今トレンドの「レイヤード」とはどんな意味?すっきり見える着こなし方も紹介

スタッフ WOMEN

2021.07.15

レイヤードとは、いわゆる"重ね着"のことを言います。コーデのバランスを考えるのが難しそうと躊躇している人も多いかもしれませんが、コツを押さえると簡単にオシャレの幅が広がるおすすめスタイルです。今回は初めて挑戦する人向けに、レイヤードの基本からオシャレ上級者を目指せるテクニックやコーデ例を紹介します。

レイヤードとは?意味と特徴

カットソー×シャツのレイヤードコーデ

今季も大注目のレイヤードとはそもそもどんな意味でしょうか?まずはレイヤードの意味や特徴、またコーデ選びが少し難しそうなレイヤードをマスターするメリットを解説します。

レイヤードの意味

レイヤードとは英語で「積み重ねる」という意味です。そこからファッションでは"重ね着"の意味で使われています。重ね着は古くから楽しまれてきたスタイルですが、時代に合わせてテイストを変えながら、現代でもずっと愛され続けています。

レイヤードスタイルとは?

重ね着と言っても、ただ単に防寒などのために洋服を着込むのではありません。「見えるように重ねる」のがレイヤードスタイルのポイントです。アイテム同士の色や形のバランス、柄や素材の相性を考えて、ファッションの組み合せを楽しむのがレイヤードスタイルの肝。今季もトレンドのアイテムを取り入れたレイヤードスタイルは大注目です。

レイヤードのメリット

同じアイテムを使用していても、組み合わせによって雰囲気がガラリと変わり、コーデの幅が無限に広がるのがレイヤードのメリットです。そのため、人とコーデが被ってしまったというアクシデントも少なくなるでしょう。

また、マンネリになりがちなアイテムを、個性的でオシャレにアレンジできるのも魅力。ぜひマスターして、自分だけのスタイルを見つけてくださいね。

レイヤードをすっきり着こなすポイントとは?

白でまとめたレイヤードコーデ

洋服を重ねると着膨れしないか、コーデがごちゃごちゃな印象にならないかと心配される人は多いでしょう。しかしアイテム選びのポイントを押さえると、コーデを考えるのは難しくありません。レイヤードに初めて挑戦する人でも簡単にすっきり見せられるアイテムの選び方と、着こなしのポイントを紹介します。

インナーは薄手の物を選ぶ

コーデの中で最初に着るインナーを厚手の物にしてしまうと、アイテムを重ねていくにつれて、着膨れしやすいだけでなく窮屈になってしまいます。そのため、インナーはなるべく薄手の物を選んでおきましょう。上にボリューミーなアイテムを重ねても、着心地が良くすっきりと見えます。

また、インナーはコーデの軸にもなるので、長い丈やゆったりしたデザインよりも、コーデのバランスが取りやすいジャストサイズの物がおすすめです。

同系色でまとめる

同系色のアイテムでまとめると、コーデに統一感を出せます。同色でまとめるワントーンスタイルや、同系統の色相を重ねるトーン・オン・トーンスタイルは、トレンド感も満載なのでぜひ挑戦してみてください。

ボリュームアイテムは縦を意識する

ボリュームのあるアイテムを複数組み合わせたい場合は、上に重ねていくのではなくトップスとボトムスに分けるなど、縦に重なるようにすれば着膨れを防げます。

また、1番上に重ねるアイテムをスリット入りの物にするなど「抜け」を作ると、さらにすっきりとした印象になります。

引き締めカラーで思いのままのスタイルに

引き締め効果があると言われる黒などの濃い色は、レイヤードコーデでも役立ちます。

例えばゆったりとしたワイドシルエットのコーデや、膨張しやすい淡い色の組み合わせも、どこかに濃い色を持ってくるだけでコーデに締まりができます。服で取り入れるのが難しい場合は、帽子やシューズなどの小物を使うと組み合わせが簡単です。

レイヤードを垢抜けさせる上級テクニックとは?

