#1 クリス-ウェブ佳子 #2 丸山 智己

街のあちらこちらでイルミネーションが輝き、クリスマスソングが流れるホリデーシーズン。
いつもより華やかに彩られた街の雰囲気に道行く人々の胸も踊るよう。
第2回目となる今回は、俳優の丸山 智己さんにご登場いただき、
家族やお世話になった方々、親しい友人へ贈りたいホリデーギフトをご紹介。
贈る相手の顔を思い浮かべながらじっくりと心を込めて選んだ、とっておきのギフトをご覧ください。

Photo_Kousuke Matsuki
Styling_Daisuke Araki
Hair & Make-Up_Taro Yoshida

丸山 智己

映画、ドラマを中心に俳優として幅広く活躍。現在、MBS/TBS系ドラマイズム『左ききのエレン』に柳 一役で出演中。また、2020年1月3日(金)から5日(日)には、新春3夜連続ドラマ『破天荒フェニックス』が放映予定。プライベートでは3児の父。

丸山 智己さんが語る、
クリスマスへの想いとその過ごし方。

―もうすぐホリデーシーズンの到来ですが、丸山さんがクリスマスと聞いて思い浮かべるエピソードはなんですか?

一番に思い出すのは、学生の頃のクリスマスですね。遠距離恋愛をしていた時期があったのですが、たしか公衆電話から連絡があって彼女が電車を逃してこちらに来られなくなってしまったと…。当時は携帯電話もなかったので、待ち合わせをするのも一苦労でしたね。そのあと、4時間くらい車を飛ばして彼女を迎えに行った思い出があります。ハプニング的な話で、全然甘いエピソードではないですが(笑)。

女性へのギフトは、相手の好みを考えながら入念にセレクト。
「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング マークシティ店」
は、手軽に贈ることができるオリジナルのアクセサリーも豊富に揃う。
アウトドア好きの丸山さんが、思わず手に取ったのは、
〈Teva〉のスリッポンシューズ。

―若い頃ならではの、胸がキュンとするエピソードですね!
では、子どもの頃と大人になってから、クリスマスのイメージになにか変化はありましたか?

イベントごとをあまりしない家庭で育ったので、子どもの頃はクリスマスに特に印象的な思い出はないのですが、家庭を持って子どもが生まれてからはクリスマスを意識するようになりましたね。自分が小学校低学年の頃には“サンタの正体は親父なんだ”と思っているような子どもだったので、自分の子どもたちにはもっと夢を持って欲しいなと(笑)。毎年12月になるとツリーを出して飾りつけをして、パーティをして、ケーキを食べて、と定番のクリスマスをやるようにしています。上の子ふたりはさすがにもうサンタは信じていないですが、8歳の息子は毎年サンタに欲しいものをお願いしています。サンタを信じて心待ちにするような時期はかなり貴重だと思うので、“いつまで信じていてくれるかな”と毎年ドキドキしながらクリスマスを迎えています。

定番品から最新モデルまで、豊富にスニーカーを揃える「ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店」。
試着スペースも広々としているので、ゆっくり落ち着いて選ぶことができる。

―今回は、「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店」と「ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店」の2つの店舗を巡ってホリデーギフトを選んでいただきましたが、ギフトを選ぶときのこだわりはありますか?

相手の好みを考えながら選ぶのはもちろんなのですが、自分があげたものだと思い出してもらえるような印象的なデザインやカラーをチョイスするのがこだわりですね。今回選んだ〈Whitehouse Cox〉のコインケースや〈UNITED ARROWS〉のコートなどのカラーアイテムは、ギフトにぴったりだなと思いました。ユナイテッドアローズさんの店舗には空き時間などによく立ち寄りますが、上質なアイテムが揃っていてギフト選びに最適ですね。素晴らしいアイテムがすでにセレクトされているわけですから(笑)。

―今年のクリスマスはどう過ごされるご予定ですか?

