トレンチコートはベルトの結び方で印象が変わる!工夫をしておしゃれな着こなしを

スタッフ WOMEN

2021.07.17

オンでもオフでも使いやすく、羽織るだけで様になるトレンチコート。定番のアウターとして、男女問わず変わらない人気で愛用されています。そんなトレンチコートはベルトの結び方で印象が変わり、さまざまなコーデを楽しめるアイテムです。そこで今回は、トレンチコートのベルトの結び方やおしゃれな着こなし方を紹介します。

トレンチコートの結び方の種類

トレンチコートのベルトは、さまざまな結び方ができます。定番のフロントスタイルから女性らしいバックスタイル、きっちり感のあるバックルスタイルなど、好みによって結び方を使い分けられるのもトレンチコートの魅力。ここでは、トレンチコートの結び方の種類を紹介します。

正面でベルトを結ぶフロントスタイル

フロント結びをしたトレンチコートを着た女性

フロントスタイルはベルトを正面で結ぶスタイル。前でベルトを結ぶことで、女性らしい上品な印象を与えられます。主な結び方は、ニューヨーカーの定番「片リボン結び」です。

他には、かわいいリボンがアクセントの「リボン結び」、簡単でシンプルな「ひと結び」などが挙げられます。

背面でベルトを結ぶバックスタイル

バッグリボン結びをしてトレンチコートを着る女性

バックスタイルは、ベルトを背面で結ぶ方法です。前側にベルトが回らないので、脱ぎ着の多い外出におすすめ。バックスタイルの中でも定番の「バックリボン結び」を始め、ベルトの長さ調節が簡単にできる「ワンテール結び」や、うしろ姿をすっきり見せる「バックフロント結び」などもあります。

ベルトのバックルを活かすバックルスタイル

バックルにリボンを通してワンピース風にトレンチコートを着こなす女性

きっちり着たい時におすすめなのが、ベルトのバックルを活かすバックルスタイル。ワンピースなどのきれいめコーデにぴったりです。バックルにベルトを通し、余った部分を腰の巻いた部分に通します。

また、余った部分をそのままベルトに絡めて下に垂らせば、ワンピース風の着こなしもできるでしょう。バックルを使ってウエストをしっかり締めることで、カジュアルコーデでもきれいめに仕上がります。

【ビジネス】トレンチコートにおすすめの結び方

トレンチコートは、ビジネスシーンでも大活躍するアイテムです。きっちりとした印象を与えるためにも、ベルトの結び方は重要。ここでは、ビジネスシーンにおすすめのベルトの結び方を3つ紹介するので、参考にしてください。

上品でスマートに見える「片リボン結び」

片リボン結びのトレンチコートを着た通勤コーデ

「片リボン結び」は、通常のリボン結びよりもフェミニンになり過ぎず、上品できちんと感のあるイメージです。前でしっかりと結ぶため、ウエストが引き締まった細見え効果も期待できるでしょう。ベルトの結び目をサイドに寄せれば、こなれ感も出せます。

きちんとした印象の「バックフロント結び」

ピンク色のトレンチコート

すっきりとしたうしろ姿を演出する「バックフロント結び」は、ベルトがかさばることなく、上品にまとめられます。かっちりとしたイメージなので、通勤やセレモニーシーンなどにおすすめです。

バックルを真ん中に寄せれば、サイドとうしろ姿が洗練された印象に。ベルトが垂れ下がらず、シワもつきにくいので着脱の多いシーンにもぴったりでしょう。少し余裕を持った位置で結ぶのがポイントです。

うしろ姿が美しく見える「ワンテール結び」

後ろでワンテール結びをしたトレンチコートを着る女性

ックルをうしろに回すアレンジをした「ワンテール結び」は、うしろ姿を美しく見せられます。派手になり過ぎないので、落ち着いた雰囲気を演出できるでしょう。ベルトの長さを自由に調節できるため、コーディネートにあったスタイリングに仕上がります。リボン結びなど、フェミニンな雰囲気が苦手でも挑戦しやすい結び方です。

