『 <Whitehouse Cox>の育て方 』

銀座店 MEN

2020.11.18

ブログをご覧のみなさま、こんにちは。

<Whitehouse Cox>のショップインショップからお送りするブログも4回目となりました。
今回は、お手入れの方法についてご紹介したいと思います。



吉新:三宮さんは普段から<Whitehouse Cox>のアイテムを愛用していると聞きましたが、
どのようにお手入れされているか、ぜひ教えてください。

三宮:そうですね。<Whitehouse Cox>は学生時代から憧れのブランドで、初めて購入したのは6年前です。
定期的に自分でメンテナンスをして、変化する味わいを楽しんでいます。
私が実際に行っている方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

最初に、専用のクリームとブラシを用意します。


・クリーム<Whitehouse Cox> ¥2,750 (tax in) 1348-403-0515 詳細はこちら
・ブラシ<Whitehouse Cox> ¥6,600 (tax in) 1348-403-0711 詳細はこちら

吉新:ブラシはどんな種類のものが良いでしょうか。

三宮:馬毛のブラシがおすすめです。馬毛は柔らかく、お手入れの際にブライドルレザーの表面に傷がつきづらいのです。

吉新:なるほど、そうなんですね。

三宮:まずは、表面を軽くブラッシングして埃を落とします。
次に、クリームをほんの少し指先に取り、薄く全体に伸ばします。
直接指に取ることで、体温でクリームが柔らかくなり、良く伸びて全体にムラなく塗ることができます。



吉新:クリームの量が多すぎるとそこだけ色が濃くなりすぎてしまうので、注意したほうが良さそうですね。

三宮:その通りです。少量を薄く全体にのばすのがポイントです。また、強くこすりすぎると傷が付いたり、色が抜けたりしてしまう場合もあるので注意が必要です。

吉新:他に気を付けたほうが良いことはありますか?

三宮:折れ曲がる箇所やコバの部分は、乾燥しやすいところなので丁寧に塗り込みましょう。
ステッチ部分は毛先を使うと塗りやすいです。



三宮:全体に塗り込んだら、開いた状態で1時間程度放置します。塗ったクリームを乾かすイメージです。



吉新:たしかに、クリームには油分が多くしっとりとしているので、時間をおくと中までしっかり浸透しそうですね。

三宮:最後に、丁寧にブラッシングをして仕上げます。
表面に残っているクリームを革の内側に戻す感覚で、優しくブラッシングしてください。
私は夜にクリームを塗って、次の日の朝に仕上げのブラッシングをしています。


(左:新品、右:スタッフ私物)

三宮:ここまでが一連の流れなります。お手入れは使用頻度にもよりますが、2・3カ月に1回のペースがおすすめです。

吉新:三宮さん愛用のお財布も良い味わいが出てきていますね。

三宮:<Whitehouse Cox>の製品は経年変化を楽しんでいただけます。
お手入れとともにエイジングが進み、革の良さがより引き出されます。
私個人としては、新品の時点では80%の仕上がりで、使い込むほどに味わいが増し、100%、またはそれ以上に仕上がっていくものだと思ってます。
持ち主が愛情を持って使うと、革の表情は自分だけのものになっていきますし、その分愛着もわきますよね。

吉新:私もぜひ世界に一つだけの<Whitehouse Cox>を育ててみたいです。



みなさま、いかがでしたか?

銀座店では、11月16日のユナイテッドアローズ別注モデルの発売にあわせ、
銀座店内<Whitehouse Cox>のショップインショップにて、11月16日(月)から12月25日(金)まで<Whitehouse Cox>の商品をご購入いただいた方へ、スペシャルギフトを差し上げるイベントを開催しております。
 → 詳しくはこちら

みなさまのご来店をお待ちしております。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google

紹介しているアイテム

UNITED ARROWS
Facebook
Twitter
You Tube
Instagram