ポンチョブラウスのレイヤードコーデ

レイヤードをすっきりまとめる基本を押さえたら、次はコーデの幅を広げるレイヤードならではのテクニックを身につけましょう。オシャレ度が急上昇する垢抜け術を紹介します。

インナーでアクセントを加える

袖や裾からインナーのシャツなどを覗かせると、もたつきがなくなりコーデに抜け感と奥行きが生まれます。首元や袖口がフリルやレースになっている個性的なインナーなら、チラ見せした時にコーデのアクセントになるのでおすすめです。

白を効かせる

どこかに1点白色のアイテムを取り入れるだけで、すっきりとしたクリーンな印象が作れます。カラーを映えさせたい時にも使えるテクニックです。例えばダークカラーのコーデに白色を挟むと、コントラストがはっきりするのでさらに存在感のあるコーデに仕上がります。

また、ちぐはぐになってしまったカラーコーデのつなぎの色として、白色を挟むと全体的になじみやすくなります。

異素材をMIXする

素材にこだわると一気にオシャレ上級者の装いに。レザーやデニムなどの硬めのアイテムには、ニットなどのやわらかめのアイテムをMIXすると、メリハリが生まれてコーデに深みが加わります。

また、同系色でまとめたコーデに変化を加えたい場合も、カラーはそのままで素材だけを変えると、統一感は残したままコーデの印象を変えられますよ。

季節感を取り入れる

シーズンライクなニュアンスを出すには、季節に合ったカラーや素材をコーデのアクセントにしましょう。季節の変わり目は気温の変化に対応するのが難しいこともありますが、服を重ねるレイヤードなら脱ぎ着がしやすく防寒対策としても優秀です。

ワンピースを活用する

普段1枚で着ているワンピースも、ボトムスをレイヤードしてみると雰囲気の違う新たなコーデが生まれます。バランスを取るのが苦手な人は、まずは細身のパンツから始めてみましょう。

慣れてきたらワイドパンツやロングスカートを組み合わせると、個性的なシルエットになりオシャレ度がアップします。ボリュームが気になる場合は、細ベルトでウエストマークすればスタイルアップも可能です。

レイヤードで叶えるすっきりトレンドコーデ例

最後にトレンドを押さえたレイヤードコーデ例を紹介します。初心者でも挑戦しやすいコーデを集めたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

トレンドシルエットのレイヤードコーデ

カーディガンのコーデ例

定番のカーデもポンチョのようなシルエットを選べば、一気にトレンドスタイルに変身します。ゆったりしたシルエットなのでボトムスはタイトなものが正解。レイヤードコーデを活かし、少し着崩してインナーのタンクトップを覗かせるのがおすすめです。そうすると抜け感が出て涼しげな印象が作れます。また他にも、ボタンを開けてワンピースの羽織りにすれば、いつものワンピースにも個性が出せます。

気分も上がるワンピースのレイヤードコーデ

ワンピースのレイヤードコーデ例

季節感のある、鮮やかなカラーのワンピースをメインにしたレイヤードコーデです。明るいカラーが爽やかさを感じさせ、着ていると気分も上がってくること間違いなし。

ワンピースにボリュームがある分、脚元は細身のパンツやサンダルで適度に肌を出すとすっきり見えます。加えてベルトでウエストマークすればスタイルアップも狙えます。

注目度抜群の異素材レイヤードコーデ

メッシュカットソーのレイヤードコーデ例

今季注目のメッシュ素材はレイヤードコーデでも活躍してくれます。インナーが透けることで、奥行きのあるスタイルに仕上がるのがオシャレに見える秘訣。メッシュ素材はインパクトのあるアイテムですが、ボトムスのシルエットやカラーを変えれば着こなしのバリエーションも広げられます。

レイヤードをマスターすればオシャレ上級者の仲間入り

カーディガンコーデの女性

レイヤードをマスターするには、まずはシンプルなアイテムを使って統一感を持たせたコーデ作りを意識してみてください。慣れてきたら、そこにトレンドアイテムや個性派アイテムをアクセントとして加えるのがコーデをランクアップさせるコツです。今季はレイヤードをお出かけコーデの1つに取り入れて、オシャレ上級者を目指しましょう。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google
green label relaxing
Twitter
Facebook
YouTube
Sumally
Instagram