【明日は何色?】どんな色とも友達になれる相棒カラー「オリーブ」の魅力

オフィススタッフ MENS DRESS MENS CASUAL

2021.01.14

お客様に「何色のアイテムをよく着ますか?」とお尋ねすると、
「黒か白しか着ないです。」「大体、いつも同じ色ですね・・・」
というお声をよく耳にします。

ついついワンパターンになりがちなスタイリングを
もっと楽しんでいただくため、
毎回1色のテーマカラーを設定し、
カラースタイリングの楽しさをお伝えしてまいります。

第一回目は、アースカラー代表のオリーブ。
オリーブは植物の一種、自然界のカラーであり、
どんな色とも友達になれる相棒カラーです。

その理由は・・・

【理由1】
植物の一種、いわゆるアースカラーであるオリーブは、
自然界にあるグリーンやブラウン等の色に近く、
どんな色とも馴染みがよく、自然に溶け込んでくれます。

【理由2】
黄色と黒を混ぜ合わせてつくるオリーブカラー。
茶色に近いものから、グレーに近いものもあり、

濃い色とも淡い色とも馴染んでくれる、中間色です。
メンズ定番カラーブラック、ネイビー、グレーのとも相性が良く、
脱・定番カラーを狙うのに、持ってこいのカラーです。

【理由3】
軍服が起源のモッズコートやトレンチ、紳士なジャケットやネクタイに至るまで、
カジュアルからドレスまで、幅広いテイストのアイテムに起用されているオリーブ。

幅広いテイストのアイテムに落とし込まれている=使いやすいカラーと言えます。

濃い・淡いの幅もあり、どんな色とも相性抜群!
今回は、カラーの合わせ方をお伝えしながら、
オリーブを活かした男心をくすぐるスタイリングをご紹介していきます。


■■オリーブ×やさしいミント■■

コート 3225-179-3046 詳細はこちら
ニット 3213-141-1184 詳細はこちら

深いオリーブ×淡いグリーンの同系色でまとめた上品なスタイル。
全体の淡いトーンにモッズコートのオリーブが
着こなしにメリハリを出してくれます。

オリーブ初挑戦の方でも、挑戦しやすいスタイルです。


■■オリーブ×クリーンベージュ■■

ジャケット 3122-127-1186 詳細はこちら
パンツ 3114-158-1088 詳細はこちら

全体をアースカラーでまとめた、オリーブが主役のジャケットスタイル。
色だけで想像するとカジュアルになりそうなオリーブ×ベージュの組み合わせも
リラックス感のあるこなれた印象に仕上がります。


■■オリーブ×ぬくもりホワイト■■

ジャケット 3222-139-3172 詳細はこちら
ニット 3113-119-0159 詳細はこちら

カッチリしてしまうジャケットスタイルもオリーブカラーとデニムで
カジュアルダウン。クリアなホワイトタートルをプラスすることで、
上品な大人カジュアルスタイルに。


■■オリーブ×ポップなマスタード■■

ブルゾン 3225-186-3141 詳細はこちら
パーカ 3212-199-2393 詳細はこちら

ニュアンスカラーのオリーブと、ビビッドなマスタードは
隣合う色同士、ケンカにならず良好な関係◎
オリーブが全体の着こなしを中和してくれる架け橋的役割を担ってくれて、
ボトムに濃い色を持ってきても色のコントラストがきつくならないのもポイント。


■■オリーブ×男のブラック■■

コート 3225-179-3050 詳細はこちら
ニット 3213-141-1183 詳細はこちら

オーバーサイズチェスターも、オリーブだと重くならない印象に。
インナーのタートルをブラックにすることで、
男の色気漂う上品スタイルに仕上げてくれます。



どんな色との組み合わせも相性抜群な相棒カラーのオリーブ。
それぞれの色合わせのポイントはいかがでしたでしょうか。


「最近オリーブを着ていなかったなあ」という方も、
今までカラーアイテム自体、避けられていた方も。
新しい年のはじまりに、ぜひオリーブカラーに挑戦してみてください。

皆さまの好きな色が増えることで、
お洋服を楽しむきっかけが増えたら嬉しく思います。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google

紹介しているアイテム

green label relaxing
Twitter
Facebook
YouTube
Sumally
Instagram