START A NEW LIFE.

新しい服と新しい場所

新生活のスタートを控える3月に
まず手に入れるべきは、
様々なシーンで使えるセットアップ。
新しい服を着て新しい場所へ出かけて、
心身ともにフレッシュになろう。

01NAVY BLAZER
COMFORT JACKET

atNICK WHITE

家具 / 南青山

世界各国のデザイナーズヴィンテージから、クスッと笑ってしまうファニーな雑貨まで。「NICK WHITE」は、品とユーモアが同居するインテリアショップ。少し大きめのラペル設計でシックな雰囲気を漂わせながらも、抜け感のある着こなしにハマるブレザータイプのジャケットを羽織って足を運びたい。

Jacket

BEAUTY&YOUTH

¥23,000 +TAX

Shirt

BEAUTY&YOUTH

¥12,000 +TAX

Pants

BEAUTY&YOUTH

¥10,000 +TAX

KEY ITEM

NAVY BLAZER COMFORT
JACKET & PANTS

Jacket

BEAUTY&YOUTH

¥23,000 +TAX

Pants

BEAUTY&YOUTH

¥13,000 +TAX

背抜き仕様による軽快な仕立てと程よいフィット感が、その名の通り“コンフォート”な着心地を実現。さりげなく主張する金ボタンもポイント。

上:入って右手の壁には椅子がズラリ。特にイームズのシェルチェアのストックは圧巻!下:おもしろい商品が店内の至るところに。これはメジャーリーガーのプリントグラス。

インナーにはブルーのストライプシャツ、ボトムスとシューズはホワイトで統一することで、ブレザーのキャラクターを活かす知的でクリーンなスタイルに。

  • PREV
  • NEXT

INFORMATION

INFORMATION

NICK WHITE

2019年5月オープン。
著名デザイナーのヴィンテージ家具に加え、
食器やZINE、ファブリックオブジェといった
ユニークな雑貨も揃う。

住所:東京都港区南青山6-3-14-203
電話番号:03-3407-3110
営業時間:12:00~19:00(不定休)
https://nickwhite.tokyo/

02TORAY DRY
POLYESTER JACKET

atThink Lab 汐留

ソロワーキングスペース / 汐留

働き方も働くときの服装も、ステレオタイプに捉われないのが現代のスタイル。働く場所が多様化する現代にフィットした「シンク・ラボ 汐留」は、独立した空間が集中力を研ぎ澄まし、仕事の効率を最大限に上げてくれる。そんなカジュアルなビジネススペースなら、ライトネイビーベースのチェック柄セットアップもすんなり馴染む。

Jacket

BEAUTY&YOUTH

¥18,000 +TAX

T-shirt

BEAUTY&YOUTH

¥3,500 +TAX

Vest

BEAUTY&YOUTH

¥8,000 +TAX

Pants

BEAUTY&YOUTH

¥12,000 +TAX

Bag

Aer×BEAUTY&YOUTH

¥28,000 +TAX

KEY ITEM

TORAY DRY POLYESTER
JACKET & PANTS

Jacket

BEAUTY&YOUTH

¥18,000 +TAX

Pants

BEAUTY&YOUTH

¥12,000 +TAX

目的や用途に合わせてバックパック、ショルダーバッグ、ブリーフケースに変形できる3Wayバッグ。コーデュラバリスティックナイロンを使っているので、耐久性も抜群。

上:個々の集中パターンに合わせて専用スペースを設置。 下:作業は主にパーソナルスペースで。導線からスペースサイズ、五感への働きかけまで、すべてが計算されている。

チェック柄ながら、コンパクトなシルエットのおかげでシャープな印象。一部に植物由来からなるポリエステル繊維を使用した、東レのオリジナルファブリックを使用している。

  • PREV
  • NEXT

INFORMATION

INFORMATION

Think Lab 汐留

2020年2月オープン。“オフィス+α”の存在として、オフィス街の近くに立地する「シンク・ラボ」の新店舗。最短15分の時間単位から月単位まで、それぞれの使い方に合わせて料金体系が用意されている。

住所:東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留B1F
営業時間:7:00~23:00
https://thinklab.jins.com/shiodome/

03RAINDROP
POLYESTER JACKET

at築地 すし Omakase

鮨 / 築地

ちゃんとしたお店でお寿司を食べようとすると、2、3万円は覚悟が必要…。でも、「築地 すし Omakase」なら、本格的な江戸前寿司が8000円~というリーズナブルなプライスで味わえる。とはいえ店構えは本格派。適度なボックスシルエットのベージュのセットアップくらいが、ドレッシーすぎずカジュアルすぎずちょうどいい。

