『 こんなアウターいかがですか? 』

梅田店 MEN

2018.11.15

ようやく冬らしくなり、洋服選びにも熱が入る季節がやってきました。

この季節、そんな洋服選びの嬉しい悩みの種が「コート」。
着こなしの主役になるだけあってあれこれ考えますよね。


今回はそんな冬のメインアイテムであるコートのおすすめを、梅田店スタッフ平田に聞いてみました。



・コート<CARUSO(カルーゾ)> ¥205,200 1125-343-6988 詳細はこちら
・スーツ<UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)> ¥91,800 1123-161-5221 詳細はこちら
・ニット<Camoshita UNITED ARROWS(カモシタ ユナイテッドアローズ)> ¥31,320 1177-106-2198 詳細はこちら
・シューズ<Church’s(チャーチ)> ¥89,640 1331-499-7261 詳細はこちら




まずはじめはこちら、<CARUSO(カルーゾ)>のチェスターフィールドコート。





--どうしてこのモデルを選びましたか?

「並んでいる店頭の商品を見渡してもそうですが、今シーズンはチェック柄が多く、気になります。
そんなチェックをコートで取り入れてみたいと思いました」


--どういったところがおすすめのポイントですか?

「裏地がなく、芯地も最小限に抑えているのでとても軽い着心地です。これだったら毎日でも着たくなりますね。
チェスターコートですが感覚はジャケットに近いようにも感じます。
今回のようなスーツスタイルにはピッタリのモデルだと思いますので、ぜひ一度ご試着いただきたいですね」








--他にこのコートの魅力はどんなところですか?

「後ろから見た立ち姿がとても綺麗です。
『男は背中で語る』と言いますから、ここは大きな魅力の一つでしょう」










・コート<INVERTERE(インバーティア)> ¥170,640 1125-499-7038 詳細はこちら
・ニット<UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)> ¥19,440 1113-199-4313 詳細はこちら
・パンツ<Bernard Zins(ベルナール ザンス)> ¥39,720 1114-343-6725 詳細はこちら
・シューズ<SOLOVIERE(ソロビエール)> ¥48,600 1331-343-8077 詳細はこちら




次は<INVERTERE(インバーティア)>のダッフルコート。
ユナイテッドアローズ別注です。




--どうしてこのモデルを選びましたか?

「<インバーティア>といえばダッフルコートの最高峰。
ユナイテッドアローズが別注したものに一度袖を通してみたいと思いました」


--どういったところがおすすめのポイントですか?

「英国の老舗生地メーカーJoshua Ellis(ジョシュア エリス)の生地を使っており、
しっかりとした肉厚の生地感ながら着心地が非常に軽いですね。ジャケットの上から羽織ったりしても良いと思います。
別注のポイントとして従来のモデルより着丈を長く変更してあるので、コートとしての存在感を強く感じます。
これからの季節でしたら綺麗なマフラーなんか合わせたくなりますね」







・マフラー<Maria Santangelo(マリア サンタンジェロ)> ¥23,760 1336-499-3593 詳細はこちら


--コーディネートするアイテムでおすすめはありますか?

「ダッフルコート自体はスタンダードなアイテムですので、少し今っぽさを匂わせる毛足の長いニットや、ワイドパンツ、スニーカーなんかでまとめてみるのが良いと思います」










いかがでしたか?

アウターがまだ決まってないかたもそうでないかたも、ぜひ一度お店に足を運んでみてください。
今回ご紹介したもののほかにも新しい発見があるかもしれません。

みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google

紹介しているアイテム

UNITED ARROWS
Facebook
Twitter
You Tube
Instagram