パンプスが脱げる原因とは。対策方法を知って普段のコーデにも取り入れよう

パンプスが脱げる原因とは。対策方法を知って普段のコーデにも取り入れよう


足を長くきれいに見せてくれるパンプスは、女性のファッションになくてはならないアイテムです。オフィスではもちろん、普段のコーデに取り入れている方も多いでしょう。しかし、歩いているとパカパカ脱げてしまうという悩みも多いはず。今回は、パンプスが脱げる原因と対策方法、パンプスにぴったりなコーデを紹介します。

INDEX

パンプスが脱げる原因

サイズが合っていなかったりデザインが問題だったりと、パンプスが脱げる原因は多様です。
ここからは、パンプスが脱げる原因をいくつか紹介。
なぜいつも脱げてしまうのか、原因を知って対策に活かしましょう。

パンプスのサイズが合っていない

パンプスが脱げてしまうのは、足のサイズにパンプスが合っていないからです。
縦のサイズだけでなく、横幅や甲の高さも合っていないと脱げやすくなります。
パンプスは、ブーツやスニーカーと違って少しでもサイズが合わないと脱げるので要注意。
また、ヒールのある靴は歩いているうちに足がつま先方向にずれてしまいます。
足にぴったりのサイズを選んでもかかと部分に隙間ができ、サイズが大きかったというケースも少なくありません。
しかし、ゆるくなるからといって小さめのパンプスを買うのは控えましょう。
小さいサイズを無理に履いてしまうと、パンプスの横幅やつま先部分が変形しやすくなり、足にフィットしづらくなります。

足のサイズや長さが左右で違う

外反母趾(がいはんぼし)などが原因で、人の足は左右で大きさが異なります。
また、人によっては足の長さが違う場合も。
それが原因で、パンプスが片足にフィットしても、もう片方は合わない状態が起きてしまいます。

足がむくんでいる

朝と夜では、むくみによって足の大きさが5パーセントほど異なる場合も。
午後3時頃が一番大きくなると言われており、むくんでいる時間帯に試し履きをしてサイズがぴったりでも、むくみが取れると足に合わず脱げてしまうことがあります。

タイツやストッキングで滑ってしまう

パンプスを履く時は、タイツやストッキングと合わせることが多いですよね。
タイツやストッキングは、ナイロンやポリエステル素材でできているため滑りやすいです。
足が滑ることでパンプスが脱げることにもつながります。

パンプスが脱げるのを防ぐ対策方法

パンプスが脱げてしまう原因がわかったら、それに適した対策をしましょう。
購入時に足にぴったり合うものを選んだり、クッションを入れたりなど、さまざまな対策方法があります。
新しくパンプスを買う時や、手持ちのパンプスを履く時にぜひ試してみてくださいね。

足にぴったり合うサイズを選ぶ

サイズをきちんと測り、自分の足の特徴を知ることが大切です。
パンプスを試着する時は、できるだけ足がむくんでいない状態がおすすめ。
サイズが合っていないと、骨盤が歪んだり猫背になったりと体に悪影響なので、サイズ選びは入念に行いましょう。

ストラップのあるパンプスを選ぶ

甲や足首の部分にストラップの付いたデザインのパンプスは、足が固定されるため歩きやすくなります。
また、履いた時のシルエットがすっきりして、ロング丈のボトムとも相性抜群。
ストラップが細いものなら、足が華奢に見える効果もあります。
その他、ストラップのないデザインのパンプスを履く時は、シューズバンドを使うと良いでしょう。
透明なものやラメ入りのものなどバリエーションが豊富で、コーデのアクセントにもなります。

中敷きやクッションを使う

パンプスが大きい時は、中敷きを使うと足のずれが防げ、フィットしやすくなります。
中敷きを入れて足が痛くなる場合は、つま先用クッションや、かかと部分に貼るジェルパッドの活用がおすすめ。
これらのアイテムは、靴擦れ防止対策にもなります。

