際は、UNITED ARROWS green label relaxing 自由が丘店まで以下の品番をお申し付けください。 [3232-499-1086-67]

03_Timeless Item

流行にとらわれない、長年愛せる逸品。

〈De Jaegher〉のピンキーリング

華奢なデザインながら、つけるだけでアクセントになるピンキーリング。「“今ある幸せを逃さないように…”という想いを込めて、左手の小指につける運気留めのピンキーリングをチョイス。大切な友人の幸せを願いながら贈りたい、とっておきのギフト」

リング 〈De Jaegher〉 ¥105,000+TAX

店舗へお問い合わせの際はUNTED ARROWS 青山 ウィメンズストアまで以下の品番をお申し付けください。 [1733-343-0440-07]

〈JELLYCAT〉のうさぎのぬいぐるみ

ロンドンのソフトトイメーカーのぬいぐるみは、やさしい色使いが魅力。「二人の娘たちも小さな頃から一緒にいるうさぎのぬいぐるみは、やわらかな肌触りが最高! うさぎのほかに、くまやサル、ライオンなど、いろいろな仲間が揃います。出産を控えた友人へのギフトに…」

04_Nerd Item

贈る相手別に選ぶ、こだわりギフト。

〈ASAUCE MELER〉のストール

エディター・大谷繭子氏が手がけるストールブランド。「軽くてあたたかいカシミヤのニットストールは、大好きな祖母へのギフトに。たたんでスーツケースに入れてもつぶれないので、旅のお供にもぴったり! UA限定のライラックカラーをチョイス」

〈UNDERCONTROL〉のスウェードキャップ

ユニセックスで使える、大人のためのキャップ。「お洒落をするのが大好きな友人には、スウェード素材のキャップをピックアップ。ドレスやスーツを程よくカジュアルアップさせてくれる小物は、その人ならではの使い方を楽しんでもらえるのが◎」

3 things for Xmas

クリス-ウェブ佳子さんに聞いた、
クリスマスにまつわる3つのあれこれ。

01 Movie
34丁目の奇跡

「ジョン・ヒューズ監督によるリメイク映画『34丁目の奇跡』。“サンタクロースを信じる“という、子どもも大人も関係なく、「夢」を持つことの素晴らしさを教えてくれる作品」

02 Paris
パリの街

「大人になってから仕事で行くことの多いパリ。特にクリスマス気分で帰国できる11月半ば以降のパリが好き。イルミネーションが輝く街で過ごしていると仕事中ながらも心が踊ります」

03 Shopping
クリスマスショッピング

「家族を持ってからというもの、自分も含め娘たちや親族、友人たちへのギフト選びはクリスマスの一大イベント。紙袋を両手に抱えて街を駆けまわる時間も、大切な思い出です」