故にアンコンジャケット

太田 MEN

2020.10.16


アンコンジャケット・・・
アンコンストラクション(非構築)ジャケットの略語。
肩パットやラペルを保形する為の芯地を出来るだけ省き、カーディガンの様な軽さを追求した物を指す。

80年代のジョルジオ・アルマーニ氏がきっかけで世の中に出回り始めたと言われている。
90年代初め私はこのアンコンジャケットを頻繁に着用していた。
ドリス ヴァン ノッテン、ロメオ ジリ、ドルチェ アンド ガッバーナが店頭を席巻する頃である。

それまで、私が纏っていたブレザーとは違い、タイドアップを前提にせずクルーネックやポロをインナーに、ジャケットに合わせたゆったりとしたシルエットのパンツ。堅さを省きながらも、カジュアル過ぎない。強いてはリゾート地に於いて夕食時のお供としても成り立つ、ストレスレスなジャケットであった。

現代においては、AURALEECOMOLI等のドメスティックブランドから発信され、新しさと懐かしさを感じられる。
アンコンジャケット復活のきっかけでは無いでしょうか。


さて、今季のソブリンでは新たにこのアンコンジャケットがラインナップに加わった。
コロナ禍で新しいライフスタイルと言う言葉が行きかう現在、カジュアル化が加速して行く事は否めない。
だからこそ、メリハリを付ける意味でもこの「アンコンジャケット」を羽織る事でリラックスしたウールパンツに
ハイゲージニットやポロ、スニーカーでは無く軽いスリッポンで大人のジャケットスタイルを構築してもらいたい。

【ソブリン アンコンジャケット】
https://store.united-arrows.co.jp/shop/ua/_search/search_result.html?p_tagid=60076

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google
UNITED ARROWS
Facebook
Twitter
You Tube
Instagram