【骨格BLOG 003】3つの骨格タイプで着くらべる旬アイテム

オフィススタッフ WOMEN

2020.10.13

身体の質感やラインの特徴から3つの骨格タイプに区分し
「似合うアイテム」を導き出す骨格診断。

グリーンレーベル リラクシングのスタッフも
「骨格診断アナリスト協会」二神弓子氏のメソッドに沿って診断、
自身に合ったアイテムや着こなしを研究しております。

公式Twitterにてアンケートを行った結果、
「3つの骨格タイプでの着くらべを見たい」というお声がトップでした。
この秋冬の旬アイテム、骨格別の着こなしを比べてみてください。

*******【骨格別の特徴】*******
骨格ストレート
立体感があるメリハリボディで、
ベーシックでシンプルなデザイン・ハリのある素材が得意

骨格ウェーブ
華奢で柔らかな曲線のあるボディで、
華やかなデザイン・柔らかな素材が得意

骨格ナチュラル
骨・関節がしっかりしたスタイリッシュなボディで、
リラックスしたデザイン・ラフな素材が得意
**********************


◆◆◆サテン ナロー フレア スカート◆◆◆
3624-106-2033 詳細はこちら
骨格ウェーブさんが得意とするフレアスカート。
こちらはウエスト周りをスッキリとさせつつ、
ピッタリしすぎないシルエット、
薄すぎないサテン生地なので、
骨格ストレート&骨格ナチュラルスタッフも
それぞれの雰囲気で着こなしています。

▼骨格ストレート 162㎝
トップスをインしてIラインを意識。
腰回りのタイトさが、ジャケットとの相性も◎。


▼骨格ウェーブ 164㎝
骨格ウェーブさんお得意のシアーニットに、
光沢感のあるサテンスカートという王道スタイル!


▼骨格ナチュラル 155㎝
シャツをレイヤードしたようなハイネックカットソーで、
程よくゆるっとしたシルエットをつくりました。



◆◆◆ダンボール ショート コート◆◆◆
3625-105-1697 詳細はこちら
シンプルでデザインで、永く飽きのこないノーカラーコート。
マットな質感で、バサッと羽織るこなれアイテムは、
どの骨格タイプでも着こなせる、万能アイテムの様子です・・・!

▼骨格ストレート 170㎝
苦手とされるドロップショルダーのコートですが、
インナーを黒で引き締め、
パンツにトップスを入れることでバランス調整。

▼骨格ウェーブ 160㎝
ボリュームのあるアウターなので、
スッキリとしたインナーと綺麗な色のパンツで
フェミニンにまとめました。


▼骨格ナチュラル 168㎝
アウターは骨格ナチュラルさんお得意のデザインなので、
ワンピースは柔らかい素材で、ちょっとだけ挑戦。



◆◆◆スリット プルオーバー◆◆◆
3612-699-2005 詳細はこちら

クリーンな雰囲気に着こなせるカットソー。
骨格ナチュラルさんが得意とする大きめサイズですが、
なめらかな質感、バックスリットやサイドスリットのデザインが、
パンツにもスカートにも、様々なボトムに合わせられるので、
骨格ストレート&骨格ウェーブスタッフもチャレンジしています。

▼骨格ストレート 156㎝
骨格ストレートさんが苦手なオーバーサイズのトップス。
首回り、左右・後ろのスリットの抜け感が比較的合わせやすく、
得意のテーパードパンツでバランスを取りました。


▼骨格ウェーブ 161㎝
オーバーサイズのトップス選びは慎重になりますが、
柔らかな質感と、この首元のデザインは着やすい1枚。
サテンスカートを合わせて、華奢なイメージにまとめました。


▼骨格ナチュラル 168㎝
骨格ナチュラルさんには王道のオーバーサイズ!
セットアップになるボトムは、敢えて1サイズ小さくして、
全体のスッキリ感を出しました。



私たちも骨格タイプに「似合うアイテム」は理解しつつも
合わせるアイテムや着こなしで工夫をして、
「着たいアイテム」にもチャレンジしています。

それぞれの着こなし、ぜひ参考にしてみてください。


★★★過去ブログはこちら★★★
骨格ブログ001】
スタッフが正直にお伝えする「この秋の鉄板トップス」
骨格ブログ002】
骨格ストレートスタッフがチャレンジした
「ドロップショルダーのトップス」


★★★骨格タイプ別スタイリング★★★
骨格ストレートスタッフのスタイリング
骨格ウェーブスタッフのスタイリング
骨格ナチュラルスタッフのスタイリング

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google

紹介しているアイテム

green label relaxing
Twitter
Facebook
YouTube
Sumally
Instagram