連載コラム【音楽のある風景】 Vol.106

2021.02.28

グリーンレーベル リラクシング のBGMを選曲されている、
選曲家の橋本徹さんよりコラム【音楽のある風景】が届きました。

どうぞお楽しみください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2月の選曲は、胸が高鳴る春の訪れと春の装いを心待ちに。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2021年が始まり2か月、心を落ちつけて考えれば考えるほど、何となく時代の変化を感じることの多い今日この頃ですが、皆さんはいかがおすごしですか?

三寒四温の日々が続いていますが、そろそろ気分を変えて、春の装いをと思っていらっしゃる方も多いと思います。

green label relaxingの店内BGMも、今週から早春セレクションに衣替えしますので、緊急事態宣言が明けたら、ぜひ春の訪れを感じに足を運んでいただければ嬉しいです(もちろんコロナ感染予防には最大限の注意を払いながら)。

それにしても、コロナ禍に苛まれ、僕が経営するカフェ・アプレミディは時短要請を受けて今年に入り休業続き、外出自粛要請に伴いDJをする機会も一度もなく、個人的には例年以上に春が待ち遠しいこの季節。

僕は相変わらずライフワークのように選曲に励んでいますが、今月はその合い間に、この春夏シーズンに発売されるUNITED ARROWSと僕のコンピCDのコラボによるTシャツとトートバッグの試刷りをチェックしたり、待望の商品見本が上がってきたり、端正なタグのロゴ・デザインに胸が高鳴ったり、といったひとときが楽しい毎日でした。

そして、ついに一昨日2/26(奇しくもNujabesの没後ちょうど11年となる命日でした)、今回のプロジェクトに関するプレス・リリースの第1弾が発表されました。

この連載コラムでは、ダブルネーム・プロダクツの企画オファーをいただいて間もない、去年8/31に書いた文章でそのいきさつを綴ったのを皮切りに、折に触れて途中経過をお伝えしてきましたが、晴れて公式に情報解禁ということで、僕の4枚のコンピCDについての解説も添えられたそのプレス・リリースを、今月はまるごと掲載させていただきましょう。

Nujabes〜Free Soul〜Cafe Apres-midi〜Good Mellowsとオールスターズ選曲でプロジェクト・イメージを表現したSpotifyオフィシャル・プレイリストも、ぜひ聴いていただけたら嬉しいです。

Tシャツの素材は今後UNITED ARROWSがコロナ禍の生活(ライフスタイル)ということも踏まえ大推薦していきたいという吸湿性や通気性に優れたもので、丈夫なキャンヴァス生地のトートバッグはLPレコードも入るゆったりサイズ、ということも付け加えておきましょう。

『UNITED ARROWS green label relaxingとカフェ・アプレミディ橋本徹(SUBURBIA)選曲コンピCDのコラボTシャツ&トートバッグ公式プレイリスト』
https://open.spotify.com/playlist/4VPHBY7ovcwVsyCNCXMETw?si=wNOPUGSwTPeT9028Dt_IIQ










──────────────────────────


橋本徹 (SUBURBIA)
編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。
サバービア・ファクトリー主宰。
渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。
『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』『音楽のある風景』『Good Mellows』シリーズなど、
選曲を手がけたコンピCDは340枚を越える。
USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作。
著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。
http://apres-midi.biz
http://music.usen.com/channel/d03/

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google
green label relaxing
Twitter
Facebook
YouTube
Sumally
Instagram