【プライベート】トレンチコートにおすすめの結び方

シンプルなのにおしゃれに見えるトレンチコートは、プライベートにもぴったりのアイテムです。ただアウターとして着用するのではなく、コーデの一部として取り入れるのがおすすめ。この項目では、プライベートにおすすめのベルトの結び方を3つ紹介します。

大人かわいい「リボン結び」

後ろでリボン結びをしたトレンチコートを着た女性

トレンチコートの定番である「リボン結び」はフェミニンな雰囲気を演出します。リボンがアクセントになるので、シンプルなコーデが華やかに見える上、フロントスタイルならウエスト位置が高く見えてスタイルアップ効果も。

また、結び目を左右好きな方に寄せると、シルエットをきれいに見せられます。バックスタイルなら結び目を真ん中にするのがポイントです。うまくリボンが作れない場合は、ハンガーにかけながら結ぶときれいな形を作りやすいでしょう。

スタイルアップ効果抜群な「ダブルテール」

ダブルテール結びをしたトレンチコートを着る女性

シンプルなのにほどけにくい「ダブルテール」は、ワンテールの応用です。ウエストをすっきりと見せられるので、スタイルアップ効果抜群。

「バックフロント結び」などに比べると、ほど良いラフさがあり、こなれ感のある着こなしに仕上がるでしょう。

個性で差をつける「ネクタイ風スタイル」

きちっとしたスタイルの中にも、おしゃれさを取り入れたいならネクタイ風スタイルがおすすめ。ネクタイのような形でメンズライクな雰囲気が引き立ちます。

結び目が固定されているので、動いてもほどけにくく安心です。全体がアンバランスに感じたら、バックル側を下に引き、結び目の位置を高く調整すると良いでしょう。

トレンチコートの着こなしに差がつくおしゃれな工夫

モカのトレンチコート

ベルトの結び方を変えてみたり小物を合わせてみたりすると、周りと差がつくおしゃれなコーデを楽しめます。ここでは、トレンチコートを着る時に取り入れられる着こなしの工夫を紹介します。

ベルトを結ばない

あえてベルトを結ばなければ、緩さが出ておしゃれな印象に。大きめのトレンチコートを軽く羽織り、ベルトをゆったりと出すのがおすすめです。

ベルトを結ばず、そのまま下ろしておけば縦ラインが強調されて全体をスッキリと見せられます。シンプルコーデを邪魔したくない時は、ベルトを結ばずポケットにしまうのも良いでしょう。

手持ちのベルトを使う

トレンチコートのベルトを使わずに手持ちのベルトを使えば、簡単にコーデの変化を楽しめます。色や柄が違うベルトを合わせるとセンスがよく見えるでしょう。

例えば、細ベルトならウエスト周りをゆったりさせるのがポイントです。サッシュベルトを使えばしっかりウエストマークした着こなしが斬新で、こなれ感のあるコーデに。同系色でまとめるとバランスの良いコーデに仕上がります。

スカーフを合わせる

スカーフをベルト代わりにして、うしろで結ぶ着こなしもおすすめです。スカーフを春色にすれば春コーデ、秋色にすれば秋コーデを楽しめます。

トレンチコートのボタンを閉めてスカーフでウエスト結びをするとウエストマークが強調され、印象も大きく変わるでしょう。

また、シンプルコーデとトレンチコートで物足りない時は、スカーフを前に垂らして結ぶとおしゃれ度がアップ。スカーフを三角ドレープ巻きにすると上品に見えます。

結び方や工夫にこだわっておしゃれにトレンチコートを着こなそう

トレンチコートを着た女性

いつの時代も愛用されているトレンチコート。オンオフどちらでも着こなせるアイテムなので、結び方やおしゃれな工夫にこだわって周りと差をつけましょう。自分なりのおしゃれなトレンチコートコーデを楽しんでくださいね。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google
green label relaxing
Twitter
Facebook
YouTube
Sumally
Instagram