『 ブリティッシュをまとって冬の街へくりだそう 』

福岡店 MEN

2018.10.30

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

もうすぐ11月。
秋から冬へと進んでいくこの季節、お出かけにはアウターが欠かせなくなってきます。

今回は今年のトレンドのひとつでもある英国調の装いにあわせて
イギリスのブランドを中心にしたコーディネートをご紹介いたします。


まずは<Barbour(バブアー)>のオイルドジャケットからご紹介いたします。

<Barbour(バブアー)>は1894年、イングランド北東部のサウスシールズにて創業。
北海の厳しい気候のもとで働く湾岸労働者や水夫・猟師たちのためにオイルドクロスを開発、
それを用いた防水ジャケットは耐久性が強く、瞬く間にバブアーの名を広めていきました。
エディンバラ公・エリザベス女王陛下・、ウェールズ皇太子殿下から、それぞれイギリス王室御用達の証でもある
ロイヤル・ワラントの名誉をすべて賜る、数少ないブランドでもあります。

今年は人気モデルの「BEDALE(ビデイル)」をレギュラーフィットタイプでご用意しています。
少しゆったりとしたフォルムが、今の気分にぴったりとマッチするでしょう。



・ブルゾン<Barbour(バブアー)> ¥52,920 1125-499-7059
・ニット<WILLIAM LOCKIE(ウィリアムロッキー)> ¥22,680 1113-343-4273
・パンツ<UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)> ¥16,200 1114-211-6853
・シューズ<CLARKS(クラークス)> ¥24,840 1331-499-8079




このモデルではライナーにジョンストンズの生地を採用しています。
こちらの柄はスコットランド タータン登記所にも正式に登録されているユナイテッドアローズハウスチェックを使用していますおり、
当然ユナイテッドアローズのみでの取り扱いとなります。




色はコーディネートで着ているダークブラウンとオリーブの2色です。




足元は<CLARKS(クラークス)>のモンクストラップタイプのワラビーをチョイスしました。

こちらのモデルは1999年を最後に生産されていませんでしたが、今回別注というかたちで復刻いたしました。
リアルタイムでこのモデルに触れていた世代には懐かしく、また若い世代のお客様には新鮮に感じていただけるのではないでしょうか?
色は写真のベージュ以外にブラックもございます。



続きまして<LAVENHAM(ラベンハム)>のキルティングジャケットをご紹介いたします。

<LAVENHAM>は1969年、ロンドン北東部SUFFOLK州の小さな村LAVENHAM(ラベンハム)で設立されました。
乗馬愛好家のニーズに合わせて1970年代からキルティングジャケットを製造しているパイオニアとして人気の高いブランドです。
軽く保温性に優れたキルティングジャケットは乗馬の時のみならず、タウンユースとしてもこの時期欠かせないアイテムといえます。


・ジャケット<LAVENHAM(ラベンハム)> ¥39,960 1125-499-7015
・ニット<JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)> ¥39,960 1113-499-4293
・パンツ<UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)> ¥19,440 1114-177-6931
・シューズ<CROCKETT & JONES(クロケット&ジョーンズ)> ¥72,360 1331-499-8030

こちらは「DENHAM(デンハム)」という定番モデルですが、使用している生地「LAVENSTER」から「LAVENLIGHT」に変更することで、軽量化を実現しました。
さらに中綿に「Clo-I Fibre」を用いており、さらに軽く、耐久性や保温性が増しているというユナイテッドアローズ別注の仕様となっています。

ヒップラインを覆う着丈はジャケットの上から着ても収まりがよいため、
ビジネスユースとしても使えますし、もちろん休日のカジュアルスタイルにもハマる、万能アウターといえます。




色はブラック・ネイビー・オリーブの3色のラインナップです。




足元には<CROCKETT & JONES(クロケット&ジョーンズ)>のチャッカブーツを合わせてみました。

こちらはユナイテッドアローズ別注モデル。
アンライニングで履き心地も軽く、細過ぎないシルエットはいろいろな形のパンツにも合わせていただきやすいはずです。

またソールはレザーではなくラバーを使用しているため、
小雨や雪交じりの天候の際も安心して着用できるるのもこの時期には嬉しい仕様です。





気温がさらに低くなった際にはこんなマフラーはいかがでしょうか?


・マフラー<Joshua Ellis(ジョシュア エリス)> ¥29,160 1336-343-3528




<Joshua Ellis(ジョシュア エリス)>は250年以上の歴史を持つ、イギリスでも最も古いテキスタイルの会社のひとつです。
英国らしい柄や配色を首元に加えることで、コーディネートの英国色はさらに濃くなります。
こちらの柄以外のマフラーも店頭には数多く入荷しています。



いかがでしたか?

今回はアウターを中心にイギリスブランドをご紹介させていただきました。
どれも機能的でありながら、昨今のトレンドや気分に合ったアイテムばかりですので、
これから寒さが増すなかでコーディネートに組み込んでみてはいかがでしょうか?

ぜひ店頭でご覧ください。
みなさまのご来店お待ちしております。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google
UNITED ARROWS
Facebook
Twitter
You Tube
Instagram