STEVEN ALAN

KNIT TO UTSUWA

EVENT MENS

2020.10.07

スティーブン アラン トーキョーにて<crépuscule(クレプスキュール)>のPOP UPを開催します。

別注を依頼したコットンカシミアのモックネックプルオーバーと、杢調カラーのプルオーバーのほか、2020Autumn Winterコレクションをバリエーション豊富に展開いたします。さらに、<crépuscule>のデザイナーの通う、日本の陶器や雑貨などを扱うセレクトショップ<acht8(アハト)>にご協力いただき、長谷川奈津氏、田谷直子氏、寺村光輔氏、喜多村光史氏、4名の作家の陶器作品がPOP UPを彩ります。陶器作品もすべて販売いたします。

≫開催期間
10月13日(火)~10月26日(月)

- crépuscule / クレプスキュール
男女二人のニットデザイナーがスタートした<crépuscule>。アイテムにあわせて手や機械で素材を編み、シンプルかつクリーンで飽きのこないアイテムを作り出しているニットブランド。上質な素材を組み合わせることによるクオリティの高さと、ブランドスタート時より提案している独自のフィッティング感が特徴。どこかのんびりとした、ゆるやかな雰囲気が魅力。


crépuscule for Steven Alan
¥17,600(inc. tax)


crépuscule for Steven Alan
¥17,600(inc. tax)


crépuscule for Steven Alan
¥17,600(inc. tax)


crépuscule
¥17,600(inc. tax)


crépuscule
¥17,600(inc. tax)


crépuscule
¥17,600(inc. tax)


crépuscule
¥6,600(inc. tax)


- 長谷川 奈津 / はせがわ なつ
東京芸術大学陶芸科卒
1997年相模原市に築窯、以降個展を中心に発表
主に粉引、灰釉のうつわを制作


- 田谷 直子 / たや なおこ
1997年 明星大学陶芸専攻研究生修了
相模原の自宅工房にて制作開始
毎日の器をテーマに制作


- 寺村 光輔 / てらむら こうすけ
2004年 法政大学経済学部卒業後
益子で4年半の修行後に独立
焼き物の産地、益子に根差した器作りを心掛けている


- 喜多村 光史 / きたむら みつふみ
1987年 京都嵯峨美術短期大学修了
同年 愛知県瀬戸市森脇文直氏に師事
1992年 独立、現在に至る
粉引、軟質磁器を中心に愛でる為の器ではなく、使う為の道具としての器を制作


- acht8 / アハト
埼玉県入間市にて2010年開店。多様な価値を提供出来る店を目指して、有機的かつ独自性のある手仕事の品を幅広くセレクトし常設販売、カフェも併設している。またギャラリーとして月1回のペースで親交のある作家の個展等を開催している。
http://acht-8.com/access.html

※掲載の作家作品画像は、イメージです。実際に展開する商品とは異なりますので、あらかじめご了承くださいませ。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google