滑り止めの付いたストッキングやフットカバーを利用する

パンプス用のフットカバーや靴下を履くと、パンプスが脱げにくくなります。
フットカバーとはパンプス用の靴下で、汗をかいた時に滑るのを防いでくれます。
フットカバーが履けない場合は、足裏に滑り止めの付いたストッキングを使うと快適です。

外出先でパンプスが脱げる時の応急処置

家で履いた時は気にならなかったのに、外出先でパカパカとパンプスが脱げてしまうこともありますよね。
しかし、すぐに対策ができないことも多いはず。
ここでは、ティッシュや絆創膏などで、すぐにできる応急処置を紹介します。

絆創膏をパンプスのかかと部分に貼る

絆創膏をパンプスのかかとに直接貼り付けると、隙間が埋まり、滑り止めの効果が期待できます。
2、3枚ほど貼ると厚みが出るので調節して貼りましょう。

ティッシュをパンプスのつま先に詰める

かかとが脱げてしまう時はティッシュを使うのがおすすめです。
つま先にティッシュを詰めれば、一時的にサイズ調節ができます。
ただし、長時間の移動をすると徐々にティッシュが圧縮されていき、隙間が空いてしまうことも。
足が痛くなる可能性もあるので、あくまでも応急処置として利用しましょう。

パンプスを取り入れたおすすめコーデ例

パンプスはスタイルアップ効果があり、女性らしく見せてくれる優秀なアイテムです。
ここでは、パンプスを取り入れたコーデ例を紹介。
定番のシンプルなパンプスを使ったコーデはもちろん、パイソン柄など少し派手なデザインのパンプスを使うコーデもあるので、チェックしてみてくださいね。

グレーパンプスを使った大人コーデ

グレーパンプスはカジュアルコーデやスーツスタイルなど、どんなコーディネートにも合わせやすい万能アイテムです。
鮮やかな色のトップスとも相性が良く、まとまりのあるコーデを作れます。
パンツスタイルも素敵ですが、スカートを合わせることによって女性らしさがアップした大人な雰囲気のコーデに。

パイソン柄パンプスを使ったきれいめカジュアルコーデ

シンプルなコーデには、アクセントになるパイソン柄のパンプスがぴったりです。
足元にエッジを効かせたい時や、コーデが物足りない場合にいかがでしょうか。
白シャツとパッと目を引くカラーパンツを合わせたコーデは、ハイネックのインナーで抜け感をプラス。
シンプルなきれいめコーデにパイソン柄のパンプスを合わせれば、辛口ハンサムな雰囲気を演出できます。

ホワイトパンプスを使ったフェミニンコーデ

ミドルヒールのホワイトパンプスは、洗練されたシャープな印象を出せます。
知性と女性らしさを感じさせるシルエットに、Vカットデザインを選べば足の形がきれいに見えるでしょう。
ヒールを合わせることで、カジュアルになりすぎないフェミニンなコーデに。

ブラックパンプスを使ったオフィスコーデ

ローヒールのブラックパンプスはオフィスコーデにぴったり。
サイドラインと甲の深さを浅めにしたデザインなら、きちんと感を出しながらも抜け感のある印象に仕上がります。
エナメルブラックの素材は、通勤にはもちろんきれいめスタイルにもおすすめです。
くすみカラーのパンツとアウターに真っ白なニットをプラスしたコーデは、パンプスの色に合わせてバッグも黒にするのがポイントです。

脱げるパンプスも対策方法を知っていればコーデに取り入れやすい

履くだけで様になるパンプスは、ぜひコーデに取り入れたいアイテムです。
パンプスが脱げる原因はさまざまなので、対策方法をいろいろ試してみましょう。
お気に入りのパンプスが見つかったら、今回紹介した対策方法を取り入れて、足元もばっちりなパンプスコーデを楽しんでくださいね。
57 件