Jacket

BEAUTY&YOUTH

¥17,000 +TAX

Shirt

BEAUTY&YOUTH

¥10,000 +TAX

Pants

BEAUTY&YOUTH

¥11,000 +TAX

Shoes

BEAUTY&YOUTH

¥27,000 +TAX

KEY ITEM

RAINDROP POLYESTER
JACKET & PANTS

Jacket

BEAUTY&YOUTH

¥17,000 +TAX

Pants

BEAUTY&YOUTH

¥11,000 +TAX

今シーズン登場したフレンチカーフコレクション。アッパーにはフランスのDUPUY社のボックスカーフを使用し、木型からオリジナルで設計したこわだりの一足。

上:目の前で大将が1カンずつ握るのは、自慢の熟成寿司。下:インナーは、セットアップのベージュの色味にマッチするバンドカラーのストライプシャツを。

伸縮性のあるポリエステル生地を使用。特にパンツは、後ろのみゴムシャーリング仕様となっているので、窮屈な思いをしなくて済むのがうれしいポイント。

  • PREV
  • NEXT

INFORMATION

INFORMATION

築地 すし Omakase

東京すしアカデミーで実に2000人の寿司職人を育成した東ケンシロウ氏が、2020年2月にオープン。メニューはおまかせのみだが、築地でにぎり13種、つまみ9種のボリュームを8000円~で楽しめるのはうれしい限り。

住所:東京都中央区築地6-24-8
電話番号:03-6260-6416
営業時間:16:00~23:00(要前日予約)
https://tsukijisushiomakase.com/

04TORAY DRY
PIQUE JACKET

atBLOODY ANGLE
DOUGEN TONG

ミュージックバー / 渋谷

“ネオ喫茶/レコード・バー”をコンセプトにした「BLOODY ANGLE DOUGEN TONG」。昭和の純喫茶を彷彿とさせる雰囲気が漂いつつも、ネオンに照らされたどこか怪しげな空間には、シャープなラインが際立つブラックのセットアップがよく似合う。インナーにはTシャツを合わせて、ラフな装いに。

Jacket

BEAUTY&YOUTH

¥19,000 +TAX

T-shirt

south for F×H BEAUTY&YOUTH

¥9,000 +TAX

Pants

BEAUTY&YOUTH

¥12,500 +TAX

Shoes

BEAUTY&YOUTH

¥12,000 +TAX

KEY ITEM

TORAY DRY PIQUE
JACKET & PANTS

Jacket

BEAUTY&YOUTH

¥19,000 +TAX

Pants

BEAUTY&YOUTH

¥12,500 +TAX

店内では、バイヤーが独自の視点で掘り下げたソウル、ファンク、ジャズからジャパニーズグルーブまで、幅広いセレクションのレコードを購入可能。

上:ジャケットは前身頃の見返しを裏地に変更し、生地にはストレッチ素材を使用しているため、着心地も快適。下:カフェメニューの定番、ホットサンド。¥800+TAX

見た目はシボ革を使ったビットローファー、履き心地はスニーカーというハイブリッドなシューズ。オンオフ問わず使える高い汎用性が魅力。

  • PREV
  • NEXT

INFORMATION

INFORMATION

BLOODY ANGLE DOUGEN TONG

渋谷のレコード・バー「BLOODY ANGLE」の2号店として2020年2月にオープン。午前11時から午後8時までのカフェタイムは珈琲とホットサンドやナポリタンといった喫茶フードを、20時から3時まではレコード・バーとして営業する。

住所:東京都渋谷区道玄坂2-15-1 ノア道玄坂ビル B1F
電話番号:03-6712-7717
営業時間:午前11:00~午前3:00(カフェタイム:11:00~20:00、バータイム:20:00~3:00)
Instagram

OTHER LINE UP

TORAY

ファブリックの一部に
植物由来原料からなるポリエステル繊維を使用した
東レのオリジナルファブリックを採用。

COMFORT

セットアップとしての役割は満たしながらも、
適度に漂うリラックスムード。
トレンドのアイテムとも相性抜群。

MODEL_ HISAKI HAYASHI (tOMMOROW toKYO)
Photo_ KENGO SHIMIZU
Styling_ DAISUKE ARAKI
Hair Make_ AMANO
Edit_ Kenichiro Tatewaki