連載コラム【音楽のある風景】 Vol.110

HOME

2021.06.30

グリーンレーベル リラクシング のBGMを選曲されている、
選曲家の橋本徹さんよりコラム【音楽のある風景】が届きました。

どうぞお楽しみください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月の選曲は、心地よく快適なTシャツに着替えるように"サマー・フィーリング"を意識して。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

梅雨空の毎日が続いていますが、皆さんいかがおすごしでしょうか?

せめて少しでも音楽で晴れやかな気分を、と今週末からgreen label relaxingのショップBGMも夏服に衣替えしますが、先月のこのコラムで速報をお伝えした僕のコンピレイションCDとUNITED ARROWSのコラボによるプリントTシャツの第2弾3アイテムも、無事に先週発売されました。

プロジェクト・イメージを選曲で表現した公式プレイリストも、すでにご紹介しましたVol.1Vol.2に続き公開されましたので、今月はその最新作Vol.3を推薦させていただきたいと思います。

セレクションのテーマはずばり"サマー・フィーリング"で、『Cafe Apres-midi』『Free Soul』『Good Mellows』の各コンピ・シリーズから、順繰りに5曲ずつ選び抜いた全15曲。

涼しげな口笛が奏でるボサノヴァの名曲「イパネマの娘」に始まり、続くジョニー・ブリストルをカヴァーしたコーク・エスコヴェードによる人気キラー・チューンを筆頭に、夏に聴いて心地よく快適でグルーヴィー&メロウな珠玉の名作が、1時間にわたって連なります。

とりわけソフト・ロックのハーパース・ビザール「Witchi Tai To」やジャズ・ヴォーカルのチェット・ベイカー「Look For The Silver Lining」、そしてソウル・ミュージックのダイアナ・ロス「One Love In My Lifetime」は、それぞれ僕にとって"あの夏"の記憶をよみがえらせてくれ、優しい気持ちにさせてくれる思い出と結びついた曲。

プレイリスト通して、僕の30年近いコンパイラー・キャリアの集大成、と言ったら大げさですが、ダイジェスト選曲としてお楽しみいただけると思いますので、ぜひこの夏のサウンドトラックにお聴きいただけたら嬉しいです!

できることならTシャツに袖を通して♪

『Free Soul Impressions + Visions + Parade + Lights』(デザイン:NANA)

シリーズ通算120作以上を数え累計セールス100万枚以上を誇る、橋本徹氏(SUBURBIA)監修・選曲による大人気ミリオンセラー・コンピ"Free Soul"の中でも、特に内容充実でトップ・セールスを記録する代表的な4作のジャケットが集結。グルーヴィー&メロウな70年代ソウル周辺の珠玉の名作群が収録された、90年代カルチャーの象徴のように今なお洋楽旧譜の編集盤としては異例のロングセラーを続け、日本のみならず世界中のダンスフロアを揺らし多くの音楽ファンの魂を揺さぶってきた、"国宝級"という讃辞の声もやまない傑作コンピCDの顔役がずらり。

『Cafe Apres-midi 2000-2003』(デザイン:NANA)

数多くの人気コンピを手がけてきた橋本徹氏(SUBURBIA)のディスコグラフィーの中でも"Free Soul"と並んで圧倒的なセールスを誇り、2000年代のカフェ・ブーム〜カフェ・ミュージック隆盛の立役者となり、その後の空間BGM〜リスニング・カルチャーにも絶大な影響を与え続ける大ヒットとなった、"午後のコーヒー的なシアワセ"を讃える"Cafe Apres-midi"シリーズ、その2000年〜2003年にリリースされた全20作のジャケットが集結。心地よく洒落たボサノヴァやジャズを中心に選曲された名作コンピCDが大集合。


『Good Mellows For Moonlight Rendezvous』(デザイン:FJD)

現代のメロウ・チルアウトをコンセプトに、夕暮れどきの甘やかな情感や海辺の週末の心地よさを感じさせる、ドリーミンでシネマティックかつピースフルでビューティフルな至上の名トラックが橋本徹氏(SUBURBIA)によって選び抜かれ、世界的にも注目・人気を集めている"Good Mellows"シリーズ。その代表作と言える、月の輝く夜に神秘的でロマンティックな音の桃源郷へと誘ってくれる、心震わせるビートと麗しのメロディーを宿した甘美な至宝が連なる絶品コンピCD。



──────────────────────────

橋本徹 (SUBURBIA)
編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。
サバービア・ファクトリー主宰。
渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。
『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』『音楽のある風景』『Good Mellows』シリーズなど、
選曲を手がけたコンピCDは340枚を越える。
USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作。
著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。
http://apres-midi.biz
http://music.usen.com/channel/d03/

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google
green label relaxing
Twitter
Facebook
YouTube
Sumally
Instagram