UNITED ARROWS&SONS by DAISUKE OBANA

尾花大輔が見出した現代女性のワードローブ

古着に精通し、ミリタリーやワークウェアへの造詣の深さはファッション界屈指。尾花大輔は、中庸とは真逆にいるデザイナーだ。だからこそ、彼のつくる服は強い説得力を持っていて、目の肥えたメンズたちはそこに票を投じてきた。

しかし、キャリア20年目を目前に彼が初めて挑戦したレディスの服づくりは、あえてそんな個性を抑えた、ニュートラルな視点に基づいたもの。

なぜ、彼はそこに至ったのか。ユナイテッドアローズ&サンズにラインナップした初のウィメンズコレクション。上がってきたばかりのサンプルを前にして、尾花大輔が語ったそのビハインド・ザシーン。

こんなに生活とスタイルの両方に密着したつくり方は初めてでした。

長年デザインを続けて来られた上での女性服の提案ですが、メンズとはまた勝手は違いましたか?

尾花大輔(以下尾花):そうですね。メンズのデザイナーさんでレディスのブランドをやってらっしゃる方たちって、最初から女性像を投影してコレクションをつくっていると思うんですよ。

だけど、特に僕や僕ら世代のメンズのデザイナーだとセルフスタイリングをして、自分が着てものづくりをしている人が多いと思うんです。自分の内側みたいなものを出していくというか。だけど、レディスだと自分では着られない。僕がワンピース着てたら危ないじゃないですか? それで、今まで長いこと、レディスをやることに躊躇してたんです。

それでも挑戦しようと思われたのには、何かきっかけがあったんですか?

尾花:一番のきっかけは、生地ですね。(ユナイテッドアローズ&)サンズのメンズで僕がやっているラインの服は全部〈小松マテーレ〉というテキスタイルメーカーの生地でできているんですけど、以前から「この生地、女性でも間違いなく便利だろうな」と思っていたんです。

だけど、実は生地から始まる服づくりって、自分が一番苦手なやり方で。自分のブランドでは、理想としているルックがあってデザインを考えて、トワールも全部上げた後に初めて生地入れをするんです。だからプロセスが全然違う。でもやっぱり良い生地は良いし、便利でリアルなものをデザインすることに集中するようにしました。

客観的な視点を持ちながらデザインをするのはまた違った難しさがありそうですね。

尾花:だから、正直自分がやっているようで本当にみなさんの意見が吸い上げられてると思います。UAのMDチームと「これがこういう柄になったとしたら女の人は着るかな?」、「じゃあ、もっと大きめなシルエットでやってみようか」、とかって議論しながら。こんなに生活とスタイルの両方に密着したつくり方は初めてでしたね。

それで、最初にUAチームと色々話をしていく中で、レディスのデザイナーさんを加えて一緒につくっていくのも良いんじゃないかということになったときに、UAで〈フィータ〉というブランドをディレクションしている神出(奈央子)さんがいらっしゃって。僕が考える女性像だけで作っていくんじゃなくて、コンサバティブな中にもエッジの効いた、UAらしい女性像を分かってる人に提案してもらうのが良いかなと思ったんです。

イメージを具体化していく中で、特に重視していたのはどんなことですか?

尾花:神出さんと何度も話したのは「24時間着られる服をつくりたい」っていうこと。休みの日に家で着ていても楽だし、そのままコンビニにも行けて、上に一枚羽織ればデートにも行けるような服。

例えばこのジャンプスーツだったらスニーカーを履けばカジュアルにも着られるし、ヒールを合わせたらエレガントにも見せられたりとか。この生地なら、それができると思ったんです。

それぐらい〈小松マテーレ〉のこの生地に可能性を感じられたんですね。

尾花:そうですね。伸縮性がありストレスがなくて、簡単にケアできて見た目も上品。生地探しでミーティングをするときによくあるんですけど、「これは何重織りで、こんな技術でつくっていて……」とかっていう話をよくされるんですよ。生地屋さんとしてはそれがこだわった部分なんだからあたり前ですよね。

