連載コラム【音楽のある風景】 Vol.108

スタッフ HOME

2021.04.30

グリーンレーベル リラクシング のBGMを選曲されている、
選曲家の橋本徹さんよりコラム【音楽のある風景】が届きました。

どうぞお楽しみください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4月の選曲は、陽光あふれ新緑かがやく季節を軽やかに素敵な気分で彩るように。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

またしても緊急事態宣言発令の中で迎えることになってしまったゴールデン・ウィーク。

休業要請を受けて僕が経営するカフェ・アプレミディもしばらくの間は休みとなってしまいましたが、green label relaxingのショップBGMは、春らしさここに極まれり、という感じのスプリング・セレクションに衣替えしたばかりです。

そして、先月〜先々月とこのコラムでご紹介した、UNITED ARROWSと僕のコンピCDのコラボによるプリントTシャツも、ついに発売されました。

全国のgreen label relaxingでマネキンが着てくれていたりするのも嬉しい光景ですが、いつも素敵なコンテンツばかりで感銘を受けているUNITED ARROWS LTD.のウェブメディア「ヒトとモノとウツワ〜ユナイテッドアローズが大切にしていること」で公開された、僕が今回のプロジェクトのいきさつやそこに込められた思いなどを話したインタヴューも、素晴らしい記事でしたので、ぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

そのインタヴュー記事の中では、春から夏にかけてのこの時期に聴きたいプレイリストとして、green label relaxingの店内BGMでも大定番となっている名作4曲もセレクトしていますので、ぜひお聴きいただきたいのですが、それぞれの曲を収録した僕の選曲コンピも、どれもアルバム・トータルで陽光あふれ新緑かがやくこの季節に最高ですので、今月のこのコラムではその4枚を掲載させていただこうと思います。

不自由な世の中ですが、爽やかな風に吹かれ心が軽くなるような、素敵なTシャツを着て、少し気分が上がるような感覚を、音楽でも味わっていただけると思います。

[Linda Lewis「Spring Song」を収録]数多くの人気コンピレイションを手がけてきた橋本徹さんのディスコグラフィーの中でも、"Free Soul"と並んで圧倒的なセールスを誇り、2000年代のカフェ・シーンの隆盛はもちろん現在もなお空間BGM〜リスニング・カルチャーに大きな影響を与え続けている"午後のコーヒー的なシアワセ"を讃える"Cafe Apres-midi"シリーズ、その大ブームのきっかけとなった最初の4作のうちのひとつとして2000年にリリースされたコンピCD『Cafe Apres-midi Roux』

[The Style Council「Headstart For Happiness」を収録]"ベスト・オブ・ネオアコ"というコンセプトで編まれた、清々しく晴れやかで爽やかな、何か素敵なことが始まるような嬉しい予感に満ちたフォーク〜ボサノヴァ〜ジャズ〜ソウル〜ラテンなどの影響を受けた80年代イギリスのアコースティック・ポップスを集大成した三部作の中の一枚、橋本徹さんにとってかけがえのない青春が詰まったコンピCD『Neo-Acoustic Love ~ Headstart For Happiness』

[Grazyna Auguscik「So Reminding Me」を収録]幸福な気分へと誘われ、ときには優しく心の透き間を埋めてくれる、エヴァーグリーンの輝きをたたえたジャズ・ヴォーカルやボサノヴァから、メロウ&フォーキーなアコースティック・グルーヴまで、多幸感あふれるファンタスティックで心地よくときめくような音楽が、色彩感豊かな感性によって四季の移ろいを描いていく"音楽のある風景"シリーズ、そのファースト・リリースとして橋本徹さんが監修・選曲する"Apres-midi Records"の第1弾として発表されたコンピCD『音楽のある風景〜春から夏へ』

[Maë Defays「Balcony」を収録]数多くの人気コンピレイションを手がけてきた橋本徹さんのディスコグラフィーの中でも、"Free Soul"と並んで圧倒的なセールスを誇り、2000年代のカフェ・シーンの隆盛はもちろん現在もなお空間BGM〜リスニング・カルチャーに大きな影響を与え続けている"午後のコーヒー的なシアワセ"を讃える"Cafe Apres-midi"シリーズ、その20周年記念盤にしてカフェ・ミュージックを再定義する最新作としてリリースされたコンピCD『Cafe Apres-midi Bleu』



──────────────────────────

橋本徹 (SUBURBIA)
編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。
サバービア・ファクトリー主宰。
渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。
『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』『音楽のある風景』『Good Mellows』シリーズなど、
選曲を手がけたコンピCDは340枚を越える。
USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作。
著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。
http://apres-midi.biz
http://music.usen.com/channel/d03/

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google
green label relaxing
Twitter
Facebook
YouTube
Sumally
Instagram