『 ソフトでもハードでも 』

大丸神戸 メンズストア MEN

2018.08.09

ブログをご覧のみなさまこんにちは。
暦の上では秋に入りましたが、いまだ猛暑の続くなかいかがお過ごしでしょうか?


8月に入り、旅行の準備をしている方もいらっしゃるかと思います。 

旅行を楽しむためには、旅行鞄選びからしっかり行いたいところです。
洋服をはじめとする荷物をどれだけ持っていけるかも大事ですし、移動中の簡便さも重要です。
そうなるとやはりキャリーケースが楽ですよね。


そこで今回は、ソフトとハード2種類のキャリーケースをご紹介いたします。

まずはソフトタイプから。


・(左上)バックパック<EASTPAK(イーストパック)> ¥14,040 1332-499-5668 詳細はこちら
・(左下)キャリーケース 42リッター<EASTPAK(イーストパック)> ¥32,400 1332-499-5669 詳細はこちら
・(右)キャリーケース 121リッター<EASTPAK(イーストパック)> ¥41,040 1332-499-5670 詳細はこちら

米国陸軍へバックパックの提供を行っていた歴史を持つ<EASTPAK>。
国内ではユナイテッドアローズだけが扱う「Constructed」コレクションです。


次はハードタイプ。


(左から)
・キャリーケース 37リッター<FPM(ファブリカ ペレッテリエ ミラノ)> ¥186,840 1332-499-5137
・キャリーケース 38リッター<FPM(ファブリカ ペレッテリエ ミラノ)> ¥194,400 1332-499-5138
・キャリーケース 68リッター<FPM(ファブリカ ペレッテリエ ミラノ)> ¥216,000 1332-499-5139

1946年 ラゲージ・バッグ・トラベルアクセサリーに特化したブランドとしてイタリアにて創業された<FPM>。
大丸神戸 メンズストアにはインテリアデザイナーのマーク・サドラーが手がけた「BANK」コレクションが入荷しました。


では、こちらの2つを近いサイズ(42リッターと38リッター)で、細かく見ていきましょう。

まずは一番重要なパーツと言っても過言ではない、キャスター(車輪)から見ていきます。



<EASTPAK>は2輪タイプとなっています。
デコボコの地面でも安定した走行と、立てて置いた時に勝手に動くこと無く位置を固定できる点が良いところ。




<FPM>は、4輪のダブルキャスターとなっています。
小回りのきく4輪タイプは、斜めに引き倒さなくても良いので人混みや狭い場所でもスムーズに走行できるのが良いですね。




ダイヤルロックのファスナータイプとなっている<EASTPAK>。
閉開式のフレームタイプよりも軽量化を図れる部分と、上部だけ開けて狭スペースでも荷物の出し入れができる点は便利。

前面には外ポケットもございます、出し入れの多い荷物はこちらに。




<FPM>はと言いますと、バタフライロックと呼ばれる開閉金具に、ダイヤルロックと南京錠が2つと強固なセキュリティとなっています。
フレームタイプはファスナータイプよりも壊されにくいと言われていますので、セキュリティ面でもより安心かと思います。

持ち手は柔らかくしなやかなイタリアンレザーを使用。




<EASTPAK>の内装は、このように元々小分けできるようなポケットで分かれていますので、
細かく荷物を分けることも可能です。ソフトタイプは柔軟性もございますので、多少膨らんでも収納ができるところもメリット。
見た目以上の容量になるときもあります。




<FPM>には、収納ケースが一つ付属。
スッキリとした内装と持ち手と同素材のレザーベルトが目を引きます。

外装同様に上品なデザインで、使い手によってカスタマイズできる点が良いところと言えますね。




<EASTPAK>は軍事用に開発されたというバリスティックナイロンを使用。
耐磨耗性も高く、ハードタイプのようなヘコミやキズが目立ちにくいと言えます。

そしてなにより、2.5Kgと軽量なところが魅力です。




一方の<FPM>は、高級感あふれるブラックのアルミニウムボディ。

ハードタイプらしく重厚かつ堅牢、高級感ある雰囲気は旅の準備すらワクワクさせてくれます。
ヘコミやキズはソフトタイプに比べると目立ちはしますが、それが旅慣れた表情となり味となるところも良さではないでしょうか。



いかがでしたか?

旅のお供となるキャリーケースは、用途によって使い分けるのもアリ。
ソフト・ハード共にメリット・デメリットはございますが、いずれにしても旅をワクワクさせてくれるものがいいですね。


キャリーケースを開けるたびに旅の思い出がよみがえる......。
荷物だけでなく、想い出も詰めこめるケースにしたいものです。

みなさまのご来店、心よりお待ちしています。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google

紹介しているアイテム

UNITED ARROWS
Facebook
Twitter
You Tube
Instagram