UPDATE_2019.02.20 WEDNESDAY

(BEHIND STORY) ISSUE 10 WATER-REPELLENT SUEDE

2019年春夏シーズンで、いくつかのアイテムに使用しているピッグスエードは、特殊な技術によって撥水加工が施されている。東京都墨田区にある三恵産業株式会社の工場で、その出自を探った。


独自に開発した、撥水ピッグスエード

「この工場では、豚の原皮を取り寄せた後に油取りなどの加工を行っています。その後兵庫県姫路の第2工場で各種下処理を済ませ、再度こちらの工場で染色から仕上げまでを行い、製品としての“革”を生み出しています。

この染色の工程で革の繊維の細部に薬品を染み込ませ、撥水効果を与えるという技術が、私たち独自のものになります。
実は、撥水スエードとして販売されている多くのものが、スエードに撥水剤を2次加工として表面に塗布する方法を採用しています。しかしこれだと機能の維持が難しく、すぐに撥水効果が衰えてしまうのです。この撥水効果を長く保つために研究を重ね、今の方法にたどり着きました。

ただこの撥水スエードの開発には、いくつもの困難がつきまといました。一番の問題は、撥水の薬剤を染み込ませることで、発色のコントロールが非常に難しくなるということです」

(写真左)今は製造されなくなったという染色に使う木のドラムは、「金属のものよりも色の出方がナチュラル」というこだわりの道具。
(写真右)乾燥ブースに多くの革が並ぶ。1日に500枚ほどの革が生み出される。

発色に対して妥協しない

「まず、色によって撥水のための薬品の量が変わってくるため、その“レシピ”の開発に非常に時間がかかります。さらにそのレシピが完成しても、水や気温・湿度などの影響で、同じレシピでも発色が変わってきてしまいます。これは染色をしながら調整をしていくしかありません。職人の経験と勘が大事な作業です。
バッグやシューズのメーカーからリクエストされる色を忠実に再現するために、発色のチェックは多いときでは数十回も行い、その色を出すために2日かけることもあるんです。
色をチェックする職人は、朝の光が一番色のチェックがしやすいと言い、日の出前に出勤することもあります。日中も、製品となったときの店頭での陳列を想定して、いろいろなライトの下で色の出方を確認しています。

撥水という機能を追加することで、ピッグスエードが持つ美点を損なうわけにはいきません。多くの職人が一つに革にたずさわることで、ピッグスエードの風合いや柔らかさをそのままにした、発色の良い撥水スエードが実現できたのです」

(写真左)同じように見えるグレーも職人の細かいチェックが重ねられ、正しい色に導かれる。
(写真右)撥水性や堅牢度、発色のすべてに影響する“レシピ”は、日々開発・研究を行っている。

革も汚れず、服も汚れない

「撥水性が高いということは、スエード自体が汚れづらいということ。今回<SOVEREIGN>のトートバッグに使われたベージュやライトグレーは、まさにその恩恵を受けやすい色です。

さらにこのピッグスエードの特徴はもう一つあり、それが摩擦堅牢度(注:色落ち具合のこと。堅牢度が高いほど色が落ちない)の高さです。特に濃い色は摩擦による色落ちがしやすいのですが、この黒いスエードでも非常に高い堅牢度を保っています。バッグと衣服は擦れ合いますので色移りが気になりますが、このスエードではそういった心配はほとんど必要ありません。このM-65ジャケットも、白いシャツのうえから気にせず着ることができると思います」

「革といえばイタリアが有名ですが、当然革を輸入すれば、関税などもあり原価がどうしても高くなってしまいます。国産であるがゆえに、コストを抑えることができることもメリットの一つになるでしょう。
日本は食用としての豚の消費が多く、その皮を使うことで国内での自給が実現できる、エコロジーな資材でもあります。ピッグスキンは軽くて通気性も良く、摩耗にも強い特徴があります。たとえば今回の撥水など、新たな機能や価値を加えることで、もっともっとピッグスキンを使ったプロダクトが増えるといいですね」

(写真左)黒の撥水スエードを白いタオルでこすってもこのとおり。乾摩擦に加え、湿摩擦においても高い数値の検査結果を得ているという。
(写真右)この工場では、撥水スエードのほか、ヌバックやライニング用の革なども生産される。
石田 美和

INTERVIEW

石田 美和
三恵産業株式会社
生産企画・広報担当

今回紹介した撥水スエードを使ったアイテムは以下の店舗でご覧いただけます。

・ジャケット:日本橋店、銀座店、六本木ヒルズ店、二子玉川店、ザ ソブリンハウス、梅田店、大丸神戸 メンズストア、UNITED ARROWS LTD. ONLINE STORE

・バッグ:丸の内店、日本橋店、銀座店、六本木ヒルズ店、池袋店、ザ ソブリンハウス、仙台店、金沢店、名古屋店、名古屋駅店、京都店、梅田店、大丸神戸 メンズストア、神戸三宮店、広島店、福岡店、UNITED ARROWS LTD. ONLINE STORE