シテンの視点 #12

シテンの視点 MEN WOMEN

2022.01.06

シテンの視点・#12「LCA

文:シテン クリエィテイブ・アドバイザー 百々 徹

今年、自分の中で気になる視点のテーマのキーワードはLCA:ライフサイクルアセスメントです。
「ライフサイクルアセスメント(LCA:Life Cycle Assessment)」とは、
商品やサービスを調達‧提供するまでの過程から、廃棄やリサイクルに至るまでの一連のライフサイクルにおける環境負荷を算出する手法のことを指します。具体的には、各段階における資源やエネルギーの使用量、排出量などを定量的に分析したあと、それらの環境や枯渇資源への影響を測り、最終的には環境改善に向けたメソッドを考案することをゴールとしています。



説明すればキリがありませんので、これ以上の内容はいずれまたにしますが。
ここで重要ことは。
これがモノづくり、モノ売りの起点になってしまっています。すでに、私は全てはこの思想に向かうと思っています、最近。特に欧州は、それは思想の東西を問いません。すでに若い世代に共通した認識になりつつあります。 その人たちがモノを選択する時の尺度と申しますか。
23歳以下なら誰でも参加可能なイベント「23サミット」というものがありまして、私はその存在に注目しています。内容は驚愕でした、Z世代が考える未来とは?という行動に対して、存外、その人たちが積極的に参加し、ワークショップなどで、L C Aの数値出しの遊びをしていたりするのです。これには驚き、ちゃんと考える人たちの行動が一つの方向に向かっていて、それがモノを選ぶ時の基準になってきていて、それがやがてうねりになり得るなぁって、ふと知ってしまったからです。

人口比で頭でっかちな世代のわたしの世代が、知らない、あるいは次の世代のこととして無関心では、せっかくのその世代たちの取り組みも拡がらないようにも思えて、人口比ででっかい世代の役割はまだまだこれからで、その世代たちの行動を支援していかなれば、何も変わらんなぁと思っている最近です。

PHOTO & DESIGN: TORU DODO


ものには色んな視点、諸説があると思います。多様な角度からの視点で見ていますことをお含みおきくださいませ。

およそ2週に一度のペースでコラムを担当させていただいています。




【百々 徹】
2000年から2020年の約20年間グリーンレーベルリラクシングのクリエイティブディレクターをつとめる。
今はその知見を活かした様々なアドバイスをしています。

参考:環境省 ライフサイクルアセスメントとは

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google
CITEN
Instagram
YoouTube