<SUSAN SZATMARY>のBAGがいい理由。

和泉 WOMEN

2020.11.12

ブログをご覧の皆様、こんにちは。
ウィメンズバイヤーの和泉です。
今月からバイヤーもブログに参加することになりましたのでどうぞよろしくお願いします。

今年の3月を最後に海外出張には行けずにいるのですが、その時の買い付け時から
楽しみに待っていたSUSAN SZATMARY(スーザン サツマリー)のBAGが入荷しました。
ユナイテッドアローズでは19FWシーズンからお取り扱いがあり、大切にしているブランドの1つです。

パリ出張中にご縁があり、急遽アポイントを入れて訪れたショールームで出会った彼女。
デザイナーのスーザン サツマリー。(今度ブログ書くよと伝えたら素敵なポートレートを送ってくれました)

バグダッドで生まれ、スウェーデンで育ち、イタリアでデザインを学んだ後、ロンドンやパリに住んでいたそうです。
ヴィンテージストアで購入したレザージャケットを解体して、バッグを作った経験から本格的にローマでデザインを学び
名だたるメゾンブランドに従事し、バッグやアクセサリーのデザインをしていた経歴があります。
最初にお会いした時に、プロダクトはもちろんですが、知的で優しい彼女の人柄にも惹かれたことをとても覚えています。

・バッグ<SUSAN SZATMARY(スーザン サツマリー)> ¥110.000(tax in) 1732-343-8787 詳細はこちら

まずはこちら。ブランドのシグネチャーともいえるファーストシーズンより継続してオーダーしているバッグです。(ブランドスタイル名"Mini Palais Royal")
SUSANのバッグは良質なレザーを使用し、メゾンブランドのバッグ製造などを手掛ける工場で生産されています。
こちらのクラシックなバッグはシンプルなデザインですが、それゆえ素材やつくりの美しさがとても際立つ1点です。

そして金具のフォルムや構造、音などバッグをバイイングする上でかなりKEYとなる、個人的に一番好きなパーツがクローザーです。
この重厚感のある美しい金具を回してバッグを開けた時、あまりのスムーズさに感動して何度も開閉してしまいました。
クローザー次第でバッグの印象は大きく変わる、いわば顔となるパーツ。使用する上での気分も全く違います。
SUSANのバッグは開閉するたびにエレガントな気分にさせてくれるのです。


・バッグ<SUSAN SZATMARY(スーザン サツマリー)> ¥132.000(tax in) 1732-343-8788 詳細はこちら

こちらは今期待望の新作バッグです。(ブランドスタイル名"Petit Palais") 定番のMini Palais Royalよりも一回り大きく
クローザーがバッグのトップ部分についたモダンなデザインです。
どちらのバッグもクロスボディとハンドバッグになる2WAY仕様となっているのですが、ストラップのストラクチャーにも注目していただきたのです。


ストラップの長さを変更する際に、短いハンドルにしたい場合はベルトをバッグの底へ移動します。
まるで見えないレールがあるかのようなこれまたスムーズな動きで無駄がありません。
こういったディティール一つ一つにデザイナーのこだわりやスマートさがうかがえます。

・バッグ<SUSAN SZATMARY(スーザン サツマリー)> ¥110.000(tax in) 1732-343-8787 詳細はこちら
・バッグ<SUSAN SZATMARY(スーザン サツマリー)> ¥132.000(tax in) 1732-343-8788 詳細はこちら

現在青山店とオンラインにて展開中でございまして、日本で購入できるのはユナイテッドアローズのみとなっております。
とても貴重で有難いことですが、なんだかそれももったいなあと最近は思います。
なので今回たくさんの方に知ってもらいたくてブログを書きました。

モノをたくさん買うことをためらったり、生活スタイルがだんだんとミニマルになってきたからこそおすすめできるエターナルなバッグです。
是非店頭やオンラインでご覧になってください。

それではまた12月です。

  • facebook
  • twitter
  • line
  • pinterest
  • google

紹介しているアイテム

UNITED ARROWS
Facebook
Twitter
You Tube
Instagram