UNITED ARROWS ON SUITS. (MENʼS) A/W 2018

王道の型として位置づけているレギュラーモデルに比べ、1cm着丈を短く、また肩周りにも適度な丸みをもたせて時代性を取り入れたコンフォートモデルのスーツ。こちらはクリアな風合いが特徴のシャークスキン生地で、ビジネスユースにもお勧めのシックなダークブラウン。黒のウィンドウペーンがさりげない奥行きを与えているように、足元を黒のシューズで締めるとより都会的な着こなしに。

01

フランネル生地で軽やかに羽織れるアンコン仕立てのジャケットと、ウエストの後ろ半分にギャザーを採用したイージー仕様のトラウザーズ。適度にゆとりのあるシルエットも含め、今回紹介している中で最もリラックス感のある仕立てになっているのがこちらのグレーセットアップ。ボーダーのクルーネックニットで軽快に着こなしつつ、グレンプレイドのストールでクラシックなムードも加えて。

02

こちらもユナイテッドアローズ独自のモダンクラシックを表現したコンフォートモデルのスーツ。杢糸を使うことでほのかにグレーがかった印象のブラウンに仕上げ、そこに馴染みの良いブルーのウィンドウペーンを入れることで生地の表情がより豊かに。インナーには、グレーのタートルネックニットが好相性。ニュアンスのきいた生地のムードを生かしたスモーキーなワントーンコーディネート。

03

定番のコンフォートモデルをベースに、さらにデイリーユース向けに派生させたのがこちらのアンコン仕立てのセットアップスーツ。まるでシャツジャケットを思わせる軽快なフィッティングとスタンダードなフォルムが、シーンを問わない汎用性に繋がります。クラシック然としたスーツと比べ、より気軽に、自然体で “スーツの着こなし”が楽しめる。それがこのアイテムならではの特性です。

04

ソフトで程よい起毛感が心地いいサキソニーウールのスーツ。まさにクラシックの王道とも言えるチョークストライプ柄でありながら、ストライプにブルーを用いており、コンフォートモデルのフォルムと相まって、若々しくフレッシュなムードを印象づけられます。ストライプやプリントのタイを合わせることで、クラシックな趣はそのままに堅苦しくなりすぎない軽快なビジネススタイルを演出。

05

味のある風合いと快適な着心地を兼ね備えたソフトツイードのジャケットは、ブラウンにブルーのウィンドウペーンというコントラストがクラシックな佇まいを強調。それでいてフォルムは時代にフィットしたコンフォートモデルだから、ペイズリータイやチャコールグレーのフランネルパンツを合わせるような古き良き“スタンダード”なスタイルも、今の気分で楽しめるのがこのジャケットの魅力。

06

薄い肩パッドが入った端正なフォルムの濃紺スーツは、ユナイテッドアローズのスーツラインナップの中でもっとも王道のレギュラーモデルにカテゴライズ。夏に涼しく、冬は暖かいという特性をもった最高品質のタスマニアンウールを原料にした、理想的なウェイトとクオリティを備えたオリジナル生地で、高級原料からくる上質な光沢感を持っています。自信を持ってお勧めする定番スーツです。

07

今季から展開している新型の2ボタンスーツ。コンフォートモデル同様のラペル幅ですがゴージ位置が低く、トラウザーズはテーパードのコンフォートやレギュラーモデルと比べるとストレートに近いシルエットに。そんな全体的に縦のラインを強調したフォルムが特徴で、生地には上質なウールツイードを使用。英国的なカラーネップのホームスパンを、現代のビジネスシーンで鮮度豊かに装えます。

08
CREATIVE DIRECTION / STYLING
Koichiro Yamamoto
PHOTOGRAPHS
Kazuki Nagayama(S-14)
HAIR
TAKU(CUTTERS)
EDIT / TEXT
Kai Tokuhara
BOOK SELECTION
Hiroyuki Yamaguchi
MODEL
Ko Snyder(Image)
arrow-upTOP