佐藤栞里

1990年生まれ。『MORE』『mini』『sweet』など数々の女性誌でモデルとして活躍。『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』『王様のブランチ』や『ヒルナンデス!』といったTV番組のMC、レギュラー出演も多数。キュートな笑顔とハッピーなオーラが、老若男女から支持されている。

唐田えりか

1997年生まれ。2014年にスカウトされてデビュー。翌年にはCMに出演し話題に。主な出演作はドラマ『こえ恋』(’16)、『トドメの接吻』(’18)など。今年公開の映画『寝ても覚めても』でヒロインに抜擢されるなど、今最も注目の若手女優。雑誌『MORE』の専属モデルも務める。

─お二人は雑誌の撮影でよくご一緒されているそうですね。
佐藤栞里(以下、佐藤)はい。『MORE』の撮影で、たしか1年半くらい前に初めて一緒に撮影しました。からたん(唐田さん)は私よりも7歳年下なのですが、落ち着いていて大人っぽいのが印象的でした。
唐田えりか(以下、唐田)私、昔から雑誌を見る時はいつも栞里さんから見るくらい憧れの方で。初めてお会いできた時、本当に嬉かったんですよ。大好きな先輩の1人です。
佐藤:嬉しい! 私も同じくらいからたんのこと大好きだよ。いつも「天使だな〜」って思いながら接してる(笑)!
—相思相愛で素敵な関係ですね!
佐藤:忙しくてなかなか会えなくても、からたんが出ている映画や雑誌で活躍を見ると自分のことのように嬉しい気持ちになります。
唐田:ありがとうございます。そういえば、プライベートで焼き肉に行こうという話をしていて、実現できてないですね。
佐藤:そうだった! 『MORE』のメンバーでグループLINEまで作ったのに。このままだと行く行く詐欺になっちゃうから(笑)、近々絶対に行こうね!
─今回は「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店」で、お二人にクリスマスプレゼントを選んでいただきました。誰かへの贈り物はいつもどのように決めていらっしゃいますか?
唐田:ファッションアイテムだったら、その人に似合うかどうかをまず考えます。せっかくプレゼントするので、普段からよく使っていただけそうなものをセレクトするようにしています。
佐藤:私は贈る相手のInstagramやブログで好みを探ってみます。「あ、こういうのが好きなんだ」と分かったら、それを元にお店に行ってイメージを膨らませるんです。店内を見渡していても、今季はやっぱりカラーアイテムが豊富ですね。今年なら、相手が普段は着ていなさそうな色みのアイテムをプレゼントするのも良さそう!
─相手を思う気持ちが大きければ大きいほど、もらった方の喜びも大きくなりますよね。では逆に、いただいて嬉しかったプレゼントはなんですか?
佐藤:以前に『チェキ』をいただいたのですが、その場ですぐ写真を撮って、みんなにメッセージを書いてもらって。その時の思い出が、形として残ったのがとても嬉しかったです! 今も「あの方からいただいたな」と思いながら、大切に使っています。
唐田:すごく素敵なエピソードですね! 私は、よくお世話になっているメイクさん、スタイリストさん、マネージャーさんの3人から、誕生日にちょっといいリングをいただいたのが印象に残っています。一生物にできるジュエリーだったので、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
─日々お仕事でお忙しいかと思いますが、クリスマスは毎年お休みを取って過ごされているのでしょうか?
佐藤:むしろ毎年クリスマスが近づいてくると「24、25日はお仕事が入りますように」って願いながら過ごしていて、マネージャーさんにも「全然気にしないでくださいね!」と(笑)。でもそういう時に限ってお休みか、お仕事があっても18時くらいには終わって、これからがクリスマス本番っていう雰囲気で賑わう街の中をひとり帰っていくことが多い気がします。
唐田:あはははは。スタッフさんたちが気を使ってくださっているのかな(笑)? 私も栞里さんと同じく、お仕事が入ったらいいなと思っています。 実際に昨年のクリスマスもお仕事をしていました。
─お二人とも意外なお答えで驚きました(笑)。 では、理想のクリスマスの過ごし方は?
佐藤:それはもちろん、好きな人と過ごせたら素敵だなって思います。ベタに綺麗なイルミネーションを見に行って。寒いからくっついたり、手を繋いだりして!
唐田:いいですね! その後は、美味しいご飯を食べに行きたい。ほかほかのオニオングラタンスープがいいなあ。
佐藤:妄想が膨らむねぇ(笑)。仲良しの友達と過ごすなら、前に2,000円以内のプレゼント交換をしたんだけど、この歳になっての絶妙な金額設定でかなり盛り上がったからまたやりたいな。からたんなら2,000円で何を買う?
唐田:難しいですね。あ、たこ焼きプレートを買って、お釣りが出たらたこ焼き用の食材を買ってセットで渡したいな。その場でたこ焼きパーティーができて楽しそう!
SELECTED by Shiori Sato
  • for myself for myself

    〈COLDBRAKER〉のグローブ

    「冬コーデはモノトーンになりがちなので、手元に色を差したいです。くすんだ色みが程よいアクセントになりそう! パートナーへの贈り物でセレクトしたブルオーバーと同じボア素材で、さり気なくリンクさせました(笑)」 グローブ〈COLDBRAKER〉¥3,564

  • for Partner

    〈green label relaxing〉のプルオーバー

    「彼がいたら、こんなあたたかみのあるボア素材のプルオーバーを。下に厚手の白いTシャツを合わせて首元と裾から見せる、こなれたバランス感で着てもらいたいな。手ぶらで出掛けられるポケット付きもポイント!」 プルオーバー〈green label relaxing〉各¥7,452

  • for friends

    〈green label relaxing〉のワンピース

    「友達はベーシックカラーやカジュアルなものを好む子が多いので、くすみがかったおしゃれ色のワンピースもきっと似合うよ! という意味を込めて。贈り物なら、今まで着ていなかったような色もトライしてもらいやすそう」 ワンピース〈green label relaxing〉¥9,612

SELECTED by Erika Karata
  • for myself for myself

    〈green label relaxing〉のコート

    「色物のコートがずっと欲しいと思っていて、理想のものに出会えました! クリスマス感もある朱赤は、もともと好きな色なんです。中にタートルネックを合わせて、首元のレイヤードも楽しみたい」 コート〈green label relaxing〉¥29,160

  • for Partner

    〈JOHNSTONS〉のストール

    「2年付き合った彼という設定で(笑)、上質なカシミヤ100%をプレゼントしたいです。男性の赤ストールにぐっとくるので“巻いてほしい”と願いを込めつつ、裏地はネイビーのリバーシブル仕様なので使い分けられるのが◎」 ニット〈JOHNSTONS〉¥34,560

  • for family

    〈green label relaxing〉のニット

    「母にあげたい、柔らかなベージュのセーター。首周りがすっきり見える服を好んで着るので、Vネックをチョイスしました。毛足が長めの表面は、手触りと着心地の良さも抜群。長く着てもらいたいな!」 ニット〈green label relaxing〉¥11,880