『 妄想が楽しい2月 』

六本木ヒルズ店 MEN

2015.02.09

2月は私たちユナイテッドアローズのスタッフが最も心ときめく月。
そう、春夏シーズンのスタートであります。
 
シーズンの始まりはいつもワクワクドキドキするものです。
新入荷商品への期待と物欲で頭がいっぱいになり、仕事に手が付かないほどに。(←ジョークです)
みなさまも、新作を見る楽しみとその着こなしをイメージするのが楽しい時期ではないでしょうか?
 

しかし、お買い物を始める前に考えたいことがあります。
今シーズンの「スタイリングのテーマ」です。

ユナイテッドアローズでは、そのシーズンごとにテーマを決めているのですが、
過去のテーマを思い返すと「没落貴族」「スカーフェイス」など、具体的? 抽象的? なテーマもありました。
そういったテーマに自己流の解釈を加えながら今シーズンの着こなしのバランス、カラーリング、サイジング等を妄想します。


今シーズンのユナイテッドアローズメンズのテーマをいくつか紹介しましょう。
「自由」「LESS is MORE(レス イズ モア)」「和」「FUNCTION (ファンクション)」「NEW STANDARD(ニュー スタンダード)」……と、さまざまなキーワードがテーマになっています。



まずは「LESS is MORE」をについて妄想してみたいと思います。

言葉からくるイメージは、色・デザインを最小限に抑え、華美ではなくどこかクール。
シンプルななかに、どこかバランスが崩れている。
アイテムとしてはオフショルダー、ビッグシルエット、ユニセックスアイテムなどでしょうか……。



uastoreblog-20150208110047-865.JPG
・ニット<UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)> ¥23,760 1113-136-3345


今シーズンのユナイテッドアローズオリジナルアイテムには、そういったアイテムももちろんラインナップしています。
こちらは一見シンプルでなんの変哲もないミラノリブのコットンニットですが、肩周りをゆったりさせて着丈を短くし、リラックス感を出してます。
バランスの崩しとして取り入れられたサイドのスリットは、
着用したときに少しだけ「動き」が出て、軽やかな印象に見えます。


uastoreblog-20150208110117-683.JPG


この白地に黒文字のネームタグのシリーズで、「LESS is MORE」をイメージしてみてください!



次は「和」について妄想してみましょう。

「和」で思い浮かぶのは、「クラフト感」(手作りの温かみ)、「ローカル」(地元から発信される、生活に根付いた衣類や食文化)、
「平和」「ハピネス」など……、日本人が大切にしている気持ちでしょうか。


ここ数年、メイドインジャパンのアイテムが脚光を浴びております。
ユナイテッドアローズは秋冬シーズンに、宮崎発の藍染工房「AULICO(アウリコ)」によるオリジナルシャツや、刺し子を使ったUNITED ARROWS & SONSのデニムパンツ、着物シャツなど、「和」テイストなアイテムを数多く扱っていました。


uastoreblog-20150208105621-614.JPG
・コート<UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)> ¥52,920 1125-299-5387
・パンツ<UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)> ¥19,440 1114-133-5394
 

今シーズンの「和」アイテムとして紹介したいのは、日本の伝統的な染織を施した日本の合成繊維(ナイロン)を使用したものです。
合成繊維はインディゴ染めに適していないと言われていましたが、「日本の伝統的な染織をデニム以外のファッションアイテムに広めたい」との思いから生みだされた生地を使いました。
洗濯耐久性に優れている、色落ちが緩やかである、摩擦による色移りがほとんどない、というすばらしい特徴を持ちあわせています。

その生地を用いたコート、パンツが入荷しました。

コートは着丈が長く、春風が吹いたときなど軽やかにゆれるようなデザイン。
パンツのシルエットはメンズには珍しいワイドシルエットで、こちらもナイロン独自のシャリ感と軽やかさがいかんなく表現されています。



次は「ワニ」。

これはユナイテッドアローズ六本木メンズストア独自のテーマ……というほど大袈裟ではないのですが
ワニアイテムの取り扱いが、六本木 メンズストアのみ多くなっております。

トートバッグ、クラッチバッグは「シャムクロコ」、<LE YUCCAS(レ ユッカス)>のシューズは「クロコダイル」、
<CARMINA(カルミナ)>のシューズは「アリゲーター」と、
ブランドによってさまざまなワニを使用しています。


ワニも色々な種類がおりまして生息地や大きさ、胴の鱗の数、などで呼び名が違ってきます。
胴の鱗の数が24列からなり、顎部から尾にかけて……なんてウンチクは止めましょう。

ぜひ一度店頭で触れてみてください。
その艶、その手触りは本物の迫力を感じさせます。


uastoreblog-20150208110754-148.JPG
・シューズ<LE YUCCAS(レ ユッカス)> ¥594,000 1331-343-6660


uastoreblog-20150208110714-80.JPG
・シューズ<CARMINA(カルミナ)> ¥388,800 1331-343-6540


uastoreblog-20150208111848-7.JPG
・シューズ<CARMINA(カルミナ)> ¥486,000 1331-343-6346


uastoreblog-20150208111258-33.JPG
・トートバッグ<SOVEREIGN HOUSE(ソブリンハウス)> ¥540,000 1332-499-4437
・クラッチバッグ<SOVEREIGN HOUSE(ソブリンハウス)> ¥313,200 1332-499-4436


すっかり妄想にふけってしまったので、そろそろ終わりにしたいと思います。
「自由」「FUNCTION」「NEW STANDARD」はまたの機会に。

ではみなさま、ごきげんよう。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google
UNITED ARROWS
Facebook
Twitter
You Tube
Instagram