でも、言っちゃえばそんなことどうでも良いんですよ。まず見た目にインパクトがあることが重要だから。質感に惹かれた上で、「あ、そういう機能もあるんですね」っていうくらいがちょうど良くて。

メンズだとウンチクが先行しがちですけど、女性はまた別の視点を持っていますもんね。

尾花:そうなんです。僕も古着上がりだから、知識とかウンチクでものをつくるのは得意分野ではあるんですけど、女性ってトラッドな部分がある一方で、もっと自由に服を着るじゃないですか。アイキャッチに対してすごく素直で、パッションでそういうものを取り入れられる。男はスペックチェックに走りがちですよね。

だから今回のレディスのコレクションには古着からのディテールとかは全然入ってなくて、それよりも単純にステッチと向き合ったりしながら、「こうした方が高級感が出るんじゃないかな?」とかっていうことを常に考えてつくりました。歴史を深掘りしてディテールに挿すとかっていうような入り口を、極力作らないようにしたんですけど、結果としてそれが良い方向に働いたと思っています。

ワンシーズン見送って、ようやく発表できるレベルのものがつくれたんです。

快適で着回しできて、もちろん見栄えもするということですよね。逆に、苦労したのはどんなところでしたか?

尾花:サンプルを何回もつくり直してるんですけど、一度サンプルが仕上がってからが大変でしたね。元々、体のフォルムが出過ぎないようにしようという考えはあったんですけど、そのために小さなタックを入れる、入れないとかっていうような話し合いを何度もして。それに一番シビれましたね。

実のところを言えば、ひとつ前のシーズンまでにレディスを発表するのを目標に動いていたんですよ。だけど、「いやいや、もっと良くなる」ってUAチームと話し合って、あえてワンシーズン見送って、ようやく発表できるレベルのものがつくれたんです。気付きもすごくあったし、やり甲斐もありました。

そうだったんですか。その過程で日頃からレディスを着ている女性にしか出せない意見がたくさん出たのは想像できました(笑)。

尾花:だから、自分はデザインチームに任せつつ、そこにスパイスを加えていったような感覚が強いです。本当にみんなでつくり上げていった服だから、それを女性のお客さんが見てくれたとき、どんな風に思うのかが今はすごく気になってます。神出さんはどうでしたか? 僕とやって、やりづらかったですか?

神出奈央子(以下神出):えぇ!? 全然ですよ。むしろ尾花さんは「ウィメンズはわからない」って最初に仰ってましたけど、サンプルに修正を入れるときにも見ているポイントがすごくハッキリしていて、やっぱり本当に服にお詳しいんだな、と思っていました。

尾花:サジ加減は本当に難しかったです。男性目線で女性を意識しすぎてつくるのは気持ち悪いけど、女性的すぎるのも嫌だなぁと思っていたから。

神出:尾花さんのつくられる服って、メンズでもカジュアル過ぎない上品さがあるじゃないですか? このウィメンズにもそういうエレガントで知的な部分がやっぱりベースにありますよね。

尾花:僕、服をつくり始めて来年で20年経つんですよ。最初は若かったし我も強くて、自分をすべて投影するような服のつくり方をしてたけど、今はそういう自己完結型みたいなやり方はあんまりしたくなくて。好きなものは決まってるし、新しいものが生まれにくくなっちゃうから。それよりも2割の大枠を決めたら、後の8割はディスカッションしながら決めていくくらいが面白いんです。意外性を楽しむというか。

神出:尾花さんがさっき仰ってた「スニーカーでもヒールでも着られる服」って意外とあまりないので、個人的にもすごく良いなと思いながらやらせてもらいました。

チームの各々が得意分野を活かしたセッションが出来たんですね。

尾花:そう思います。パタンナーさんには結構厳しいことを言っちゃったと思うし、工場さんとも仕上げや縫製について「もうちょっと攻められるんじゃないですか?」とかって何度も話しましたけど、そういう専門職の人たちと一緒にそういう問題の答えが見つけられたときの感動って、かなり大きかったりするんですよ。「なるほど、確かに」っていう風に。それが仕上がって最終的には商品になったとき、お客さんがそれを着て喜んでくれたら本当に嬉しいなと思っています。