AKKS AKKS

ガーナ発のバッグブランド〈AAKS(エーエーケーエス)〉。鮮やかな色や遊び心あふれるデザインが見る人の心を魅了します。バッグ作りやブランドについて、デザイナー“Akosua”氏にインタビューをしました。


〈AAKS〉 のブランド紹介をお願いします。

モダンで上質なスタイルのバッグをハンドメイドで作る、ラグジュアリーブランドです。伝統的な製法と鮮やかな色合いを大切にしながら、アフリカのスピリットを感じられるプロダクトを製作しています。

デザイナーになった経緯、ブランドの設立のきっかけを教えてください。

出身地であるガーナで、幼少期よりバスケットに囲まれて育った私。バスケットはギフトや収納など、日常的に使用されるとても身近な物でした。そんななかで、素材や細部のディテールまでこだわって、カラフルな色も使ったらもっと素敵なのに…」と考えることが多くなったことがきっかけです。

バッグ製作への情熱を教えてください。

もともとバッグが大好きで。というのも、バッグには外見のデザインと機能性の両面があるから。
〈AAKS〉の理念は「細かいディテールまでこだわりぬく精神や技術、そして唯一無二のプロダクトを創ること」です。そのために、デザインから製作工程まですべ 担っています。
自身のブランドのバッグが世界中のお客様に届けられていると思うと、つい製作にも力が入ってしまいます。

19SSのコレクションテーマは?

全てのコレクションに共通しているのは「多民族国家のアフリカに影響を受け、唯一無二のものを生み出すこと」また、「毎シーズン持続性あるテーマがあること」です。
19SSは、アフリカのスピリットとその部族のコミュニティをテーマに、活気に満ち溢れるコレクションにしました。アフリカの部族文化は、いつも色・柔軟性があり、力強さに溢れています。ガーナには10以上の異なる部族文化が存在していて、それぞれの豊かな個性に強く魅了されました。新鮮な色の組み合わせと、ユニークでスタイリッシュなバッグを通して、ガーナの職人技とアフリカ文化も感じてもらえたら嬉しいです。

別注商品について特別な背景やポイントはありますか?

作品はすべて、ベジタブルタンニン(天然植物から抽出したタンニンを使って皮をなめす製法)のレザーハンドルと、綿または麻の生地を使用したドローストリングの巾着型の裏地で仕上げています。
別注バッグを作り上げていくのは、私たちにもとても良いチャレンジでした。型、生地、色と唯一無二のベストな仕上がりになったと感じています。

素敵なバッグとランプを製作されていますが、将来的に何か他のアイテムも考えていますか?

バッグはもちろんですが、ホーム・インテリアにもとても興味があるので、今後も積極的にインテリアやライフスタイルに関連するものを製作していきたいです。将来のことはまだわからないですが、カラフルで新鮮なアイテムのアイディアはたくさんあります!

ご紹介した〈AAKS〉のバッグは、ユナイテッドアローズ各店舗のほか、オンラインストアでもお買い求めいただけます。