街にも履けるサンダル

オフィススタッフ MENS CASUAL

2020.07.15

いよいよ夏、という事でサンダルをお探しのお声を聞くシーンが増えてまいりました。

子供の頃のイメージだと「サンダル=ビーチサンダル」でしたが、
今やデザインも機能も様々、そして履き心地が良いものが登場しております。

今回はそんなサンダルをタイプ別にご紹介いたします。

■ビーチサンダル

サンダル 3231-499-1903 詳細はこちら
鼻緒が特徴のいわゆるビーチサンダル。

「ビーチサンダルを街で履く分にはカジュアル過ぎ?」というお声もあるかもしれませんが、レザーで仕上げたサンダルならばカラーリングも相まってシックな表情に。
上下セットアップや同色系コーディネートで合わせれば、大人らしいサンダルスタイルに仕上がります。


HOKA ONE ONE(左) 3231-499-1727 詳細はこちら

KEEN(右) 3231-499-1897
ゴム底タイプも、かなり厚みのあるHOKA ONE ONEやKEENをチョイスすれば、極上の履き心地を得られます。
街で履くならばカラーはシックな色をチョイスするのがオススメです。

■シャワーサンダル

HOKA ONE ONE(左) 3231-499-1876 詳細はこちら
NIKE(右) 3231-499-1630 詳細はこちら
甲で引っ掛けて履くタイプのゴム製サンダル。

底が厚めでクッションの効いたモデルをご用意しているので、履き心地も抜群。
簡単に脱ぎ履きできるストレスレスな点も、このタイプの強み。



■コンフォートサンダル

サンダル 3231-499-1901 詳細はこちら

トゥ部分が足の形にカーブを描き、フットベッドの凹凸が足に抜群にフィットするコンフォートサンダル。
トレンドに左右されない定番アイテムとして、その位置を確立しています。

サンダル 3231-499-1911 詳細はこちら
また、BIRKENSTOCKのEVAシリーズは、コルクソールの従来モデルと比べてお求めやすい価格でありながら、軽くて水洗いもできる頼れるサンダルです。
気軽に取り入れたい方はこちらから取り入れてみてはいかがでしょうか。



■スポーツサンダル

水に入れる造りでありながら、岩場からも足を守ってくれる安心感を持つスポーツサンダル。

由来としては、いわゆるアウトドアシーンを想定したサンダルですが、スニーカーのように街になじむデザインで普段使いにも対応。
ビーチサンダルと比較すると、素足の露出量も控えめなので、適度なカジュアル感でまとまります。
少しキレイ目にまとめたコーディネートのハズシとしても使いやすいデザインです。


カジュアル感の強いサンダルも、カラーや素材、タイプを選んでいただくと、意外とアーバンスタイルにもマッチするので、ぜひ一度お試しください。

今回ご紹介したのは、ラインナップからほんの一部のアイテム。
その他のサンダルは、以下のリンクよりご覧ください!
→ サンダル一覧

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google

紹介しているアイテム

green label relaxing
Twitter
Facebook
YouTube
Sumally
Instagram