連載コラム【音楽のある風景】 Vol.146

MEN

2024.06.30 

グリーンレーベル リラクシングのBGMを選曲されている、選曲家の橋本徹さんより、コラム【音楽のある風景】が届きました。
どうぞお楽しみください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6月の選曲は、海辺でチルアウトしながら心地よい風を感じるように。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
例年なら梅雨空のはずが、暑い日が続いています。
皆さん、熱中症など気をつけてくださいね。

僕は6/26に、先月先々月とこのコラムで紹介した、香りと音楽のマリアージュ“音のアロマセラピー”をテーマにした新しいコンピ『Incense Music for Living Room』がリリースされたばかりですが、今月はそんな暑い夏に向けたネクスト・コンピ、その名も『Seaside Chillout Breeze』を制作していました。
これは『Incense Music』シリーズに続き、僕の選曲とFJDアートワーク〜Calmマスタリングでお贈りする『Chillout Breeze』シリーズの第1弾で、7/31にリリースされます(第2弾『Sunset Chillout Breeze』は9/25リリース予定)。

海辺でチルアウトしながら心地よい風を感じるような、とっておきの快適音楽を、クール&メロウ・グルーヴ〜チルアウト・バレアリカ〜サーフ×ボッサ×フォーキー〜ラヴァーズ・ロック&ダブ〜ジャジー&メロウ・ビーツの珠玉の名作を中心にセレクトした、めちゃめちゃ気持ちよく最高すぎるコンピレイションができあがって、僕は早くも興奮気味で、本当にリリースが待ちきれません。
そう、夏のドライヴにまさにパーフェクトなセレクションが完成したのですが、最大のトピックはやはり、今回も僕の信頼する二組のアーティストに、新録音で大好きな曲のカヴァーを制作してもらっていることですね。

BandcampやBBCでも特集されるなど、東京からグローバルにカラフルなグルーヴを発信する話題のバンド、TAMTAMにカヴァーしてもらったのは、僕が心の底から愛してやまない、マッド・プロフェッサーのメロウ・ダブ名作「Sweet Cherry」(1995年に編んだ『Be Sweet ~ Fresh Cover Of Ariwa』にも収録)。
そしてバンドマン/リミキサー/DJとしても人気のCHABEこと松田岳二のソロ・プロジェクト、cubismo graficoには僕の青春時代=80年代イギリスのクール・ボッサ名作、アンテナの「Seaside Weekend」(2001年に編んだ『Crepuscule for Cafe Apres-midi』にも収録)を、TICAの素敵な女性シンガー武田カオリを迎えてカヴァーしてもらいました。

どちらもスティールパンの涼しげな音色が心地よく、シーサイドのチルアウト・タイムに最適な、ダビー&フローティン〜グルーヴィー&ブリージンな傑作に仕上がっていて、配信はもちろん7インチ・レコードとしてもシングル・カットされますので、ぜひ楽しみにしていてください。
この爽快メロウでサウダージな『Seaside Chillout Breeze』収録の16曲はどれも、この夏の最高のサウンドトラックになること間違いなしですので、全曲をUNITED ARROWS green label relaxingのショップBGMにもフィーチャーします。
その中には日本語詞の曲、クラムボンによるSmall Circle of Friendsの名曲「波よせて」の素晴らしいカヴァーなども含まれていますので、ショッピングを楽しみながら耳を傾けていただけたら嬉しいです。
海辺でチルアウトしながら心地よい風を感じるような、とっておきの快適音楽を、クール&メロウ・グルーヴ〜チルアウト・バレアリカ〜サーフ×ボッサ×フォーキー〜ラヴァーズ・ロック&ダブ〜ジャジー&メロウ・ビーツの珠玉の名作を中心にセレクトした、最高に気持ちよい至福のサマー・サウンドトラックとなった、新コンピ・シリーズ『Chillout Breeze』の第1弾となる、橋本徹さん選曲の爽快メロウでサウダージなコンピレイション『Seaside Chillout Breeze』
橋本徹さん選曲のコンピ『Seaside Chillout Breeze』からの先行配信シングル、TAMTAMによるマッド・プロフェッサーのメロウ・ダブ名作「Sweet Cherry」の素晴らしいカヴァー
橋本徹さん選曲のコンピ『Seaside Chillout Breeze』からの先行配信シングル、cubismo grafico feat. 武田カオリによるアンテナのクール・ボッサ名作「Seaside Weekend」の素晴らしいカヴァー
“香りと音楽のマリアージュ”をテーマに、心安らげるアンビエント〜ジャズ〜チルアウト〜バレアリカ〜ポスト・クラシカル〜ジャジー&メロウ・ビーツの珠玉の名作群が80分間にわたって紡がれ、美しいアートワークと素晴らしいマスタリングにより、生活の中で心地よくリラックスできる“音のアロマセラピー”のように繰り返し聴きたくなる至福のライフスタイル・コンピとなった、『Incense Music for Bed Room』の続編となる、橋本徹さん選曲の素敵なコンピレイション『Incense Music for Living Room』

─────────────────────────
橋本徹(SUBURBIA)

編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。サバービア・ファクトリー主宰。渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。『Free Soul』『Mellow Beats』『Cafe Apres-midi』『Jazz Supreme』『音楽のある風景』シリーズなど、選曲を手がけたコンピCDは350枚を越え世界一。USENでは音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作、1990年代から日本の都市型音楽シーンに多大なる影響力を持つ。最近はメロウ・チルアウトをテーマにした『Good Mellows』シリーズや、香りと音楽のマリアージュをテーマにした『Incense Music』シリーズが国内・海外で大好評を博している。

http://apres-midi.biz
http://music.usen.com/channel/d03/
12 件

HOT WORDS




© UNITED ARROWS LTD.