今年も、仕事が入らなければ家族と一緒に過ごす予定です。うちは子どもが3人いるので、それぞれのプレゼントの希望を聞いて用意するだけでも一苦労です(笑)。それも楽しい時間なんですけどね。今回の企画で妻へもギフトをセレクトしましたし、今年はなにかサプライズでプレゼントをしてみようかな。

ずっと気になっていたという〈DESCENTE ALLTERRAIN〉 のダウンジャケット。
早速試着してみると、その着心地の良さとあたたかさに思わず笑顔がこぼれる。
クリスマスの装飾が施された「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング マークシティ店」の店頭。
ギフトショッピングのワクワク感を盛り上げてくれる。

SELECT GIFT
by Tomomi Maruyama

丸山 智己さんが
贈る相手の顔を思い浮かべながらセレクトした、
ホリデーギフト8アイテムをチェック!

01_Convenience Item

気軽に贈りたいプチギフト。

〈green label relaxing〉のピアス

顔まわりにアクセントをプラスしてくれる、カーブリングのピアス。「女性へのギフトの定番はアクセサリーかなと思いつつも、どんなものをあげたら喜んでくれるのか悩んでしまいますね。ゴールドのピアスなら、好みを選ばずつけてもらえると思って選びました」

〈MARIE-STELLA-MARIS〉の
ハンド&ボディローション

肌をやわらかく保つ、植物エキス配合。全身に使えて便利!「何種類かの香りの中から、一番好みだった爽やかなゼラニウムの香りをチョイスしました。やっぱり、女性には自分が心地いいなと思う香りをまとって欲しいなという男心はありますね(笑)」

02_Authentic Item

老舗ブランドのスタンダードギフト。

〈New Balance〉のシューズ

冬場に気軽に履けるウインターリラックスシューズ。「キャンプが趣味なので、アウトドアテイストの雑貨に惹かれがちです。ナイロン製で起毛素材のライニングで履き心地も良さそう。ワンマイルシューズとして、自分用のギフトにしようかな」

〈Whitehouse Cox〉のコインケース

英国の伝統的かつ希少なブライドルレザーを扱うブランド。6色のカラバリが揃うコインケースはギフトにぴったり。「スナップ釦を外すと一枚の生地になるデザインが◎。老舗ブランドのアイテムなら、流行り廃りなく、長く愛用してもらえそうですね」

03_Timeless Item

流行にとらわれない、長年愛せる逸品。

〈THE NORTH FACE〉のデイパック

高強度で高級感のあるコーデュラナイロン® を採用したデイパック。「ビジネスシーンでもプライベートでも活躍する機能性の高さと、オールブラックのシンプルなデザインでずっと愛用してもらえそう。〈THE NORTH FACE〉のアイテムは男心をくすぐりますね」

〈DESCENTE ALLTERRAIN〉の
ダウンジャケット

水沢ダウンのハイスペックモデル「マウンテニア」のハーフコートタイプ。「アウトドア仲間に贈りたい本格派のダウンジャケット。これを着て冬キャンプに行きたいです。軽くてあたたかいのはもちろん、無駄のないデザインもいいですね!」

04_Nerd Item

贈る相手別に選ぶ、こだわりギフト。

〈green label relaxing〉のマフラー

カシミヤ素材を使用したガンクラブチェック柄のマフラー。シンプルなコーディネートのアクセントに活躍してくれそう。「義理の父へのギフトに選びました。いつもギフトは妻に任せがちなのですが、たまには自分で選ぶのもいいものですね」

〈UNITED ARROWS〉のコート

Vネックのノーカラーデザインが女性らしいリバーコートは、ノーボタンなのでガウンのようにバサッと羽織れる。「コバルトブルーが大好きな妻へのギフトとしてセレクト。このコートを羽織るだけで一気に華やかな雰囲気になるのがいいですね!」

3 things for Xmas

丸山 智己さんに聞いた、
クリスマスにまつわる3つのあれこれ。

01 Christmas Chicken
クリスマスのチキン

「クリスマスをあまり派手に祝わない家庭だったので、飾りつけなどをした記憶はないですが、毎年必ず大きなチキンを用意してくれていました。子ども心にすごく嬉しかったのを覚えています」

02 Memories of Holiday Gift
中学生の頃の贈り物

「当時気になっていた女の子にプレゼントを買ったのですが、どうしても勇気が出なくて、直接ではなくその子の自転車のカゴにプレゼントを入れた、甘酸っぱい思い出があります(笑)」

03 Christmas with Family
家族とのクリスマス

「子どもの頃にクリスマスというものにあまり触れてこなかったので、家族を持ってからはツリーを飾った部屋でケーキを食べて、枕元にプレゼントを置く、というような定番のクリスマスをしています。」